ペットの問題なんてかわいいもの?大家さんに聞く「ペット不可」の真実【今日のシロップ】

Share!

こんにちは、編集長の山本です。ペトことを運営するシロップは、今年オフィスを移転し、内装工事を済ませてペットフレンドリーオフィスを完成させました。でも、賃貸でペットの入居は嫌われがち。なぜシロップオフィスの大家さんは入居から改装まで快諾してくれたのでしょうか? 今回は、大家さんに直接その理由や、「ペット不可」物件がある理由を聞いてみました。

シロップオフィスにいる社員犬おこげ


山本:大家さんは犬か猫と暮らしていたことはありますか?

大家:猫はないですけど、昔チワワ2匹と暮らしてましたね。17歳くらいまで一緒にいてくれました。

山本:それは大事に育てられたんですね。シロップは社員の犬猫が出勤する前提でオフィスを探さなければいけないので、移転先がなかなか見つからなかったんです。大家さんがOKを出してくれたのは犬を飼っていたからですか?

大家:そうですね。好きだからというより、よく「ペット不可」ってありますけど、特にダメな理由ってありませんよね。ペットがいたから価値が下がるわけではないですし……。引っかき傷とかあったとしても直せばいいだけで問題はないし。制限する意味があるのかって思いますね。

シロップオフィスの大家さん
シロップオフィスの大家さん

山本:傷だけでなく臭いが問題になることもありますよね?

大家:実際、問題になると思います?

山本:いや、ならないと思いますね(笑)。僕は猫を飼っていますけど体臭なんて犬よりしませんし、トイレの片付けをちゃんとすれば部屋に臭いがつくこともないです。

大家:だから「ペットがいるから臭くなる」っていうより、住んでる人の問題なんです。僕が今まで見てきた物件だと、毛の掃除が大変というのはあります。でも、それはペット不可にするほどの問題ではない。毛が全然落ちていなくて、「本当にペットいたの?」っていう場合もありますし。住んでる人の問題だと思いますよ。

山本:ペットの問題がなさすぎて、大家さんに理解がありすぎるのか、本当に問題ないのかわからなくなってきました(笑)。

シロップオフィスにいる社員犬コルク

大家:ただの先入観だと思いますよ。「ペットがいると壁紙なり床なりに傷が付く」「臭いが付く」「退居した際にお金を払って元に戻さなきゃいけない」「手間がかかる」っていう先入観ですね。

山本:ペットが入る場合はだいたい敷金を上乗せするから、それで直せばいいのにって思いますけどね。

大家:それで足りなくなると思ってるんじゃないですか。ペットが入ると問題が起きるってのが常識になってるだけで、実際何が問題なのかわかりませんね。

僕からしたらペットより部屋でタバコを吸う人の後処理のほうが大変ですよ。生活してる中でのことなので制限できないんですけど、壁紙だったら全取っ替えです。タバコの臭いなんて抜くの大変なんです。普通のクリーニングの3倍4倍かかります。

それに比べたらペットの臭いを抜くほうが楽です。臭いを問題にするなら、ペットは不可で喫煙者はOKなのかって話になりますよね。僕からすると理にかなってないわけですよ。

シロップオフィスの大家さん

山本:犬も猫も勝手に悪者にされてかわいそうですね。

大家:人のほうがね。いろんな人がいるんですよ。本当に。壁を殴ったり蹴ったりして穴が空いてて、請求しても払わず音信不通になったり。夜逃げして家具もすべて置きっぱなしでいなくなったり。大家としては人とペットの比較になってしまって、最終的にどっちがリスクあるのかって話になってしまいますね。

山本:そういう話を聞いていると、ペットと暮らしてる人のほうが丁寧な暮らしをしてる気すらしますね。

大家:「ペットは良くない」みたいなイメージが業界内で付いちゃってて、なんでそんなことしてるのか。わけわからないです。実際にいろいろな物件を自分で見てきて、そう思いますよ。単身で掃除をしないとか、部屋で喫煙するとか、人が起こす問題と比べたらペットの問題なんてかわいいもんですよ。

山本:今日はありがとうございました。シロップも人の問題を起こさないように、丁寧に暮らしていきたいと思います(笑)。

シロップオフィスのテラス


ペット可賃貸をSUUMOで探す

マイホームをSUUMOで探す