犬が電池を誤飲した際の危険性や症状、対処法を解説【獣医師監修】

犬が電池を誤飲した際の危険性や症状、対処法を解説【獣医師監修】

犬が電池を食べてしまうと炎症や腸閉塞、最悪の場合は死に至るリスクがあります。今回は犬が電池を食べてしまった際の危険性や症状、対処法などを獣医師監修のもと紹介します。

Share!