猫アレルギーだって猫を飼いたい! アレルギーの原因と対処法を紹介

猫アレルギーだって猫を飼いたい! アレルギーの原因と対処法を紹介

猫アレルギーとは、猫を愛する気持ちとは関係なく、誰しも発症の可能性があるアレルギー。いざ大好きな猫を前にして、目のかゆみやくしゃみが止まらなかったら困ってしまいますよね。お家にすでに愛猫がいればなおのこと。そんな時、発症してしまったからといって一生猫と縁を切らなければいけない訳ではありません。アレルギーの性質や対処法をしっかりと理解した上で、猫と上手に暮らしている人もたくさんいます。あなたも正しい知識持って、猫たちと楽しい生活を送ってみませんか。

猫アレルギーの症状と重症化

アレルギーとは、体内に入ってきた異物に対する過剰な免疫反応のことをいいます。つまり、猫アレルギーとは猫から分泌されている物質が体内で異物と認識され、身体が異常をきたしている状態なのです。具体的な症状として、
  • 目・・・痒み、充血、腫れなど
  • 鼻・・・くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど
  • 喉・・・痛み、せきなど
  • 皮膚・・・痒みや赤み、腫瘍感など、蕁麻疹に似た症状
  • その他・・・息苦しさなど、花粉症に似たような症状

があります。風邪や花粉症に似た症状ではありますが、喉の腫れなどは呼吸障害を起こす場合もあるので「たかが猫アレルギー」と油断してはいけません。人によって症状の差はありますが、いくつか当てはまる人は猫アレルギーの可能性があります。

また、猫に触れていないにもかかわらず、猫のいる空間で蕁麻疹がでてしまう場合は重度のアレルギーの可能性があるためむやみに触らず、医療機関で適切な診断を受けることをおすすめします。

猫アレルギーの原因

毛づくろいをする猫

「アレルゲン」と呼ばれるアレルギーの原因となるタンパク質は、猫アレルギーの場合「Fel d 1」から「Fel d 8」までの8種類であると確認されています。特に、猫の脂腺から分泌されるFel d 1と呼ばれる糖タンパク、および唾液中に含まれるFel d 4が猫アレルギーを引き起こす主犯格といわれています。

Fel d 1は猫の皮膚中に存在する脂腺(しせん)、肛門腺、唾液腺から分泌されるアレルゲンです。一方Fel d 4は主として顎下腺(がくかせん=あごの下にあり、唾液を分泌する組織)から放出されます。

これらのタンパク質はそれぞれとても小さく、ほこりや花粉の10分の1程度の小ささで、さまざまな場所に飛んで付着しています。そのため、猫を飼っていない家庭でも猫由来のアレルゲンが発見されることがあります。「Fel d」は猫の毛自体にはありませんが、猫の涙やふけ、汗、肛門分泌液に含まれているため、グルーミングにより全身に付着します。そのため、猫が動くとそのアレルゲンが空気中に舞ってしまいます。

猫アレルギーの検査方法

家族団らん

自分は猫アレルギーなのか。これから猫を飼おう、もしくは将来、猫を飼いたいと思っている方にとっては重要な問題です。猫を飼った後に自分が猫アレルギーであることに気付き、猫を手放してしまうというケースもあります。無責任なことをしないためにも、まずは自分が猫アレルギーなのか。また猫アレルギーであったとしても、軽度なのか重度なのか調べてみましょう。

病院で検査する

病院でアレルギーを調べる方法は2種類あります。しかし二つのテストで「猫アレルギーではない」という結果が出ても、絶対に大丈夫というわけではありません。反応には個人差がありますので、あくまで参考と考えてください。

プリックテスト

プリックテストは針などで少し傷をつけた皮膚に、アレルゲンを垂らして反応を確認する方法です。15〜20分ほど放置し、皮膚が赤くなったり、腫れや痒みがでてきた場合は猫アレルギーの可能性が高いと言えます。血液検査と違って小さな子どもでも受けることができる検査方法です。

RASTテスト(血液検査)

RASTテストとは、血液検査のことです。採血した血液内にアレルゲンに対抗する「IgE抗体」がどれだけ含まれているかを検査します。こちらは血管の細い子どもにはあまり適しませんが、具体的な数値を知ることができるため、より正確な検査方法です。

猫カフェなどで猫に触れる

最も有効な方法は、実際に猫に触れてみることです。猫カフェなどに行けば気軽に猫と触れ合うことができるため、自分に猫アレルギーの症状は出るのか、どれくらいの反応なのか、確かめてみましょう。ただしアレルギー反応が重度の場合もありますので無理はせず、特に子どもの場合は十分に注意してください。

