犬の伏せの教え方 | 英語のコマンドやできない時のポイントなど

犬に教える基礎コマンドの一つである「伏せ」ですが、簡単そうに思えて実は難易度が高いです。個体差もありますが、「おすわり」や「待て」よりもスムーズにいかない事も多いかと思います。なかなかできなかったり、「伏せ」をしても一瞬で動いてしまう事も多いです。今回は、犬に「伏せ」を教える方法や英語のコマンド、ポイントなどをドッグトレーナーの西岡が紹介します。

犬に伏せを教える意味

「おすわり」と「待て」ができてるから、うちの子には「伏せ」を教えてないというお話をよく聞きます。ですが、僕が依頼を受けたさまざまなお悩みや困った行動を持つ犬へのトレーニングには、実は結構な割合で「伏せ」を教えますし、できる子にも教え直します。しかも「伏せ」に関しては、他のコマンドに比べてけっこう厳しく教える事もあります(でも叱ったりはしません)。

これは僕の経験からの持論ですが、「伏せ」というのは犬にとっては服従の姿勢に近いです。だからこそなのか、「伏せ」をしたがらない子も多くて、特に屋外や他の人や犬がいる環境では嫌がります。でも、そこで「嫌がるから伏せをさせない」だと結局何も変わらなかったりするので、なんとかいろんな方法で「伏せ」をしてもらいます。もちろん、できたらいっぱい褒めてあげて、遊んであげます。そして、「伏せの姿勢は嫌な事じゃないんだよ」という事を学習していってもらうのです。さらに、それでリラックスできるようにさせていきたいですね。

何かに興奮している犬が「伏せ」をするのはとても難しいのですが、興奮したとしても「伏せ」ができるという事は、その時点でかなり興奮のコントロールができてると言えます。つまり、困っている行動(他の人や犬に吠える、カフェで落ち着かないなど)に対しても、「伏せ」ができるだけで解消される事も多いのです。

とは言え、「伏せ」をさせるだけでは、問題行動を制御しているだけになります。問題行動改善のためには、その行動の原因に対するアプローチも必要にはなります。困った事がある場合はプロのトレーナーさんに相談する事をオススメします。

「伏せ」のコマンドは?

伏せのコマンドは、「伏せ」の他に、「Down(ダウン)」など英語でも構いません。大切なのは、毎回同じコマンドを使って、そのコマンドと取るべきアクションを覚えさせる事です。

「伏せ」の教え方

基本的な「伏せ」の教え方

  1. まずは「おすわり」させて、その上で犬のお尻あたりを少し支えるように持ってあげる。
  2. おやつを指先に持って、犬の鼻先で匂いなどを確認させる。
  3. おやつの匂いを嗅がせながら、おやつをゆっくり真下に下げていく。
  4. 犬が「伏せ」の姿勢になったらおやつをあげて、しっかり褒めてあげる。

なかなかできない時は、ゆっくりと軽く背中を押してあげながら、おやつを下に下げていくと良いですよ。

※あくまで一般的な教え方です。この通りにいかない事も多く、教え方も様々です。その子に合った方法を取る事が大切なので、トレーナーなどプロに相談してみる事をオススメします。

応用的な「伏せ」の教え方

膝立ちして立てた足の下をくぐらせるように「伏せ」をさせる方法もご紹介します。基本的な教え方で教えてもできない場合には、ぜひ試してみてください。

  1. まずはおすわりさせる。
  2. 立て膝をつく。
  3. おやつを指先に持って、犬の鼻先で匂いなどを確認させる。
  4. 足と足の間でおやつを持ち、匂いを嗅がせながら、立てた方の足と床の間をくぐるように誘導する。
  5. 犬が「伏せ」の姿勢になったらおやつをあげて、しっかり褒めてあげる。

リードを短く持って、「伏せ」をしやすいように頭を下に下げるようにしても良いでしょう。やはりポイントは怒らず叱らず、優しく声をかけながら教えてあげる事です。

「伏せ」ができない理由と対処法

紹介した方法でなかなかできない場合は、以下のような理由が考えられます。

ご褒美が魅力的ではない

ご褒美としておやつをあげる方法を紹介しているので、おやつに執着がない子だとできない事があります。その場合は、その子が好きなモノ(「おもちゃ」や「ぞうきん」など)や、好きな事(「一緒に走る事」など)をご褒美としてあげると良いでしょう。

安心できない環境にある

「伏せ」は「待て」を教える場合より環境が大切な要素となります。屋外など犬が落ち着けない場所ではなく、サークルの中やリビングなど家の中の落ち着ける場所で「伏せ」を教える事で、犬も安心して「伏せ」ができる場合があります。

まとめ

犬の「伏せ」は、覚えさせるのが難しいコマンドではありますが、なかなかできなくても怒る事なく、優しく教えてあげる事が大切です。「伏せ」ができる事で、他の人や犬に吠えるなど困っている行動が解消される事も多いので、ぜひ楽しみながらトレーニングしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10