犬に水着を着せるのはあり?なし? 意外なメリットやおすすめ通販サイトを紹介

犬に水着を着せることについては賛否両論あるのが現状ですが、実は海や川でラッシュガードやウェットスーツなど、犬用の水着を着せることはメリットがあります! 水着を着せると、けがの予防や紫外線対策にもなるのです。ワンちゃんに水着を着せる時に大切なのは、ワンちゃんがストレスを抱えず洋服や水着を着ているかどうかですね。今回は水着を着せることのメリットやデメリット、実際に人気の水着などを見ていきましょう。

犬に水着は必要なのか?

犬に水着などを着せることに対し「犬には被毛があるんだから、服を着せるのは人間の勝手だ」という批判はよくあります。確かに犬には被毛があり、そもそも何かを体にまとう習慣がないので、「絶対に必要!」とは言えません。

しかし現在の日本には寒冷地域や温暖地域など、さまざまな地域で誕生した犬種が住んでいます。そうなると、寒冷地域出身の犬にとって日本の夏は高温多湿で暑すぎますし、温暖地域出身の犬にとって冬は寒すぎます。そのため犬用の水着や洋服も、使い方次第で犬にとってプラスに働くよいアイテムなのです。

犬に水着を着せるメリット

川や海、プールなどで犬に水着を着せることは主に皮膚を守ったり、汚れを防いでくれたりすることに役立ちます。最近の水着は伸縮性にも優れているため体を動かす時に邪魔にならず、紫外線を遮断する機能までついている水着もあります。また、ドッグプールなど他の犬がたくさんいるような場所では、愛犬を見失わないよう目印代わりにもなってきます。
  • 紫外線から皮膚を守ってくれる
  • 犬が多いところでも見分けがつくため迷子対策になる
  • 被毛の汚れを防いでくれる

犬に水着を着せるデメリット

犬に水着を着させる時に気をつけてあげなければならないのは、水着を着用することで脱水症状や熱中症など、体調に悪影響を及ぼさないかどうか。そして、そもそも水着を着ることがストレスになっていないかを気にしなければなりません。体調や犬のストレスに関わる場合は無理に着用させることは避けましょう。
  • 適した着用方法でないと熱中症や脱水症状の原因になる
  • 服が嫌いな子にはストレスになる

水着・服の種類別用途はどんなものがある?

ファッション性

季節のイベントや同じ犬種同士で集まる撮影会の時などに、一風変わった写真を撮って思い出に残すことができます。普段から洋服を着せている飼い主の方もいますが、イベントの時だけ着せる方もいるようです。

犬種ごとに寒さ・暑さ対策

スムース(比較的短い平滑毛などを表す)など被毛が短い犬は紫外線対策や冬場の保温対策をしてあげる必要があります。また寒冷地域出身で被毛が厚い犬の場合、夏場はクールベストなどを着させてあげると体温の上昇を抑え、熱中症対策になります。

いくら犬が服を着ない動物だったとしても、着ることがストレスにならず、かつ体調管理の味方になってくれるようでしたら、犬用の服を使用することに何らデメリットはありません。

マナーのため

ドッグカフェやドッグプールで水着や洋服を着用すると犬の毛が抜けるのを防ぐので、共有スペースを清潔に保つことにつながります。動物を飼っていない人にとって洋服に毛がつくのは不快に感じてしまいます。実際に盲導犬介助犬などが服を着ている時は、公共の場で毛が抜けないよう配慮している場合が多いのです。

また、腰に巻きつけるマナーベルト着用を義務付けている施設もあるので、お出かけする時は、どのようなマナー対策の準備が必要かを把握しておく必要があります。そのため日頃から洋服やマナーベルトなど、少し慣れさせてあげるとお出かけの幅が広がるかもしれません。

不要な汚れを防止する

川遊びや海水浴での水着や雨の日のレインコートは、不要な汚れを防ぐことができます。思い切り遊ぶような場面では、むしろ着用させた方が後々シャンプーの手間などが減るので飼い主さんにとってもメリットが大きいです。そして、特に川や海でのアクティビティをする際は機能性のある水着を着せてあげることでけが予防にも役立ちます。

病気の治療、予防

夏の間、まだ日が出ているうちに犬とお出かけをする時や、アクティビティーを行う際は、水着を着せることが紫外線による皮膚への悪影響を予防してくれます。普段着としても、アレルギー性皮膚炎やアトピーなど、皮膚が比較的弱いワンちゃんは皮膚保護用の洋服などを着用するワンちゃんもいます。


 

水着を着せる時の注意点

海や川などで犬に水着を着用させるのは紫外線対策や皮膚を守るメリットはありますが、犬の気持ちを思いやり、注意点はしっかりと抑えておく必要があります。

犬のストレスになっていないか?

