猫に雛人形をぐちゃぐちゃにされてしまった! という悲劇を避けるために

猫に雛人形をぐちゃぐちゃにされてしまった! という悲劇を避けるために

毎年3月3日の雛祭りはお雛様を飾って楽しむという方も多いと思いますが、猫がいるご家庭で雛人形を無事に飾ることは少し大変かもしれません。なぜなら雛人形は猫の好奇心をそそる要素がたくさん。イタズラしたくなるようで、ぐちゃぐちゃにされてしまった事件が多発します。今回は、猫が雛人形にイタズラをしたくなる気持ちや猫のイタズラから雛人形を守る対策について紹介します。

猫と雛祭りを楽しむことはできる?

ひな人形

雛人形を飾って雛あられをいただいたり、ケーキをいただいたりする雛祭りはとても楽しいもの。そんな雛祭りを愛猫と一緒に楽しめたらステキですね。雛人形を眺めながら、かわいい猫とゆっくり過ごすというのは絵的にはステキですが、現実にはそう簡単にはいかない場合が多いでしょう。なぜならお雛様に猫がいたずらをしてぐちゃぐちゃにしてしまう可能性が高いからです。

雛人形は猫をそそる要素がたくさん

猫

雛人形は人間的には眺めて楽しむものですが、当然ながら猫にそのようなことを説明しても通じるわけもありません。多くの猫ちゃんはお雛様を見たら触りたくてうずうずしてしまうことでしょう。お雛様には猫ちゃんの興味をそそる要素がたくさんあるからです。

遊べる大きさで珍しい

お雛様にもいろいろな大きさがありますが、たいていのお雛様は猫がおもちゃとして遊ぶことができる大きさです。またお雛様は年に1度しか出されないため、猫にとっては見慣れないものですね。猫は自分のテリトリー内にある目新しいものや珍しいものにとても興味を惹かれるという性質を持っています。見たことがないお雛様に、猫ちゃんはきっと強い興味を抱いてしまうことでしょう。

じゃれたくなる小道具がいっぱい

お雛様にはぼんぼりなどの小道具がたくさんありますね。それらを見たら猫ちゃんはきっと猫パンチを食らわして転がしたり、じゃれたくなったりしてしまうでしょう。大きさ的にもちょうど良く、さまざまな形のものがありますから猫ちゃんはきっと遊び心をくすぐられてしまうのはないでしょうか。

猫が好きな高い場所

最近では七段飾りというような大掛かりなお雛様は少なくなってきているかもしれませんが、この階段状になっている雛壇は猫が駆け登りたくなってしまう形です。高いところが好きな猫はてっぺんを目指してしまうに違いありません。お雛様は猫ちゃんがいたずらをしたくなる要素が詰め込まれていますので、ちょっと目を離したすきに(目を離さなくても)、いたずらをされてしまう可能性が高いでしょう。

猫から雛人形を守るには

猫

猫から雛人形を守る方法はあるのでしょうか。

猫は運動神経抜群

猫は運動神経が抜群な動物です。ペットが犬である場合は、届かないように高い所に飾るということもできますが、猫が相手ではそういうわけにもいきません。猫は自分の身長の約5倍の高さを飛ぶことができるとされています。1.2mから1.5m位は簡単にジャンプできてしまうということになります。特に自分が気に入った場所に行くときの頑張りは半端なく、多少リスクがあるようなところでも飛び乗ってしまいます。

筆者は保護活動をしているのでたくさんの猫と暮らしています。猫の中にも運動神経の良い・悪いは多少ありますし、体重の重い子はあまり高い場所に一気に飛び乗るのは得意ではありません。しかし運動神経の良い子は、人間的に見るとかなりリスクの高い場所にも平気で飛び乗ってしまいます。

筆者が一緒に暮らしている猫の中には幅が15cmほどしかない梁に、1.5mほど離れた本棚の上から飛び乗るという荒業を簡単に行う子もいます。猫がいる場合は高いところに置くということは、全く安心できる材料になりません。お雛様を置く場所はかなり吟味する必要があるでしょう。

怒っても効果なし

猫は犬と違って飼い主の指示を忠実に守るという性質はあまりありません。そして怒られたからといって簡単に諦めたりもしません。怒られた瞬間は怖かったり、びっくりしたりしていたずらをやめるかもしれませんが、また繰り返し行ってしまいますので、怒っても効果はありません。

