猫が蜂(ハチ)に刺されたら?症状や対処法を解説

Share!

蜂が飛ぶ季節。私たちも蜂に刺されるのが怖いですが、猫にとっても蜂は大敵です。猫が蜂に刺されると、アナフィラキシーショックを引き起こす恐れがあります。アシナガバチ、スズメバチはもちろん、ミツバチにも注意しましょう。今回は猫が蜂に刺された場合の症状や対処法などを紹介します。

猫も蜂に刺される?

獲物を追う猫

猫は好奇心旺盛な動物のため、蜂などの危険な虫を追いかけ回したり、攻撃したりすることによって、返り討ちにあうことも珍しくありません。

また、獲物として蜂を食べてしまうこともあります。蜂に毒針が残っていて、それが猫の体に刺さるということもありました。

猫が蜂に刺されたときの症状

仰向けになる猫

局所的な炎症など

刺し傷や咬み傷は局所的に炎症を引き起こし、痛みを伴います。この場合、通常1時間以内で治まるとされています。

場合によっては、猛烈な局所的浮腫がみられます。まれに溶血、肝不全あるいは腎不全が生じる症例があります。

ミツバチの場合、毒針器官全体が刺した後に体から引き離され、猫の体に付着し残ることがあります。この器官は毒液袋を収縮し続けることができる筋組織を持ち、より多くの毒液を猫に注入します。

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックとは急性アレルギー症状のことを指し、最悪の場合、死に至る恐れがあります。アナフィラキシーショックを起こしている場合、以下のような症状が見られます。

  • 嘔吐
  • 下痢、失禁
  • 呼吸困難
  • チアノーゼ(舌が真っ青になること)
  • 意識混濁
  • 痙攣
  • よだれ

これらの症状が蜂に刺されて見られた場合、もしくは様子がおかしいと感じた際は、早急に動物病院へ連れていきましょう。

応急処置を行っている時間はありません。早めの医療処置が重要です。

猫が蜂に刺されたときの対処法

鼻をくっつける二匹の猫

基本的に獣医師さんに診てもらうことをおすすめしますが、通院する前に飼い主さんができる応急処置を紹介します。

もし、愛猫にアナフィラキシーショックが見られるようであれば、すぐに動物病院へ連れて行ってください。

1. 冷静に患部を見る

痛そうな愛猫を見て、動揺したりパニックになったりするかと思いますが、冷静になることを心がけましょう

飼い主さんが慌ててしまうと、愛猫も不安が増してしまいます。慌てず、蜂に刺された箇所を確認してください。

2. 蜂の針をピンセットで抜く

患部に蜂の針が残っていたら、ピンセットを使って慎重に抜きましょう。手で抜くのは逆効果になる恐れがあるため、ピンセットの使用をおすすめします。

3. 患部を洗う

毒の残留の除去や患部周辺を清潔に保つためにも、流水で洗ってあげましょう。

ただし、蜂に刺された箇所は痛みを伴っているため、大人しくしてくれているとは限りません。二人がかりで対応できると安心です。

4. 患部を冷やす

保冷剤が手元にある場合は、タオルに包んでから患部に当てましょう。冷やすことで、腫れを防ぐのと同時に痛みを和らげてくれます

愛猫が嫌がる場合は無理に冷やす必要はありませんが、できる限り、患部を冷やしてあげましょう。

猫が蜂に刺されたら動物病院へ

ベッドの上で横になる猫

猫が蜂に刺されたら、早めに動物病院に行くようにしてください。

1カ所、あるいはそれ以上の刺し傷と咬み傷がある場合、ショックを起こすことがあります。また、過敏なペットにおいては命にかかわるアレルギー反応を起こすため、早めに動物病院に行く必要があります。

猫が蜂に刺されたときの治療法

診察を受ける猫

動物病院での処置として、針が残っていたらそれを除去することから始まります。

ショックやアレルギー反応がある場合「輸液」「エピネフリン(アナフィラキシーショック)」および「コルチコステロイド」で治療されることが一般的です。また、抗ヒスタミン剤も使用されることもあります。

様子を見るのではなく、動物病院で診てもらい、適切な処置を行ってもらうことをおすすめします。

まとめ

窓辺にいる二匹の猫

猫も蜂に刺されることがあります
猫が蜂に刺されたら局所的な腫れが見られます
アナフィラキシーショックを起こしたら早急に動物病院へ

完全室内飼いすることが猫の安全につながります。

大切な愛猫のためにも、完全室内飼いで、万が一蜂に刺された場合は冷静に対処しましょう。