犬に洋服や水着を着せることに批判的な声として「犬が嫌がっているはず。無理に着せる必要はないのではないか」という声があります。もちろん、皮膚保護の必要性など特別な理由もなく嫌がる犬に着せる必要はありません。ただ、全ての犬が服を嫌がっていると思い込むのは早計かもしれません。

水着や洋服が犬の中で良いイメージにつながっていて、服を出すと大喜びするワンちゃんがいるのも現実です。大切なのは水着や洋服を出した時に、犬がどのような反応をするのかを飼い主さんが理解した上で、犬の気持ちを尊重することです。嫌がる犬におしゃれのために水着や洋服を着せるのは、犬にとってストレスになってしまうのでやめましょう。
  • 水着や洋服を見せると逃げる
  • 威嚇する
  • 噛んでボロボロにしてしまう

水着を好きになってもらうためには?

犬が水着や洋服を着ることに対し抵抗感がないようにすると、いざ自然の中に遊びに行く時や、肌を守りたい時にとても有効です。最初から無理に着せると警戒心を生んでしまうので、段階を踏んで慣れさせてあげましょう。
  • 水着の存在に慣らす
  • 水着は夏の間しか着ないと思いますが、余裕があれば夏になる前から水着の存在には慣れさせてあげるとよいでしょう。最初から着せて無理やり水着に慣れさせるのではなく、まずはおやつをあげる時に水着も一緒に出したり、水着の上におやつを置いてみたりして存在自体に慣れてもらいます。
  • 少しずつ着せながら、おやつと一緒に褒める
  • そして着せる段階になってもまずは首にかけるだけにして、おやつをあげた後で思い切り褒めてあげましょう。そうすると犬は「水着を着ると嬉しいことが起きる」という印象がつき、喜んでくれるようになります。
  • 最初は装飾もなく着脱しやすいものを選ぶ
  • 最初に着せるのは着脱しやすいものを選んであげましょう。着せる時に手間取ってしまうと、犬も不快に感じ拒否したくなってしまいます。まずは首にかけボタンで止めるだけの服や、ゆったりとした型の服を着させることで着脱のイメージもよくしましょう。

しかし、どのような方法であっても何か体に身にまとうのが嫌いな犬もいます。その場合は無理に慣れさせようとはせず、その気持ちを尊重してあげましょう。

装飾物の誤飲に注意

犬用の水着の中にはファッション性の高いものも多く、ビーズやリボンなど装飾品が付いている場合があります。犬が自分の水着を噛み、装飾物を誤飲する事故もあるので十分に気をつけましょう。もし犬が噛んだら外れてしまいそうな装飾があった場合、事前に取っておくのも一つの手です。

購入できるサイト

  • ALPHAICON
  • アウトドアに挑戦する犬のためのドッグウェアや、オールシーズン使える機能性を重視した水着や洋服を販売しています。愛犬とアウトドアを楽しむ飼い主さんから高い評価を得ています。
    犬の水着サイト
  • wanwan clothers
  • 季節に合わせてさまざまな洋服が販売されています。ファッション性のある洋服がたくさんあるので、洋服が好きな犬は飼い主さんと一緒にイベントや季節を楽しむきっかけになるかもしれません。
    犬の水着サイト

犬たちのビキニ姿

SNSでは愛犬にビキニを着せた写真も投稿されています。機能性はなさそうですが、飼い主さんと一緒に夏を楽しんでいる情景がすてきですね。




犬の気持ちを思いやりながら水着を試してみよう!

犬用の水着や洋服に対しては賛否両論ありますが、一番大切なのは愛犬がどう反応しているかです。病気やアレルギーによって服を着ないといけないワンちゃんもいると思いますが、最初によいイメージを作ってあげると犬のストレスも軽減させてあげることができます。おやつをあげたり、たくさん褒めてあげたりして、嬉しいことだと認識させてあげてくださいね。