猫の血液型にO型は存在しない?調べ方や検査方法・料金を解説

Share!

血液型といえば輸血の際に必要な情報というだけでなく、日本では性格診断の一つとしても使われることが多いですよね。その真偽はさておき、みなさんは猫にも血液型があるのはご存じですか? 猫の飼い主さんは愛猫が何型か知っているでしょうか。血液型は動物病院で検査キットを使えば調べることはできますが、飼い主さんが知っていれば緊急時に大事な情報となります。今回は猫にも大切な血液型について紹介します。

猫の血液型とは

猫と少年

私たちに血液型があるように、猫たちにも血液型が存在します。でも、人の血液型とはちょっと違います。

猫の血液型は3パターン

私たち人の血液型は「ABO式」と呼ばれる方法で分類されますが、動物や鳥の血液型には人とは違う分類法が使われています。猫の血液型は「AB式」という方法で分類され、O型は存在しません。猫にはA型、B型、AB型しかないのです。

血液型の割合は住む地域や猫の品種によって異なり、茶トラ猫などの日本の猫では9割を超える割合でA型の猫が一番多く、続いてB型の猫、AB型の猫が存在するといわれています。特徴的なのは、猫界ではAB型の猫が非常に少ないということです。

B型がほぼ存在しないとされる猫種は、ロシアンブルー、シャム猫、バーミーズ、アメリカ生まれの猫オシキャットなどです。

逆にB型の割合が多いといわれているのがスコティッシュフォールド、ブリティッシュショートヘア、ラグドール、コーニッシュレックス、デボンレックスなどといった種類の猫たちです。

日本にいるアメリカンショートヘアはすべてA型という説もあります。もちろんどれも100%というわけではありませんので、動物病院などでは必ず検査してわかったその子の血液型を伝えるようにしてください。

猫の「万能ドナー」はAB型

人の血液型ではRHマイナスのO型が輸血時に重宝されますが、カリフォルニア大学デービス校の獣医学部によると、猫の世界ではAB型の血液がどの血液型の猫にも輸血可能な「万能ドナー」として重宝されるそうです。A型の猫は抗B抗体、B型の猫は抗A抗体を持っており、AB型の猫の血液はどちらの抗体も持っていないというのが理由です。

猫の血液型の調べ方は検査で

ケージの中の猫

愛猫の血液型を知っておくことは、緊急時に命を助けるため大変重要なことです。特に妊娠前の母猫の血液型を知らないと、生まれて1日もたたない子猫の命を奪ってしまうことにもなりかねません。

猫に輸血が必要なときのために

愛猫の血液型を知ることによって得られるメリットの一つに、事故や病気などで輸血が必要なときに素早い輸血ができるということがあります。もちろん輸血が必要な場合には血液検査をしますが、その時間すら待てない緊急ということもあり得ます。

血液型の違う血を輸血してしまうと、最悪の場合、命を落としてしまう可能性もあります。リスクを減らすためにも、健康な状態のときに愛猫の血液型を調べておくことはとても大事なのです。また、他の猫たちが非常時に血液を必要とすることもあり、血液型を理解しておくことで仲間の猫たちを救えることもあります。検査料金は病院によって異なりますが、5000〜7000円が一般的です。

日本には動物用の血液バンクが存在しないため、動物病院によっては輸血の際にドナーを募ることもあるそうです。前もって血液型を知っておけば、愛猫だけでなく、他の猫の命を助けることにもつながるかもしれませんね。

「新生子溶血」による死を防ぐために

猫の親子

愛猫の血液型を知っているか知らないかが、生まれてすぐの子猫の命を左右することがあります。それが、愛猫が母猫になった場合です。

不適合な血液型の母猫から子猫へ母乳を与えることによって起こる現象を「新生児溶血(新生子同種溶血現象)」といいます。これは生まれたばかりの子猫が不適合な血液型の母猫の初乳(分娩後数日間出る母乳)を飲むことによって起こり、この新生児溶血により生まれてすぐに命を落とす子猫が多いといわれています。

特にB型の母猫がA型やAB型の子猫に授乳した際に起こる可能性が高く、2010年に公開された猫の血液型に関する論文「Feline Neonatal Isoerythrolysis and the Importance of Feline Blood Types」によると、イギリスで生まれてすぐに亡くなってしまった猫の死亡原因の1位が新生児溶血であったそうです。

子猫が命を落とす原因になりうる新生児溶血を防ぐには、血液型の検査をするしかありません。生まれてすぐに出る初乳には子猫にとって必要な栄養分が含まれており、「血液型が違うかもしれないから初乳をあげない」というわけにはいかないからです。ブリーダーでは、母猫と父猫の血液型を調べて別の血液型の子猫が生まれてこないように交配するなどの配慮がされているそうです。

猫の血液型の検査は動物病院で

猫の血液型は、ほとんどの動物病院で対応しています。調べ方としては、血液の成分から血液型を調べる判定キットを使った方法と、ドナーとレシピエントの血液を混ぜて肉眼で血液型を判定するクロスマッチテストという方法が併用されています。

通常、来院したその日に結果を知ることができ、また、動物病院で採った血液を検査センターに送ることによって血液型以外の細かな健康状態も調べられるので、できるだけ早い段階で愛猫の血液を検査してもらうとよいでしょう。

愛猫の血液型を知って安全で楽しい猫ライフを

猫

猫にはA型が多く、その他にもB型とAB型があるんですね。「いざという時」がこないのが一番ですが、緊急時にはパニックになってしまうものです。愛猫の血液型を知っておけば、いざという時に少しでも落ち着いた対応ができるかもしれませんね。

参考文献