555組の飼い主さんと愛犬が走る! 日本最大級のドッグマラソンを写真&動画で紹介

Share!

3月10日(日)に開催された「アイペット うちの子HAPPYマラソン 2019」から、メインイベントであるドッグマラソンの様子を写真と動画で紹介します。小型犬から超大型犬まで、いろいろなワンちゃんと飼い主さんが参加しました!


ドッグマラソンは午前10時に1組目がスタート。事前講習を受けた飼い主さんと愛犬たちがスタート地点に並んで、カウントダウンとともに一斉にスタートしました。大型犬たちが勢いよく走り出す姿は迫力がありますね。

「アイペット うちの子HAPPYマラソン 2019」スタートの様子

コースは稲毛海浜公園(千葉県)内を走る2kmの「Challenge Run」と1kmの「Happy Run」で、公園の舗装路をスタッフに見守られて走ります。良いお天気と公園の緑に囲まれて、愛犬とマラソンをするのには最高の環境です。

稲毛海浜公園のドッグマラソンコース

参加したのは15kg以下の小型犬が90%以上でしたが、ゴールデンレトリーバーやダルメシアンをはじめ、グレートピレニーズやセントバーナード、ボルゾイなどの超大型犬の姿も見られました。



今回のイベントは2018年11月27日から申し込みが始まったのですが、なんと開催2カ月前の1月7日に定員555組に達して申し込みが終了してしまいました。

新潟県や愛知県など遠方からの参加もあり、特に大型犬の飼い主さんたちは、いろいろな犬種に混じって楽しめる今回のようなイベントが開催されるのを前々から楽しみにしていたそうです。

バーニーズと社員犬コルク
社員犬コルクはバーニーズとお友達に。3歳のコルクより大きいですがパピーです

スタート地点では割り振られたグループごとにどんどんスタートしていきます。1〜2kmのマラソンなんて余裕そうですが、自分一人で走るのと愛犬と一緒では勝手が違います。飼い主さんの前に出たり右に行ったり左に行ったり、寝転んでくつろぎだしてしまったり……。

普段から愛犬と走っているという方は余裕の表情でしたが、多くの飼い主さんたちは気まぐれな愛犬たちに四苦八苦しながら走っていました。

アイペット うちの子HAPPYマラソン 2019の様子

ゴール地点では、最初のスタートから30分ほどで続々と息を切らした飼い主さんと愛犬たちが姿を見せるようになりました。待っていた家族たちが記念写真を撮ろうとするも、ポーズをとる余裕がなくなってしまった飼い主さんの姿もちらほら……。

「アイペット うちの子HAPPYマラソン 2019」

ひときわ大きな歓声を集めていたのは、グレートピレニーズのワンちゃん。もふもふした巨体を揺らしながらゆっくりと、着実に歩を進めてゴールを果たしました。

グレートピレニーズ

グレートピレニーズ

グレートピレニーズ

完走することができた飼い主さんと愛犬には、完走証が渡されました。

アイペット うちの子HAPPYマラソン 2019完走証発行の様子

ちなみにイベント終了後、なぜかコースだった場所を走る社員犬コルクの姿が。みんなが楽しそうに走る様子をみて、次回は自分たちも参加しようと特訓を始めたようです。

代表の大久保と社員犬コルク

アイペット うちの子HAPPYマラソン 2019
主催 うちの子HAPPYマラソン実行委員会
特別協賛 アイペット損害保険株式会社
運営 一般社団法人日本ランニング協会