犬の視覚はモノクロ? 好きな色や視力など、犬が見ている世界を解説

犬の視覚はモノクロ? 好きな色や視力など、犬が見ている世界を解説

「犬は色が見えない」と聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。人と犬ではその構造や能力が異なり、私たちが見ている世界を犬も同様に見ているわけではありません。犬から見た人間はどのように見えているのでしょうか? 今回は犬の目の構造や機能について解説し「犬から見た世界」を紹介します。

犬と人間の視野の違い

人と犬の視野の違い
人と犬の視野の違い

目がある位置が違う

私たち人間は目が顔の前面についていますので、横を向いたり振り返らない限り真横や後ろ側を見ることはできません。

犬の場合は、犬種にもよりますが、左右の目は離れてついています。馬やうさぎがわかりやすいと思いますが、多くの動物は顔の左右に目が離れてついていることで、人間よりも広範囲を見ることができます。

両眼視と単眼視か

視野は両目で見る「両眼視」と片目だけで見る「単眼視」の二つにわかれます。

両眼視は、左右の目を使って立体的にモノを見ることができるため、大きさや距離などを「正確に見る」ことが得意です。獲物の大きさや飛び移ろうとしている枝までの距離を測る際に使われます。

単眼視は、モノを正確に見ることが苦手な一方で、広い範囲を見渡すことを得意としています。

動物によって目の位置が異なる理由は、広大なサバンナを想像するとわかりやすいでしょう。例えばライオンは、シマウマを仕留めるために正確な距離が大切なので目が前面にあります。

シマウマは、どれだけ早くライオンに気づけるかが大切なので、目が左右にわかれています。生きるために大切なことの違いが、目の位置に現れているのです。

視野角の違い

人の視野角は両眼視野が約120度、単眼視野が約40度ですが、犬は両眼視野が約30〜60度、単眼視野が約135〜150度とされています。

犬は人間に比べ、物を立体的に見る視野は狭いですが、物を捉える視野は広いといえます。

犬の視力

犬の横顔

動くものに敏感

犬の視力は人の視力の単位でいうとだいたい0.2〜0.3ほど。ハッキリ見えるのは2〜3mくらいで、先ほどの両眼視野を考慮すると、人に比べてかなり狭い範囲しかハッキリ見えていないことがわかります。ただ、これは単純に人に比べて視力が良くないということではありません。

動体視力という面では人より優れ、動きの速いものや遠くのちょっとした変化に敏感に反応します。犬は人より優れた嗅覚や聴覚も使ってモノを認識しており、視覚情報に重きを置いている人と比べて、複数の感覚器を使ってモノを認識しているわけです。

暗いところでも見える

人と犬で目の構造はほとんど同じですが、大きく異なるのが「タペタム」の存在です。夜中にライトの光で目だけが光って見えたり、カメラのフラッシュで目が光って写ったりするのはタペタムがあるためです。

タペタムは反射板の役割を持っているため、暗闇でも少ない光を増幅させて見ることができます。これは光を増幅させて見るのが得意ということで、真っ暗闇でも見えるということではありません。

犬が見える色とは

私たちが「色」と認識しているものは、正確には光の波長です。人は波長の一部を紫から赤まで7つの色で認識しています。

目で光の波長を認識するのは「錐状体(すいじょうたい)」と呼ばれる器官です。犬は人に比べて錐状体の数が少なく、昔は白と黒の世界を見ていると考えられていました。

近年の研究では暖色系を黄色、寒色系を青色として大まかに認識しているのではないかと考えられています。

犬の視力はこまめにチェックを

机から顔を出す犬

家具や壁にぶつかったり、トイレの場所を間違えたりする場合は、視力が落ちている可能性があります。加齢に伴い、起こることではありますが、急に起こるようになった場合は目の病気の可能性があります。

ご自宅でも、愛犬の視力に問題がないかを簡単に確認する方法がありますので、気になる飼い主さんは試してみてください。

犬の視力の確認方法

  1. おやつを置く
  2. おやつにたどり着くまでの道に障害物を置く

愛犬は障害物にぶつかることなくおやつにたどり着けるでしょうか? 異変は暗いときのほうが症状として現れやすくなりますので、明るい部屋で大丈夫だとしても安心せず、部屋を薄暗くしてもできるかを試してみましょう。

定期的にチェックしてあげることが大切です。


まとめ

2匹の歩く犬

犬の視野は約135〜150度と広い
視力は0.2〜0.3ほどで、動体視力に優れている
犬は暗闇でも少ない光を増幅させて見ることができる
犬は暖色は黄、寒色は青で大まかに色を認識していると考えられている
急に家具やモノにぶつかるようになったら病気の可能性がある

犬と人の目で見える色や明るさ、そして視力は違えど、犬にとっても目は生活の質を左右する大事な感覚器官です。

犬はちょっとした異変を言葉にして伝えることができませんので、飼い主さんがちょっとした変化に気づけるよう、日頃からスキンシップをとりましょう。

参考文献

第3稿:2020年5月23日 公開
第2稿:2019年5月17日 公開
初稿:2017年5月27日 公開


Share!