逆に猫に大声をあげたり怒ったりすることによって飼い主さんに恐怖を感じて信頼関係を壊しかねませんので、怒ってやめさせるという方法はおすすめできません。


猫がいたずらをできないようにすることが大切

猫に「これは触ってはいけない」というしつけをすることはほぼ不可能ですし、怒っても効果はありません。猫がお雛様をいたずらしないようにするには、猫が「いたずらをできないようにする」ということが大切です。

雛人形を猫にいたずらをされないための対策

猫

お雛様に猫がいたずらをしないようにするための対策を紹介します。

ケース付きのお雛様にする

むき出しのお雛様だと猫にいたずらをされる可能性はかなり高いですね。猫が直接お雛様に触れないようにケース付きのお雛様を選ぶといいでしょう。ケースはガラスではなくアクリル製などの丈夫な物を選び、猫がケースの上に乗ってしまっても割れない物にしてください。

前述した通りケースに入れて高い場所に置いたとしても、猫がケースに届いてしまう可能性は高いですし、高いところが好きな猫はケースの上に乗ってしまうかもしれません。そういう可能性も考慮して置く場所を選び、また猫が置いた場所からケースを落としたりすることがないように滑り止めなども設置すると良いでしょう。

猫が嫌いな匂いのものを置く

猫がお雛様に近づかないように、猫が嫌いな匂いがするものをお雛様の近くに置きます。ただし筆者の経験では、嫌いな匂いの物を置いていたずらをさせないようにするという方法の有効性は、あまり高くありません。

猫はみかんなどの柑橘系の匂いが嫌いであるとされており、実際にみかんの匂いが嫌いな猫ちゃんはいますが、ほとんど気にしない猫ちゃんもいるのです。筆者の家にいる猫はみかんを転がして遊んでいるくらいで、全く嫌いである様子はありません。

また猫は好奇心がとても強い動物なので、多少嫌な匂いがしたくらいでは、見たことがない珍しいお雛様に触ることをあきらめる可能性は少ないと思います。猫が嫌いな匂いを置いていたずらをさせないようにするという方法は、効いたらラッキー程度の気持ちで試してみると良いでしょう。

吊り戸棚を利用する

ジャンプ力があって運動神経抜群な猫は、少しでも足をかける場所があればかなり高い場所まで登ってしまいます。そのため足をかける場所がないように吊り戸棚を利用するとお雛様を守れる可能性が高いですね。

壁に後から設置できる扉付きの棚を取り付けて、そこにお雛様を飾っても良いでしょう。取り付けが必要になるので少し難易度が高い方法になりますが、お雛様を猫ちゃんから守る効果は高いですね。棚から1.5m以内に猫の足場がないような場所に設置してください。

雛人形は別部屋にする

猫ちゃんと一緒にお雛様を楽しむということは不可能になってしまいますが、お雛様を猫ちゃんから守るためには雛人形を別部屋にすると良いでしょう。お雛様を飾っている間は、その部屋に猫ちゃんが入れないようにすればお雛様を守ることができますね。

ただし猫は興味をそそられるものがあると、なんとしてもそれを確認しようとします。飼い主さんの隙をついて雛人形が飾ってある部屋に侵入したり、自分でドアを開けて入ってしまったりする可能性もありますので、お雛様を片付けるまでは注意が必要ですね。

かわいい猫のお雛様もありますよ

お内裏様とお雛様が猫になっている雛人形もあります。たとえ猫がお内裏様とお雛様であっても猫ちゃんがいたずらをしてしまう可能性はありますので注意が必要ですが、猫好きさんには魅力的なお雛様ですね。

【 ねこのひな祭りセット 】 かわいい猫の雛人形です 【陶器製_手描き】
ねこのひな祭りセット
Amazonで見る

お手頃価格で、招き猫になっています。

WACHIFIELD [わちふぃーるど] ダヤン ダヤンとマーシィ 雛人形 #4 陶器 化粧箱付き
ダヤンとマーシィ 雛人形
Amazonで見る

猫のダヤン』のダヤンとマーシィの雛人形です。とってもかわいいですね。

いたずらをされたくないものは「いたずらをできないようにする」のが基本

お雛様の愛で方は人間と猫ちゃんでは全く違います。猫にとっては雛人形は格好の遊ぶ道具になってしまう可能性が大。ぐちゃぐちゃにされて、がっかりしたり、猫に怒りをぶつけてしまったりすることにならないように、してほしくないことはできないように飼い主さんが対策しましょう。

Share!