猫がきゅうりにびっくり? 驚く理由や栄養素など解説

猫がきゅうりにびっくりしている様子の動画を見たことはありますか? 猫が後ろを振り返るときゅうりが置いてあり、そのきゅうりにすごく驚いて飛び上がる猫の様子が面白いと話題になりました。そもそもきゅうりは猫にとってどんな野菜なのでしょうか。猫はきゅうりを食べても問題ないのか、成分や与え方について紹介します。

なお、本稿は以下の情報を参照して執筆しています。

猫はきゅうりを食べられる

きゅうりは90%以上が水分でできていて、ナトリウムや脂肪分が非常に少なく低カロリーです。猫もきゅうりの食感を楽しんで食べることがあるようです。また、熱中症対策の水分補給としておやつ代わりに与えることができます。

きゅうりは健康な猫が食べる際はほぼ悪影響はないと言える野菜です。しかしたくさん食べ過ぎてしまうと胃腸の負担になったり、食物アレルギーがある場合はアレルギー反応を起こしてしまう恐れもあります。

きゅうりの成分

きゅうりは一部の人の間では「世界一栄養のない野菜」と言われていますが、栄養成分が無いわけではありません。絶対にきゅうりから摂らないといけない栄養成分はありませんが、視力維持や皮膚の健康をサポートするβカロテンや利尿作用のあるカリウム、血液と骨の健康を守るビタミンKなどの栄養成分があります。

  • βカロテン
  • きゅうりの皮にはβカロテンが含まれています。被毛の健康をサポートし、視力維持にも役立ちます。そして呼吸器系統を正常にする働きもあります。

  • カリウム
  • カリウムは塩分を排出する働きがあるので、血圧を維持してくれます。利尿作用が体内の水分量を調整してくれるので代謝が良くなります。

  • ビタミンK
  • 健康な血液と骨の維持に欠かせない成分です。この成分が欠如すると血が止まりづらかったり、骨が弱くなってしまったりします。

猫ときゅうり

きゅうりを与える時の注意点

きゅうりは栄養豊富とは言えませんが食感を楽しんだり、水分補給の代わりになったりします。しかしきゅうりにもアレルギー反応を起こしてしまう可能性などもあるので、初めて猫に与える時には少し注意してあげる必要があります。

ウリ科のアレルギー

きゅうりはスイカメロンなどと同じでウリ科の食材です。時々ウリ科のアレルギーを持っている子もいるので最初は少量を食べさせることからスタートさせてあげましょう。アレルギー症状の中には下痢なども含まれていますが、お腹が冷えてしまったことが原因になるなど、必ずしもアレルギーが原因ではない場合もあります。

  • 下痢嘔吐
  • 皮膚をかゆがる
  • 元気がなくなる
  • 目の充血

きゅうりに限らず、猫にとって初めての食べ物を与えるのは、摂取後はしばらく様子を見られる時にしましょう。食べさせた後に一緒にいられない場合は、その後の様子を観察することができないので、試す機会をずらした方が適当です。

下痢や嘔吐

きゅうりは水分が90%以上あり、体を冷やす野菜でもあります。夏などは暑さ対策のためにきゅうりを食べさせるのは理にかなっているのですが、度がすぎると下痢嘔吐を引き起こしてしまう可能性があります。胃腸の強さは猫の体質によるので、アレルギーがないことが分かっていても最初は少量からスタートさせましょう。

喉に詰まらないように注意

きゅうりの味自体は猫にとって魅力的なものというわけではないので、ぽりぽりとした食感を楽しむ子はいます。しかし与えたきゅうりが大きすぎて、勢いよく食べた時に喉に詰まったり、咀嚼が足りず胃腸の負担になったりしてしまう可能性があります。特に猫の口は小さめなので、食感が楽しめる程度に小さく切ってから与えてあげるとよいでしょう。

きゅうり

猫がきゅうりにびっくりする理由

以前ネット上にきゅうりを使って猫を驚かせる動画がはやりました。猫がご飯を食べたりのんびりしたりしている時、背後にきゅうりをこっそりと置いておくと、きゅうりの存在に気が付いた瞬間に猫が驚いて飛び上がる姿が動画に撮られているのです。「なぜ無害なきゅうりに驚くの⁉︎」というギャップと、猫の跳躍力が話題になったようです。

なぜきゅうりに驚くのかは詳しいことは分かっていませんが、イギリスの動物行動学者ロジャー・マグフォード博士によると、猫が驚くのは「きゅうりだから」というわけではなく、いきなり現れた不審なものに対しての驚きが強いようです。また細長いきゅうりに関してはの捕食者(蛇など)を恐れる猫の本能的恐怖心が関係している可能性もあるとのことです。

しかし猫は基本的に未知のものに対しての警戒心はとても強いので、背後にこっそりと置かれたものがきゅうりではなくても、驚く猫は多いようです。中にはあっけらかんとして驚かない猫もいるなど反応は猫それぞれですが、意図的に猫のストレスになるようなことを行うのは猫を飼養する立場の人間として望ましくありません。

動物愛護法の「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」には、飼い主は「命あるものである家庭動物等の適正な飼養及び保管に責任を負う者として、動物の健康及び安全を保持しつつ、その生態、習性及び生理を理解し、愛情をもって家庭動物等を取り扱う」と明記されています。

与える頻度や量

水分量が多く、体を冷やす野菜として知られているきゅうりは、与えすぎると下痢や消化不良の原因になってしまうこともあります。基本的に猫にきゅうりを与える時は最初にカットし、噛みやすい大きさにしてあげましょう。毎日食べさせても悪影響があるわけではありませんが、最初は少量からスタートし、愛猫にとってどのくらいの量が適量なのかを知る必要があります。

きゅうりは与えてOK、怖がらせるのはNG

猫にとってきゅうりは有害なものではありませんが、驚かせて猫がびっくりした姿を楽しむのは少し悪趣味かもしれません。無害なきゅうりに飛び上がって驚く不思議な行動は、確かに興味深いことですが、猫のストレスをわざわざ作る必要はありません。きゅうりを食べさせる時は注意点に気をつけて与えてあげてください。

<関連記事>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10