猫は梅を食べても大丈夫? 生梅や梅の種には中毒成分も

猫は梅を食べても大丈夫? 生梅や梅の種には中毒成分も

梅は猫が食べても大丈夫な食材でしょうか? 日本で昔から愛されている食材の梅は、梅干しにしたり、梅酒や梅シロップにしたりと加工すれば保存が利くため、一年を通して楽しむことができます。そんな梅の実が実るのは6月頃。梅の木が庭にあるおうちでは、梅の実が転がっていることもあるのではないでしょうか。そんな梅に飼い猫が興味を示すこともあるかもしれません。しかし猫にとって梅は注意が必要な食べ物です。その理由を紹介します。

猫に梅を与えてはいけません

ねこ

梅は日本の食文化に深く馴染みがあるもので、口にする機会が多い食べ物ですが、猫には与えないほうが良い食材の一つです。特に生梅や梅の種は絶対にNG。もし、好奇心旺盛な飼い猫が誤って梅を食べてしまったら、かかりつけの獣医師に相談するようにしましょう。

梅の成分

梅

梅はバラ科サクラ属の植物で、2月から春先にかけて、香り良い花を咲かせます。私たちが口にするのは、その後になった「実」の部分です。梅の実に含まれる成分を詳しくみていきましょう。

梅の成分(生、100gあたり)
エネルギー(kcal) 28
水分(g) 90.4
たんぱく質(g) 0.7
脂質(g) 0.5
炭水化物(g) 7.9
カリウム(mg) 240
βカロテン(μg) 220

カリウム

カリウムはミネラルの一つで、細胞内の浸透圧を維持したり、細胞の活性を維持したりする役割があり、体内の不要なナトリウムを輩出してくれます。疲労回復にも良い効果を与えてくれ、欠乏すると「低カリウム血症」を発症することも。

とても大事な成分であることに間違いはないのですが、過剰に摂取すること「高カリウム血症」の原因にもなるので、注意しましょう。

βカロテン

βカロテンは抗酸化作用がある栄養素です。免疫力を高めてくれるので、ガンや心臓病の予防などにも効果的といわれています。これは、人間だけでなく猫にも同様のことです。

また、摂取することでβカロテンがビタミンAに変換されます。ビタミンAは、皮膚のターンオーバーを調整するなどの役割を持っています。

有機酸

梅には、クエン酸やリンゴ酸、コハク酸など多くの有機酸が含まれています。これらには、疲労回復や殺菌作用などさまざまな効果があります。

生梅や種は危険!

梅

一見、体に良さそうな成分がたっぷりの梅ですが、注意が必要です。熟成前の生梅や梅の種には、「アミグダリン」という成分が含まれています。これは、青酸中毒の原因にもなる恐ろしい成分です。 少量であれば問題ないという声もありますが、万が一のことを考えて、猫に与えないようにしてください。わずかな毒が猫の体に影響する可能性はあります。

また、種を飲みこんだことで、喉に詰まらせたり、腸閉塞の原因になったりすることもあります。生梅や種は猫に与えないでください。

梅干しは食べても大丈夫?

生梅ではなく、食卓によく登場する梅干しであれば、種を除けば猫でも食べることができます。ただし、梅干しには塩分が多く含まれていますので与え過ぎはNGです。梅干しに含まれる塩分は、100g中に22.1gほど。梅干し1粒の可食部が12gほどですので、1粒の塩分量は3g弱です。

猫に梅干しをあげる場合、味見程度にしておくのが良いでしょう。香りや強い酸味を嫌がって食べない場合もありますので、無理に与えないようにしてください。


梅酒は絶対に与えないで

自宅で梅酒を作る人もいると思います。とろりと甘い梅酒は、特に女性に人気のお酒です。とはいえ、猫に梅酒は絶対に与えてはいけません。

アルコールは猫にとって非常に危険で、最悪の場合、意識を失って命を落とすことも珍しくありません。


猫に梅は与えないようにしましょう

梅

人間にとっては美味しい食べ物であっても、猫にとってはそうではない場合があります。梅もその中の一つです。生の梅はもちろん、梅干しであっても、なるべくなら与えないほうが良い食材です。猫が興味を持ったとしても、食べさせないようにしましょう。

※猫に健康的な食べ物は、栄養がバランス良く摂れるように配合された総合栄養食としてのキャットフードです。雑食動物の人と違って猫は肉食動物です。人の体に良いからといって猫にも良いとは限りません。逆に悪影響となったり、必要な栄養の吸収を阻害したりすることもあります。

ただ、食事は飼い主と愛猫の絆を強くする大切な時間でもあります。同じものを食べたいと思ったり、欲しそうにしている愛猫に少しわけてあげたいと思ったりすることもあるでしょう。そんなときは必ず与えても大丈夫なのかを調べ、適切な与え方や量(あくまでおやつとして)を守り、様子を見ながら与えるようにしてください。
Share!