犬が陰部を気にしてよく舐めている場合に考えられる原因と病気


犬が体のある一部を執拗に舐めるのには理由があります。では、それは病気なのでしょうか?犬の多くは痛みを感じている場所であったり、痒みがある場所であったり、匂いがしたりする場所を執拗に舐める習慣があります。つまり、「陰部を気にしてよく舐めている」という行為は陰部に痛みや痒み、匂いがあるということです。オスとメスで原因が違いますので、性別で主な症状と原因を説明します。

犬が陰部を気にしてよく舐めている主な症状と原因

男の子(オス)の場合

生理的な原因によるもの

陰茎の勃起時によく陰部を舐めるような行動をすることがあります。この場合は生理的な原因のため、特に気にする必要はありませんが、ひどい場合は動物病院で診てもらうようにしましょう。

病的な原因によるもの

泌尿器の病気
膀胱炎膀胱結石などの残尿感がある場合に舐めることがあります。放っておくと、尿管、尿道が閉塞してしまい、閉塞すると排尿ができなくなり、腎臓の機能が低下し、腎不全になります。腎不全に至ると、食べない、吐く、元気がなくなるなどの症状が出て手術が必要になる場合もありますので、違和感を感じたら早めに動物病院に行きましょう。

生殖器の病気
包皮炎など炎症により違和感を感じた場合に舐めることがあります。違和感を感じたら早めに動物病院に行きましょう。

精神的な病気
ストレスなどにより分離不安になった場合などにも舐める行動が見られます。室内やケージにいる時間が長かったり、散歩など外で歩いたり走り回ったりすることが少ないとストレスを感じることが多くなりますので、飼い方を見直してあげましょう。

女の子(メス)の場合

生理的な原因によるもの

生理の出血が起こっている時に陰部を舐めている仕草が認められることがあります。この場合は生理的な原因のため、特に気にする必要はありませんが、ひどい場合は動物病院で診てもらうようにしましょう。

病的な原因によるもの

泌尿器の病気
膀胱炎膀胱結石などの残尿感がある場合に舐めることがあります。放っておくと、尿管、尿道が閉塞してしまい、閉塞すると排尿ができなくなり、腎臓の機能が低下し、腎不全になります。腎不全に至ると、食べない、吐く、元気がなくなるなどの症状が出て手術が必要になる場合もありますので、違和感を感じたら早めに動物病院に行きましょう。

生殖器の病気
卵巣疾患、子宮蓄膿症などにより膣が腫れている場合や膣炎などがある場合に舐めることがあります。違和感を感じたら早めに動物病院に行きましょう。

精神的な病気
ストレスなどにより分離不安になった場合などにも舐める行動が見られます。室内やケージにいる時間が長かったり、散歩など外で歩いたり走り回ったりすることが少ないとストレスを感じることが多くなりますので、飼い方を見直してあげましょう。

最後に

説明した通り、陰部を舐めると言っても原因は多岐にわたります。放っておくと重症化することもありますので、少しでも気になった場合は、早めに動物病院で相談してみましょう。

第2稿:2017年6月8日 公開
初稿:2016年7月19日 公開

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10