猫が嫌いな匂いとは? 柑橘系やアロマは要注意! しつけなど活用法も

猫が嫌いな匂いとは? 柑橘系やアロマは要注意! しつけなど活用法も

猫に嫌いな匂いがあるのを知っていますか? 犬ほどではありませんが人より匂いに敏感で、人とは異なる好き嫌いがあります。柑橘系やハーブ、アロマオイルの匂いなど、人にとっては「いい匂い」も、猫にとっては「嫌な匂い」だったり「危険な匂い」だったりすることも。「猫が嫌いな匂い」をしっかり知って、身の周りをチェックしてみましょう。

猫が嫌な匂いとは

グレーの猫二匹

柑橘系

柑橘系の匂いは、香料としてもさまざまなものに用いられていますが、猫にとっては大変不快な匂いなんです。

元々は野生で暮らす肉食動物だった猫は、それぞれ自力で目の前にある肉が食べられるか食べられないかを判断する必要がありましたが、そのときに使っていたのが嗅覚です。

鼻を使って「腐っていないか(酸っぱい匂いがしないか)」を確認していました。その名残があり、猫は今も酸っぱい匂いが苦手なようです。

メントールの匂い

湿布やかゆみ止めに多く使われているハッカなどのメントール系の匂いも苦手な猫が多いです。刺激が強く、「酸っぱい匂い」に近いものがあるためです。

しかし、湿布を避ける猫がいる一方で、マタタビに含まれる匂いだと感じて舐める猫もいるようで個体差があるようです。

アロマやハーブの匂い

人にとってアロマやハーブは癒やしになるものですが、猫は苦手です。それだけではなく猫には分解できない成分が含まれており中毒症状を引き起こす危険もあります。

特に柑橘類の皮にも含まれる成分「リモネン」は猫が分解できず体内に蓄積して運動失調や手足の震えなどの症状を起こしてしまう可能性があります。

ハーブも種類によっては猫に対して毒になるものがありますので、なめたりしないよう猫が触れない場所に保管し、猫がいない部屋で使うようにしましょう。

参照:「猫にアロマは危険!?」(山本宗伸先生)

香辛料の匂い

人にとって刺激が強いものは、猫にとっては人以上に刺激の強いものになります。例えば、猫は唐辛子やコショウなどの香辛料が苦手です。

間違って食べてしまえば胃腸炎などを起こすこともありますので、そのままの状態はもちろん、カレーなど加工したものであっても食べさせないように気を付けてください。

コーヒーの匂い

猫はコーヒーの匂いも嫌います。こちらも匂いだけでなく、コーヒーに含まれるカフェインが猫にとって中毒症状を引き起こしかねない危険なものとなりますので注意が必要です。


男性の汗の匂い

最近の研究では哺乳類全般が男性の汗の匂いを苦手としていることも分かってきました。マウスで実験を行ったところ、男性の汗に強いストレス反応を示したのだそうです。

自然界では単独でいるオスは攻撃的になるため、オスの匂いに危険を感じるようになったのではないかと推測されています。

反対に男性の汗の匂いを好む猫もいるようです。猫によって好き嫌いがはっきりと分かれ、個体差があるようですね。


タバコの匂い

人間にとっても不快なことが多いタバコの匂いは、猫も苦手です。苦手というだけでなく、猫たちペットも「受動喫煙」をしまいます。

しかもその影響度は人間の5~6倍にもなるそうです。肺がん・皮膚炎などの原因にもなりますので、猫がいる空間ではタバコを吸わないようにするのが一番です。

「猫が嫌な匂い」も役に立つ?

黒猫

本当ならできるだけ遠ざけてあげたい「嫌な匂い」ですが、これを活用するという逆転の発想も。具体例をご紹介します。

猫のしつけに使える?

一つ目は、嫌な匂いをしつけに使うというもの。猫が嫌う柑橘系の匂いをつけた、専用の「猫しつけスプレー」などが発売されています。

「叱っても言うことを聞かない、でもしつけたい……」なんてときには、こんなアイテムを使うのも一つの手かもしれません。

猫がかじってしまうところや荒らしてしまうところに吹きかけると、匂いをかいで「嫌な場所」と認識してくれるようになります。

野良猫の侵入を防げる?

庭や敷地内に野良猫が入ってきてしまって困っている場合、猫が嫌がる匂いを利用して対策を取るケースもあるようです。

ただし、猫は愛護動物であり、虐待行為は犯罪ですので「撃退」はしないようにしましょう。匂いをうまく使うことで、人と猫の共生ができるといいですね。

猫が庭などに入ってきてしまうのは、その場所がその猫にとって快適な場所なため。そこに猫が嫌な匂いをつけることで、「快適な場所である」という認識をさせないようにします。埼玉県動物指導センターは「猫が庭などに入らないようにする方法」として忌避剤の作り方を紹介しています。

参照:「猫が庭などに入らないようにする方法」(埼玉県動物指導センター)

猫よけ剤を撒く

猫が嫌がる匂いに特化して作られている、市販の猫よけ剤を利用します。多くの種類が発売されているので、ご自宅の庭に適したものを使用しましょう。

木酢液・竹酢液などを薄めて撒く

木酢液または竹酢液を薄めて撒く方法もあります。唐辛子やレモンバームの葉を加えると効果的です(例:木酢液または竹酢液400mlに対して唐辛子10本~15本、レモンバームの葉20~30枚を加えて1~2日置き、唐辛子とレモンバームの葉を取り除いた後4~8倍に薄めて撒きます)。

ハーブなどの植物を植える・置く

ハーブなどの香りの強い植物を花壇に植えたり、鉢に植えて置きます。ハーブの香料を撒いても代用できます。

コーヒーかすを撒く

コーヒーを淹れたときに出るコーヒーかすを花壇など猫の入ってほしくない場所に撒きます。こまめに、まんべんなく撒くのがポイントです。

雨風で流れてしまったり、だんだんと猫がその匂いに慣れてしまったり、猫によっては匂いそのものに反応しないこともあります。繰り返し交換したり、使う匂いを変えたりして、根気強く対策しましょう。

猫の「ストレス」にならないように

人の腕で眠る猫

今回は、猫が嫌がる匂いをご紹介しました。知らず知らずのうちに嗅がせてしまっていた、なんてことはありませんでしたか?

家猫ですと、これらの一般的な「猫が嫌がる匂い」をよく嗅いでいて、すでに慣れてしまっている場合もあります。ですが、たとえ慣れてしまっていたとしても、嫌な匂いは嫌なもの。嗅ぐたびに猫はストレスを溜め込んでしまいます。

今の猫との暮らしにそのような匂いの元がある場合は、すぐに取り除いてあげるようにしましょう。


第2稿:2020年5月24日 公開
初稿:2017年5月29日 公開


Share!