“アニマル・ウェルフェア”って知ってる? 日本が動物福祉先進国になるために知るべきこと

皆さんは「アニマル・ウェルフェア」という言葉をご存じですか? 「動物愛護」や「ペットケア」という言葉は一般的に使われるようになってきましたが、アニマル・ウェルフェアについては聞いたことがある程度の方も少なくないのではないでしょうか。日本語では「動物福祉」とも呼ばれるその言葉の意味するところは、まだまだ知られていないのが現状です。そこで今回は、アニマル・ウェルフェアについて紹介します。

かわいがること? アニマルセラピー? 誤解されがちな動物福祉

動物福祉と聞くと、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。動物を虐待せずかわいがることだと考える人も少なくないでしょう。しかし、「かわいがっている=福祉に配慮している」とは言い切れません。日本動物福祉協会は、動物福祉とは動物が精神的・肉体的に充分健康で、幸福であり、環境とも調和していることだと説明しています。

また動物福祉という言葉は「福祉」という言葉でアニマルセラピーなどの「動物が人間に対して行う医療や福祉」と誤解されがちですが、人間が主体になる言葉ではありません。動物を主体として、「動物にとっての幸福」や「動物にとっての快適な生活環境」を考えることを意味します。

生まれは動物福祉先進国のあの国から

それでは、アニマル・ウェルフェアとはどこから生まれた言葉なのでしょうか。始まりは1960年代のイギリスです。当時のイギリスでは家畜が劣悪に飼育管理させられていました。その環境を改善し、家畜の福祉を確保させるために「五つの自由」が定められました。

その「五つの自由」が、現在では家畜のみならず、ペット動物・実験動物等あらゆる人間の飼育下にある動物の福祉の基本として世界中で認められ、世界獣医学協会でも基本方針として採用されています。

「五つの自由」とは、
・飢えと渇きからの自由
・不快からの自由
・痛み・傷害・病気からの自由
・恐怖や抑圧からの自由
・正常な行動を表現する自由
です。

それぞれの自由に、「いつでもきれいな水が飲めるようになりましたか?」「その環境は清潔に維持されていますか?」などの質問があり、動物が暮らす環境として適しているかどうかを飼育者が判断する基準となっています。

ペットショップは日本特有!? ”動物福祉”から見る日本の制度

動物福祉は愛玩動物(ペット)にとっても重要な問題です。例えば、特定の動物についての飼育ブームや、飼育者による動物の不完全な飼育など、劣悪な飼育環境を発生させる事例はたびたび起こっています。そういった問題への対処の一例として2012年、ペットショップでの午後8時から午前8時までのイヌ・ネコの展示が禁止されました(※)。

※ただし、「猫カフェ」などの小型動物が自由に動き回れるような施設は、午後10時までの営業延長が環境省により認められています。

もっともイギリスなど世界には店頭でのペット販売が禁止されている国もあります。ようやく展示時間の議論が始まった日本は、動物福祉に対する認知や意識という点で後進国というのが実情です。

動物を飼うということは、命を預かることと同じです。私たちとペットの関係性だけでなく、動物にとっての福祉についても考えることで、人間とペットの良好な関係を築いていきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10