猫アレルギーでも猫と一緒に暮らすための対策

自分が猫アレルギーだと分かった場合、どのような対策をとれば猫と一緒に暮らすことができるでしょうか。ここでは代表的な方法を紹介していきます。

猫の抜け毛を減らす

アレルゲンの飛散を減らすため、こまめなブラッシングで猫の毛が舞わないようにします。自分の衣服や床についた毛を取り除くことも大切な対処法です。コロコロなどを使って、気付いたときに掃除しましょう。また、毛が付きやすいカーペットやウールの服を控えることも方法の一つです。床をフローリングに変えるだけでも取り除ける毛量は変わってきます。ただ、フローリングで猫が足を痛めることがありますので、滑り止めの配慮をしてあげてください。

空気清浄機を使う

前述した通り、猫アレルギーのアレルゲンは花粉の10分の1の大きさです。いくら掃除をこまめにしても、空気中に舞っているアレルゲンを根絶することはできません。そのためにも、空気清浄機を部屋の中に設置しましょう。適度な換気も大切です。

こまめに手を洗う

アレルゲンで一番多い「Fel d 1」は猫の顔周りの毛に多いとされています。顔周りは猫が落ち着くポイント。ついついスキンシップで触る場所です。触った後はこまめに手洗いすることを欠かさないようにしましょう。

猫アレルギーの出にくい猫種

ハイポアレルジェニック・キャットと呼ばれる、アレルゲンの少ない種類の猫もいます。ですが全くアレルゲンを持っていないわけではなく、人によっては症状が軽くならないという方もいますので、あくまで選択肢と考え自分の体調を見極めて付き合っていくことを意識しましょう。

猫アレルギーの少ない猫種とその理由

ロシアンブルー

ロシアンブルー
グレーの毛並みとエメラルドグリーンの瞳のロシアンブルー。抜け毛が少ないため、他の猫種と比べてフケ等の拡散が少ないのが特徴です。また、もともとアレルゲンの原因となる糖タンパク質の生産が少ない体質の持ち主でもあります。

ベンガル猫

ベンガル猫
ワイルドな外見のベンガル猫。他の猫種に比べてグルーミングが少ないため、抜け毛についた唾液やフケの拡散が少ないといわれています。

サイベリアン

サイベリアン
ふわふわの毛が可愛いサイベリアン。サイベリアンは他の猫種に比べ、糖タンパク質(Fel d 1)の生産量が少ないと言われています。

デボンレックス

デボンレックス
クリクリな巻き毛が特徴的なデボンレックス。その特徴的な毛質から、抜け毛が少なく、ロシアンブルーと同様にアレルゲンの拡散を防ぐことができます。

オリエンタルショートヘア

オリエンタル・ショートヘア
小さな顔に付けた大きな耳が特徴的なオリエンタルショートヘア。非常に短毛で抜け毛が少ないためアレルゲンの拡散を防ぎます。

バリニーズ

バリニーズ
仕草がとても優雅であることから「ダンサーのような猫」と呼ばれているバリニーズサイベリアン同様、他の品種に比べて糖タンパク質の生産量が少ない猫種です。

シャム猫

シャム猫
気品のある佇まいが魅力的なシャム猫。短い被毛で抜け毛が少ないため、抜け毛によるアレルゲンの拡散を防ぐことができます。

猫アレルギーは病院で治せる? 治療法は?

虫対策が必要な犬と猫のイラスト

暮らしていく中でいくら注意してアレルギーの症状を和らげようと思っても、期待する効果が出ないこともあります。その場合は病院へ行き、自分に合った対処法を探してもらいましょう。ただ、アレルギーは完治することが難しいため、あくまでもアレルギー症状を軽減するための治療であることを念頭に置いてください。

対処療法の一つとして、アレルギー反応を低下させることを目的とした「減感作療法」というものもあります。これは体内に低濃度のアレルゲンを入れ、徐々に高濃度にしていくことでアレルゲンに体を慣らしていく方法です。この療法によってアレルギー反応が出なくなる人もいれば、全く効果の無い人もおり、効果は人それぞれです。

猫を飼う前に猫アレルギーかチェックしよう

猫アレルギーは意外と多くの人が発症しがちです。しかし猫アレルギーであっても猫と一緒に暮らしている人が多いのも事実。紹介した対処法を実践することで、症状を軽くしてストレスなく暮らせることもあります。猫を飼う前に、自分は猫アレルギーなのか、またアレルギーであっても一緒に暮らすことができるかをしっかり考えてみましょう。

Share!