猫に鱈はあげても大丈夫? 栄養や食べる際の注意点などを紹介

猫に鱈はあげても大丈夫? 栄養や食べる際の注意点などを紹介

漢字からも推測できる通り、冬は鱈をおいしく食べることのできる季節です。猫は鱈を食べても大丈夫なのでしょうか? お鍋の具材に鱈を使われる方も多いと思います。今回は鱈に含まれている栄養素や与える際の注意点を紹介します。 

猫はたらを食べても大丈夫?

猫

猫は鱈を食べても大丈夫です。ただし、あげる際にいくつかの注意点があります。一度確認しておきましょう。

小骨

鱈には細かい骨があるため、骨が器官や胃腸に刺さってしまう可能性があります。そのため、細かな骨もきちんと取り除いてから与えてあげましょう。

アニサキス寄生虫

アニサキスは寄生虫(線虫)の一種で、サバやイワシ、カツオ、イカ、サンマ、アジ、タラなどの魚介類の内臓に寄生します。

鮮度が落ちると内臓から筋肉に移動し、生の状態で食べることで、アニサキス寄生虫が胃壁や腸壁に刺入して食中毒(アニサキス症)を引き起こします。

人間だと嘔吐や激しい痛みを伴い、犬や猫にも同様の症状を起こす可能性があります。アニサキスは熱に弱いので、煮たり焼いたりすればほぼ死滅すると考えて大丈夫です。

また、人間であればお刺身を食べる時によく噛むことで、生きたアニサキスが体内に入ることを防ぐことができます。しかし猫によく噛ませるのは難しいので、あらかじめ小さく切って与えてあげるとよいでしょう。

鍋に入っている鱈

鍋の中には、ネギやニラなどの猫が食べてはいけない食材が入っている可能性があります。万が一の恐れがありますので、鍋の食材とは別に茹でてあげた鱈を与えるようにしましょう。


鱈の栄養素

たら

鱈には水溶性ビタミンのビタミン12やカルシウムのバランスを整えるビタミンDが含まれています。

ビタミンB12

ビタミンB12には赤血球のヘモグロビン生成を促進する働きや動脈硬化のリスクを下げる作用があります。動物はビタミンB12を生合成することができず、植物にはほとんど含まれないため肉製品や魚介類から摂取する必要があります。

過剰摂取の心配はありませんが、野菜中心の食生活をしているとまれに足りなくなる場合があり、成長抑制や神経障害を引き起こす可能性があります。

ビタミンD

小腸や腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進し、骨や歯を丈夫にするのを助けます。

猫も安心な食生活を

ねこ

鱈は猫にとって健康的な食材です。骨や生には注意してあげるといいでしょう。キャットフードのトッピングやおやつとして与えてあげることをオススメします。

人間にとって美味しい食材でも、猫にとっては危険な食べ物もたくさんあります。鱈に限らず「この魚を猫は食べていいのかな?」と疑問に思った場合は、すぐに調べるようにしましょう。

なお、本稿は以下を参照して執筆しています。

Share!