犬のハウスのしつけ方は? 教える意味、入らない時のしつけのポイントも

犬のハウスのしつけ方は? 教える意味、入らない時のしつけのポイントも

いつも愛犬がいる場所はどんな場所ですか? ケージやクレートなどの犬が落ち着ける場所を用意してあげることが大切です。しかし、せっかく用意してあげても愛犬がハウスに入らないことに困っている飼い主さんや、市販のものでは家の雰囲気に合わないと思っている飼い主さんも多いと思います。今回は、ハウスのしつけ方やポイント、おしゃれなハウスについて紹介します!

犬のハウスとは

一般的に「ハウス」とは犬の小屋を意味し、ケージやクレートを指します。最近はしつけへの重要性と感心が高まり、犬に「(小屋に)入りなさい」というコマンド(指示語)として用いられるようになりました。

犬にハウスを教える意味・重要性

クレートで寝る犬

東日本大震災の教訓から、日常だけでなく災害時にも必要となる基本的なしつけとして、ハウストレーニング(クレートトレーニング)の認知度が高まりました。クレートトレーニングは家や旅行先の室内施設ではもちろんのこと、車移動や飛行機、電車、新幹線といった公共交通機関での移動、災害時にも応用できるしつけです。

しつけに使うハウスの種類

クレートトレーニングで使用される小屋は「クレート」と呼ばれるコンパクトかつ丈夫で、壁がある物です。ケージやキャリーバッグでは、持ち運びができなかったり、耐久性が低くかったりするため旅行時の移動や災害時には不向きです。そのため、ケージやキャリーバッグとは別にクレートを用意し、愛犬がクレートの中に入って安心できるようにすることが大切です。

クレート

旅行や災害時にも利用できるクレートは、メーカーによっては折りたためる物もあります。クレートは耐久性に優れ、飛行機の利用時にはほとんどの会社がペットクレートを指定しています。犬の大きさや利用目的によって大きさは異なり、室内でお留守番用として使う場合は、犬が中で回れるよりも少し大き目で余裕がある方がいいでしょう。車などの移動時に利用する場合は、クレートの中で回れる大きさで伏せることができる大きさがいいでしょう。大きすぎると移動時に中で大きく揺さぶられることになってしまいます。

リッチェル キャンピングキャリー
リッチェル キャンピングキャリー
Amazonで見る

カラーバリケンネルウルトラMLサイズ
カラーバリケンネルウルトラMLサイズ
Amazonで見る

ケージ

ケージは基本的な犬の部屋となります。寝る場所、餌や水飲みの器、トイレが置けるくらい余裕をもってくつろげる広さが必要です。

   

キャリー

ペットの電車移動やタクシー移動などを持って歩くことが目的として作られているため、小型犬の利用が主でありケージやクレートのような耐久性はありません。飼い主さんが利用しやすい形状でワンちゃんの体重に合わせて選びましょう。
 

リュック

キャリーと同じく、ペットの電車移動やタクシー移動などを持って歩くことが目的として作られているため、小型犬の利用が主でありケージやクレートのような耐久性はありません。飼い主さんが利用しやすい形状でワンちゃんの体重に合わせて選びましょう。
 

ケージリュックの中に入る犬


ハウスのしつけ方

椅子に座る犬

  1. 初めは扉は付けないこと。もしくは、勝手に閉まらないように紐で結んだり固定しておくことからスタートです。


  2. 犬が見ていない時に、ハウスの中におやつを入れておきましょう。できれば音が鳴らないような、柔らかいものがいいです。犬が自分でクレートの中のおやつに気が付くまでそっとしておきます。


  3. クレートの中のおやつを見つけて食べたら、また犬が見ていないうちにおやつを入れておきます。特別褒める必要はありません。


  4. この手順を繰り返します。


  5. 慣れて来たら、クレートの中に毛布などを入れ、簡単に見つけられるおやつと、毛布に隠した少し見つけにくいおやつを準備します。この時も犬に見られないようにすることが大切です。少しずつクレートの中にいる時間が増え、クレートはおやつが出てくる不思議な場所と覚えさせましょう。


