猫はアーモンドを食べても大丈夫? 脂質が原因で消化器系の不調につながる可能性も

猫はアーモンドを食べても大丈夫なのでしょうか? 美容に良いといわれるナッツですが、中でも身近なものの一つがアーモンドです。アーモンドは手に入りやすいので、猫と一緒に楽しみたいという人もいるかもしれません。しかし猫にアーモンドを与えるのはおすすめできません。アーモンドが猫に与える影響を詳しくまとめました。

猫にアーモンドはおすすめしません

猫

私たちにとっては栄養豊富なアーモンドですが、猫には必ずしも必要とはいえない食べ物です。もちろん、少量食べることですぐに大きな問題があるとは言えませんが、積極的に食べさせることは必要ないといえるでしょう。

身近な食材ではあるので、目を離した隙に、パクリと食べてしまったなんてこともあるかもしれません。のどに詰まらせた場合は、すぐに獣医師の指示を仰いでください。また食べてしまった後は個体ごとの相性やアレルギーの心配もありますので、しばらく猫の様子を観察し、気になる症状が出た場合は早めに獣医師に相談しましょう。

アーモンドの成分

アーモンド

アーモンドは栄養価が高く、美容意識が高い人が注目しているナッツの一つです。具体的にどのような成分が多く含まれるのか、気になる詳細を紹介します。

アーモンドの成分(乾、100gあたり)
エネルギー(kcal) 587
水分(g) 4.7
たんぱく質(g) 19.6
脂質(g) 51.8
炭水化物(g) 20.9
カリウム(mg) 760
マグネシウム(mg) 290
リン(mg) 460

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用があります。細胞膜トラブルの原因となる活性酸素、過酸化物に対抗し守ってくれます。細胞膜が壊れてしまうと皮膚病やガン、消化器疾患などさまざまな病気になってしまう可能性があります。

オレイン酸

オレイン酸は不飽和脂肪酸の一種で、コレステロールを下げる効果が期待できます。

リン

リンは歯や骨を丈夫に保ったり、神経や筋肉を正常に保ったりする効果があります。

カリウム

カリウムは塩分を排出する働きがあるので、血圧を維持してくれます。利尿作用が体内の水分量を調整してくれるので代謝が良くなります。

猫にアーモンドを与えるときの注意点

アーモンド

体に良さそうな成分が多くあるアーモンド。しかし、猫にとって気を付けたい成分があります。それは、脂質です。ヘルシーなイメージが強いアーモンドですが、実は脂質が多く含まれています。少量の摂取は問題ありませんが、過剰摂取で嘔吐下痢のほか、最悪の場合、すい炎を引き起こす可能性もあります。

そもそもアーモンドは猫が食べなくてもよい食材なので、無理に与える必要はありません。それでも、猫にアーモンドをどうしてもあげたいというときは、無塩のものを少量だけにしておき、消化しやすいように細かく砕いて与えるようにしましょう。

ビターアーモンドは危険

アーモンドは与え方に注意すれば、少量なら猫が食べても大丈夫ですが、実は気を付けたいのが「ビターアーモンド」です。私たちが普段食べているのは、食用のスイートアーモンドで、ビターアーモンドは野生種やそれに近いアーモンドの木から取れるものです。

現在、日本では食用として輸入することができません。このビターアーモンドには、シアン化合物が含まれていて、毒性があると考えられています。これは猫だけでなく人間にとっても、一定量摂取すると死に至る非常に危険なものです。

アーモンドチョコレートは絶対に与えないで

コンビニやスーパーなどでよく売られているアーモンドチョコレート。とてもおいしいですが、猫にとってチョコレートは中毒性がある食べ物です。猫にアーモンドチョコレートを与えないようにしましょう。


※猫に健康的な食べ物は、栄養がバランス良く摂れるように配合された総合栄養食としてのキャットフードです。雑食動物の人と違って猫は肉食動物です。人の体に良いからといって猫にも良いとは限りません。逆に悪影響となったり、必要な栄養の吸収を阻害したりすることもあります。

ただ、食事は飼い主と愛猫の絆を強くする大切な時間でもあります。同じものを食べたいと思ったり、欲しそうにしている愛猫に少しわけてあげたいと思ったりすることもあるでしょう。そんなときは必ず与えても大丈夫なのかを調べ、適切な与え方や量(あくまでおやつとして)を守り、様子を見ながら与えるようにしてください。