猫はアスパラガスを食べても大丈夫? 生や消化不良には注意が必要

猫はアスパラガスを食べても大丈夫? 生や消化不良には注意が必要

春から初夏にかけて美味しいアスパラガス。ボイルしたり、ベーコンなどに巻いたりして食べても美味しいですよね。しかし猫はアスパラガスを食べても大丈夫なのでしょうか? 今回は、アスパラガスの栄養成分や猫にアスパラガスを与える際の注意点などを紹介します。

食べても大丈夫だけど、与える必要はありません

アスパラ

猫はアスパラガスを食べても大丈夫です。与えても中毒症状は起こしませんが、特別与える必要性もありません。消化不良でないかなどを考慮した上で、キャットフードのトッピング、おやつとして与えてあげましょう。

アスパラガスの栄養素

猫が食べても良いアスパラガスの画像

アスパラガスは、アミノ酸の一種で新陳代謝を促し、免疫力アップや疲労回復が期待されるアスパラギン酸が含まれています。

また、利尿作用があり、腎臓や肝臓の機能回復の側面も持っています。その他にもビタミンや葉酸、食物繊維が豊富な野菜で人間にとって非常に健康的な食材です。猫も同様にアスパラガスを食べさせても中毒性はなく、安全です。

しかし、猫にアスパラガスを与える場合に注意しておくことがあります。

生のアスパラガスや調理方法には注意

ご飯を食べる猫

アスパラガスの茎は非常に硬いです。私たち人間でさえ、生のアスパラガスを噛みちぎることは非常に難しいですよね。猫も同じく難しいのです。そのため、猫が丸ごと誤飲して飲み込んでしまわないように、細かく刻んで茹でて柔らかくなった状態で与えてあげましょう。

誤飲してしまうと、非常に硬いため、胃腸や器官を傷つけたり、腸閉塞になる可能性もあります。

生のアスパラガスは消化に悪い

アスパラ

また、生のアスパラガスは、消化に悪いため、消化不良で胃腸炎を起こし、時には嘔吐下痢の症状がみられます。その場合は、動物病院で診てもらうようにしましょう。アスパラガスではなく、消化しやすいにんじんやセロリ、きゅうりなどを与えてあげることも良いでしょう。

にんじんなどはビタミンが豊富に含まれています。これらを与える際にも気を付けることは、食べやすいように細かく刻んで与えてあげることです。


その他に気をつけて欲しいのが、加熱する際に、バターや塩、油は使わないことです。猫にとって健康的ではありません。そのまま茹でたり蒸して与えてあげましょう。

ダイエットには効果的?

アスパラガス100gあたりに含まれる水溶性食物繊維は0.4gで、不溶性食物繊維は1.4gとされています。水溶性食物繊維は、水に溶けるため、腸の通過時間を延長したり、腸内細菌の栄養源になったり、保水性を高める働きがあります。それに対して、不溶性食物繊維は、水に溶けないため、発酵が遅く、腸管のぜん動運動を刺激し、満腹感を生みます。

また、うんちの量が増えます。そのため、不溶性食物繊維はダイエット効果があります。ただ、食べ過ぎると過剰なガスが産生され、下痢の原因になることもありますので、食物繊維は水溶性と不溶性の両方をバランス良く摂る必要があります。

アスパラガスの葉には注意

アスパラガス

アスパラガスの茎には中毒性はありませんが、葉には中毒性があります。もしアスパラガスを栽培している場合、葉は食べさせないようにしましょう。もし、食べてしまった場合、嘔吐下痢、腹痛などの症状を起こす可能性があります。

適切な与え方をしましょう

食事中の猫

猫はアスパラガスを食べても大丈夫です。しかし、与え方や量には十分注意し、適切な方法で愛猫との食事を楽しんで下さいね。

なお、本稿は以下の情報を参照して執筆しています。

※本記事は猫にアスパラガスを積極的に食べさせることを推奨するものではありません。猫に健康的な食べ物は、栄養がバランス良く摂れるように配合された総合栄養食としてのキャットフードです。雑食動物の人と違って猫は肉食動物です。人の体に良いからといって猫にも良いとは限りません。逆に悪影響となったり、必要な栄養の吸収を阻害したりすることもあります。

ただ、食事は飼い主と愛猫の絆を強くする大切な時間でもあります。同じものを食べたいと思ったり、欲しそうにしている愛猫に少しわけてあげたいと思ったりすることもあるでしょう。そんなときは必ず与えても大丈夫なのかを調べ、適切な与え方や量(あくまでおやつとして)を守り、様子を見ながら与えるようにしてください。
Share!