犬のおすわりの教え方 | いつからしつけるか、ポイント等をトレーナーが解説

誰もが犬に教える最初のコマンドとして、「おすわり」があると思います。犬のしつけ、訓練と言われるものは、「おすわりに始まり、おすわりに終わる」と言われます。訓練競技会などではそうですね。警察犬などの使役犬も。その場合は、おすわりする位置や身体の角度など、理想的なものが存在し、それはもう格好良いです。家庭犬ではそこまでシビアではないですが、やはり基礎中の基礎。「おすわり」を教えるポイントをドッグトレーナーの西岡が解説します。

「おすわり」を教える意味

「うちの子、『おすわり』だけはちゃんとできるんです!」と仰る飼い主さんはよくいらっしゃいますが、よくよく聞くと

  • おやつがある時だけ
  • ご飯をあげる時だけ

という限定的な状況下でしか、おすわりできないケースが多いです。

僕が考える「おすわり」などのコマンドを教えるトレーニングの目的は、周りがどんな状況(屋外、おやつ無し、周りに気になるものが多いなど)でも、飼い主さんがおすわりのコマンドを出したら、ちゃんとおすわりができるようになる事。そしてそれができるという事は、飼い主さんと愛犬の信頼関係が築けているという事なのです。つまりトレーニングとは、そういった愛犬との関係性を構築していくために必要なのです。その第一歩が「おすわり」と言えます。

子犬に「おすわり」をいつから教える?

愛犬に「おすわり」を教え始める時期は、お家に愛犬を迎え入れて落ち着いてきたらいつでも良いです。教え方として一般的なのは、おやつを使っていく事ですが、まだ子犬の場合はあまりおやつをたくさん使うとお腹を壊してしまうリスクもあるので普段与えてるフードを一粒ずつ使っていく事をオススメします。多く使った場合は、ご飯の量をその分減らす等、気を付けてあげてください。

英語のコマンドでも良い?

コマンドは「おすわり」でも、「すわれ」や「Sit(シット)」でも、何でも良いです。気を付けなければならないのは、コマンドをかけるたびに「おすわりでしょ!」「シットは?」「すわれって言ってるでしょ!」などと、話し言葉でコマンドを出してしまうことです。統一しないと、犬はとても理解しにくくなります。コマンドを出す時はなるべくシンプルに、落ち着いて声を掛けてあげてくださいね。

「おすわり」の教え方

  1. フードかおやつを一粒持って、犬の鼻先で見せてあげる。
  2. 匂いをかがせてみる(食べられないようにフードの粒を指で包むように持つ)。
  3. 犬が興味を持ったら「おすわり」と優しく声をかけてあげながら、フードを犬の頭の斜め上にゆっくり持っていく。
  4. 犬のお尻が下がっておすわりの姿勢になったら、しっかり褒めてあげながらフードを食べさせてあげる。

※あくまで一般的な教え方です。この通りにいかない事も多く、教え方もさまざまです。その子に合った方法を取る事が大切なので、トレーナーなどプロに相談してみる事をオススメします。

なかなかおすわりができない時は、犬の頭の斜め上にフードを持っていきながら、犬のおしりを軽く押してあげると良いです。また、犬の背後に壁などの障害物があると、後ろに下がれないのでおすわりしてくれやすいですよ。

「おすわり」ができない理由と対処法

紹介した方法でなかなかできない場合は、以下のような理由が考えられます。

ご褒美が魅力的ではない

ご褒美としておやつをあげる方法を紹介しているので、おやつに執着がない子だとできない場合があります。その場合は、犬が好きなモノや、好きな事をご褒美としてあげると良いかもしれません。例えば、好きなモノとしては「おもちゃ」や「ぞうきん」など、好きな事としては「一緒に走る事」などをご褒美としても良いでしょう。

安心できない環境にある

「おすわり」は「待て」を教える場合よりも環境が大切な要素となります。屋外など犬が落ち着けない場所ではなく、サークルの中やリビングなど家の中の落ち着ける場所で「おすわり」を教えることで、犬も安心してできることがあります。さらに、犬が正面にいる状態で教えるのではなく、脚側(きゃくそく)といって、隣で少し体が触れている状態で教える事で安心してくれることもあります。

犬が「おすわり」できなくても怒らない事

犬に「おすわり」を教えるポイントは、できなくても怒らず、焦らず、気長に教えていく事です。そして無理矢理させない事です。なるべく犬の方から自主的にできるように誘導していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10