  6. 慣れて来たら扉を付け、犬が外にいる状態で開けたり閉めたりして見せます。恐がるようでしたらおやつをあげながら行いましょう。


  7. クレートに犬が入った状態で、おやつをあげながらゆっくりと少しだけ扉を閉め、またすぐに開けてあげます。徐々に、閉める頻度や時間を延ばしていきましょう。


  8. コマンドは焦らなくて大丈夫です。自然と入るようになってから「ハウス」「入って」などのコマンドを入れていきましょう。コマンドは飼い主さんの言いやすい言葉で他には使わない言葉であれば何でもいいので、「帰宅」や「お家」などユニークなものを考えるのも面白そうですね!

大切なのは、扉が急に閉まったり音が鳴ったりして怖がらせないこと。クレートからおやつが湧いて出てくるように思わせることです。飼い主さんがおやつを入れているのが分かると、飼い主さんがいないとクレートでのお留守番できなくなる可能性があります。「飼い主さん=おやつ」ではなく「クレート=いいことがある」という学習にして、犬にとってクレートは「楽しい場所」になるようにしてあげましょう。

犬がハウスから出てこない

犬がハウスから出てこない理由はいくつかあります。

ハウスがお気に入りの場所

散歩やごはんの時以外は出てこないという場合は、その子にとってハウスがお気に入りの場所となっています。「用がないならここにいるわ」という状態はとてもいいことですので、用がないなら扉は開けたままそっとしておいてあげましょう。

ハウスの外に出ると嫌なことがある

旅行先などハウスの外は知らない場所である場合、安心できるハウスから出ないことがあります。また、家であっても飼い主さんが怒っている場合や、散歩が嫌いな子であれば散歩に行きたくないがためにハウスから出ないということが考えられます。

体調がよくない

部屋が寒かったり、具合が悪かったりする場合も出てこないということがあります。犬の息遣いが荒い、名前を呼んでみた時の反応が悪い、食欲がないなどの症状があれば、動物病院に連絡して状態を説明し判断を仰いでください。

おしゃれなハウスを紹介


ケージタイプ

一般的なケージと同様に扉がついていいるので、お留守番時も利用できます。
 

オープンタイプ

扉がついていないので、お留守番時には不向きです。家でのリラックススペースとしての利用がオススメです。
 

クッションタイプ

柔らかい素材でできているので、ベッド代わりとして利用ができます。
 

愛犬のために手作りハウスはいかが?

最近はDIYが流行っているので、愛犬のためにオリジナルのハウスを作ってあげたいと考えている人もいると思います。ハウスを手作りしている人のブログや手作りハウスを紹介しているサイトを紹介します! ぜひ参考にしてみてください。

ブログ:妄想ハウス

脱走癖のある愛犬のためにDIYを決意! 作り方も書いてあるので脱走癖のあるワンちゃんを飼っている飼い主さんは一見の価値ありです。

ブログ:ポテト@柴犬ブログ

こちらは外飼い用の大きめハウスのDIYブログです。大きなハウスにチャレンジしたい飼い主さんにオススメです!

ブログ:ナチュラル色の毎日

家の雰囲気に合わせた家具と一体型のサークルのDIYブログです。愛犬のグッズも管理しやすくなりまね!

ウェブサイト:Pinterest

Pinterestではインテリアやレシピなどたくさんのアイディアが見られます。「犬小屋」で検索するとアイディアたっぷりの写真が一覧で見ることができますよ!

愛犬がハウスで安心できるように

ハウスの一番の意味は、犬が安心していられる場所であることです。オシャレや利便性を求めるのもいいですが、もしもの時のために普段からクレートトレーニングも忘れずに行いましょう!


第2稿:2017年11月30日 公開 初稿:2016年1月1日 公開
Share!