ゴールデンレトリバーのおすすめカット集!頻度や料金、自宅カットの方法をトリマーが解説

Share!

ゴールデンレトリバー(ゴールデンレトリーバー)はグルーミング犬種で、基本的にカットはしませんが、少しのカットから全身のカットまで、お手入れすることで生活がしやすくなることもあります。清潔さを保つケアとしても大切ですし、いろいろなカットスタイルがあり、改めて可愛さを感じることができますよね♪今回は、ゴールデンレトリバーの特徴に合ったカットスタイルを、トリマーの大森が画像を紹介しながら解説します。

ゴールデンレトリバーの毛の特徴とカットの頻度

ゴールデンレトリバーの毛の特徴

ゴールデンレトリバーはトリミング犬種ではないので、基本的には毎日のブラッシングが大切です。その上で、カットをお好みでしてみてもいいでしょう。

ゴールデンレトリバーの被毛

ゴールデンレトリバーはダブルコートと言って2層の毛(上毛と下毛)で覆われています。アンダーコートとオーバーコート(トップコート)とも言います。上毛は、太く硬い毛で一年中生えている被毛で、上毛には換毛期(被毛が生え変わる時期)というものはなく、自然に抜け落ちる毛です。下毛は細くて柔らかく保温性があるという特徴があり、年に2回寒い時期になると生えてきて、暖かくなってくると抜け落ちやすいです。

ゴールデンレトリバーのカットの頻度

月に一度が目安です。本来ゴールデンレトリバーはトリミング犬種ではなく、グルーミング犬種と呼ばれ、足先周りを整える程度でカットをしなくても良い犬種ですが、耳の飾り毛は柔らかく毛玉になりやすいです。

またゴールデンレトリバーは耳の中が汚れやすく、痒がってかくことにより、耳の後ろが毛玉になります。そこで、清潔に保つためにも耳の飾り毛をカットし短くしてあげることによって毛玉もできずらくなります。耳の内側もバリカンなどで短くしてあげると通気性が良くなります。

ゴールデンレトリバーのカットの料金

ゴールデンレトリバーのカットの料金

地域によってさまざまですが、シャンプー:6000〜1万5000円で、カット:8000~2万円が目安です。時間は1.5時間〜3時間が目安です。

ゴールデンレトリバーのパピー(子犬)のカットについて

ワクチンプログラムが終了してから2週間から1カ月後にシャンプー、カットのトリミングができます。免疫力や体力の点で安全にトリミングができる状態にするためです。ワクチンプログラムが終了するまでは、ブラッシングをしたり爪切りなど、簡単にできるお手入れをして清潔に保つことが大切です。

ゴールデンレトリバーのシニア犬(老犬)のカットについて

基本的にカットする犬種でないため、シニア犬に負担のかからないようカットはしなくても良いです。汚れやすい箇所があれば毛を短くして清潔を保つようにしましょう。シャンプーも同様、こまめなシャンプーはせず、普段のブラッシングやグルーミングスプレーなどで体を拭いてあげたりしましょう。もし、シャンプーをする場合は、ぬるま湯で洗ってあげてください。

ゴールデンレトリバーのカットスタイル

全身バリカン!サマーカット

ゴールデンレトリバーのサマーカット

毛をバリカンで短く刈ってすっきりと!見た目がラブラドールレトリバーになる感じですね。抜け毛がきになる時は夏カットことサマーカットでさっぱりと。夏で暑そうっと言う時は短くするのもオススメですね!

スタイリッシュに!全身飾り毛カット

ゴールデンレトリバーの全身飾り毛カット
Photo by hahapesoさん Thanks!

飾り毛カットとは毛の長さを短くしすぎず、足やお腹、お尻、胸などの汚れやすい毛を短くして全体の毛の量が一回り小さくなるイメージです!雰囲気は変わらなくてさっぱりします。

お尻カットでぷりっ

ゴールデンレトリバーのお尻カットスタイル
Photo by m_____11さん Thanks!

お尻の飾り毛だけカットすることも出来ます。お尻の毛は毛量も多くもつれやすいです。そして、排泄するところでもあるので汚れやすい部分でもあります。そこを短くする事で、清潔に保てお手入れもしやすいです!

自宅で簡単にできるゴールデンレトリバーのカットのコツ・方法

自宅で簡単にできるゴールデンレトリバーのカットのコツ

自宅でのトリミングは怪我をさせやすかったり、綺麗にカットができなくて失敗してしまうケースもあるため、基本はトリミングサロンでカットをすることをおすすめします。その上で、最低限の家での簡単なお手入れを紹介します。

<用意するもの>
  • コーム
  • スキバサミ
  • バリカン

もしワンちゃんが動いてしまう時は、落ち着いてからハサミを小さく開いてカットをするようにしてください。

足裏(パット)

足裏のカットは、バリカンを使うようにしましょう。ハサミは足が動きやすく危ないため、バリカンを使うことをオススメします。バリカンの刃の短いミリ数で足裏に対して平行に小さい肉球から大きい肉球に向かって、ゆっくりと足裏から出ている毛を刈っていきます。

バリカンを常にONにしたままだと怪我をさせてしまう可能性があるため、バリカンを使う時のみスイッチをONにしてあげましょう。また、ONにしたまま使用するとバリカンの刃が熱くなりやすく、ヤケドしてしまうことがあるので注意しましょう。


失敗しないカットの仕方

お家で少しだけ気になるところをカットしたい時の失敗しない方法は、できるだけスキバサミを使用するといいでしょう。毛並みの方向にハサミを向けてカットすることによって、カットした時にハサミの跡がつきづらいです。

注意すること

必ず皮膚を確認することです。ハサミは刃物です。少し刃先が皮膚に当たっただけで怪我をしてしまうので、注意しましょう。被毛をかき分け皮膚を確認してから気になるところをカットして下さい。基本的にはカットはトリミングサロンでお願いすることをおすすめします。

まとめ

ゴールデンレトリバーのカットのまとめ

ゴールデンレトリバーはカットしなくても良い犬種
毎日のブラッシングが大事
カットのバリエーションは少ないが、輝く被毛が最大の魅力
あまりカットのバリエーションは少ないですが、ゴールドに輝く被毛を生かしてあげるといいでしょう。