犬のおしっこ(尿)が臭い場合に考えられる原因や病気を獣医師が解説

犬のおしっこ(尿)が臭い場合に考えられる原因や病気を獣医師が解説

犬の正常なおしっこ(以下、尿とします)の色は黄色で透き通っています。病気か否かの判断は、匂いの異常に加え尿の濁りを伴っているかどうかが大変重要になってきます。年齢は関係なく、「老犬だから尿が臭くなる」「子犬だから臭い」ということは基本的にありません。今回は犬のおしっこが臭い場合に考えられる原因・病気について、目黒アニマルメディカルセンター/MAMeCの顧問獣医師の佐藤が解説します。

犬のおしっこが臭い原因

ソファーの上にいる犬

膀胱炎などの細菌感染

尿を蓄える膀胱、もしくは通路である尿道などに細菌感染が起こり、炎症産物や細菌によってガスなどが発生します。

膀胱炎は女の子のほうがなりやすく、その匂いは独特で、「生臭い」「魚臭い」と表現される飼い主さんが多いです。


前立腺炎

男の子に限りますが、尿の通路の途中に前立腺があり、細菌感染などを起こすことで発生します。こちらはアンモニア臭や生臭さを放つことが多いです。

糖尿病

糖尿病の場合は、尿から甘い匂いがします。糖尿病になると、ほとんどの場合が一生涯にわたり治療と付き合っていかないといけなくなります。放置しておけば、命の危険にさらされることもあるので、気づいたら早急に病院へ連れて行きましょう。

その他

脱水や何かしらの体調不良で、尿の産生が減少もしくは膀胱内での尿貯留が起こることで異臭を放つことがあります。また、病気ではありませんが食事の内容によって尿の匂いが変わることもあります。

尿が臭い場合の対処法

通常の尿と匂いが異なる場合は、病気の可能性がありますので獣医師に相談しましょう。

消臭対策としては市販のスプレーなどがありますが、一時的な対策に過ぎませんので、根本的な対策として病気を疑い、治療することを推奨します。

まとめ

首を傾ける犬

いつもと匂いが異なったら病気の可能性があります
気になったら病院へ
日頃のチェックが大切です

犬の尿が臭くなる原因は多岐にわたります。日頃からおしっこの色や匂い、頻度や量をチェックしておくことで異変に気付きやすいです。少しでも気になったら動物病院に相談してみましょう。


第2稿:2020年4月29日 公開
初稿:2016年7月19日 公開


Share!