僕が世界一美味しい愛犬ごはん「PETOKOTO FOODS」をつくった理由

Share!

PETOKOTO代表の大久保です。PETOKOTOは2020年2月から、絆が深まる、愛犬ごはん「PETOKOTO FOODS」の提供を開始しました。今日は、なぜ僕が家族である犬たちのためにごはんをつくろうと思ったのか、ペットの食事を通してどんな社会をつくりたいかについてお話しできればと思います。

愛犬コルクとの出逢いが人生を変えた

保護犬だったコルク
里親募集していた頃のコルク

愛犬のコルクは元保護犬でした。

コルクは「足が内股」という理由だけで、犬の競り市で捨てられていたところをOMUSUBIの登録団体でもある「Dog Life Saving」さんに保護され、僕のもとへ来ました。その後、関節専門の先生に診てもらいましたが、全く問題ありませんでした。

神奈川大山に愛犬コルクとお出かけ

コルクと出逢い、私たち飼い主と社会でのペットに対する価値観のギャップを感じ、「ペットライフを家族の在り方の一つにし、人が動物と共に生きる社会をつくりたい」と思い、保護犬猫マッチングサイト「OMUSUBI」ペットライフメディア「PETOKOTO」をお届けしてきました。

ふもとっぱらキャンプ場で犬とキャンプ

迎えてから4年がたち、手に乗るほど小さかったコルクも5歳の立派な大人になりました。登山をしたりキャンプをしたり、楽しい毎日を過ごしています。

愛犬コルクとSUPを楽しむ様子

ドッグフードに対しての疑問

PETOKOTO FOODSとドライフード

コルクと暮らす中で最も疑問だったのが「食事」でした。

毎日、夏も冬も常温で、大袋に入った臭いが少々気になるドライフードをお皿に出す日々。それしか知らないコルクはガツガツ食べますが、僕が犬だったら食べたくないと思っていました。

僕にとってドッグフードは、中身も見えず、製造過程も見えないブラックボックスのような存在でした。


そこで、僕たちが安心して食べさせてあげられる、中身も過程も見える透明性のあるごはんを作ろうと決めました。「家族であるなら、僕たちと同じ新鮮なごはんをあげたい、それが健康につながる」と思ったのです。

PETOKOTOFOODSに使用するサツマイモ

PETOKOTOFOODSに使用する小松菜

「本物のごはん」をつくるために

農業生産法人「hishi」の菱田代表と
農業生産法人「hishi」の菱田代表と

私たちは、地方創生に貢献しながら、日本の文化をつくるため、国産食材にこだわります。

PETOKOTO FOODSで使われているサツマイモを作る菱田さん

サツマイモは鹿児島県の菱田さんから。実際に鹿児島に足を運び、自分たちで農作業もしたものをお届けします。詳しくはこちらの記事をご覧ください。



使用する食材が決まり、次はレシピづくりでした。どれだけ良い食材を使っても、犬にとって栄養満点でなければ意味がありません。最高のレシピが作れる方を探すことにしました。

弊社の社外取締役獣医師で獣医循環器学会認定医の佐藤先生に相談すると「獣医師は栄養について専門的に勉強していない。本当に信頼できる専門家が必要」と伺うことができました。獣医師なら何でも知っていると思いがちですが、獣医師の中でも「餅は餅屋」があります。

そしてニュージーランドマッセー大学のニック・ケイブ先生をご紹介いただいたのです。



ニック先生は小動物栄養学の博士であると同時に、世界の犬猫栄養ガイドラインであるWSAVAの栄養学創立メンバーの一人でもある、世界で95人しかいない米国獣医栄養学専門医の資格を持つ獣医師です。研究者としても、現場の獣医師としてもスペシャリストであるニック先生となら、世界に誇れる最高のレシピが作れると思いました。


自分たちと愛犬が食べて改善

PETOKOTO FOODS

食材と何種類かのレシピが決まり、それからは試作の日々でした。食材の大きさや粘り気などをモニターの方々や獣医師の方々からヒアリングしながら改良を重ねました。


PETOKOTO FOODS

社員犬や僕たち自身も試食を重ね、最終的なレシピが決まりました。今もお客さまの声を聞きながら、改善を繰り返しています。

PETOKOTO FOODS試食会の様子
PETOKOTO FOODS試食会の様子

想いの込もった本物の手作りごはんです。

フレッシュドッグフード、犬の手作りごはんのPETOKOTO FOODS

常温保存が可能で大量に生産できるドライフードに比べればPETOKOTO FOODSの価格は高いかもしれません。しかし、新鮮な食材とスチーム加熱・急速冷凍製法で人の手間をかけることで、今までにない安心安全で美味しい食事をお届けすることができます。僕はもうドライフードには戻れません。

実際にフレッシュフードとドライフードでは寿命が3年も変わる発表もされています。

フレッシュドッグフード、犬の手作りごはんのPETOKOTO FOODS

コーヒー一杯の値段で愛犬の健康な未来が作れるとすると、安いのではないかと私たちは思っています。

フレッシュドッグフード、犬の手作りごはんのPETOKOTO FOODS

ぜひ家族である愛犬と暮らす皆様に、本物のごはんを試していただけると嬉しいです。これからもお客さまのフィードバックをもとに、どんどん改善改良していきます。



\お試し20%OFFキャンペーン実施中!/
PETOKOTOFOODS
>> 詳しくはこちら <<