猫はレタスを食べてもいいの? 栄養素、レシピ、食べ過ぎによる結石の注意点も

猫はレタスを食べてもいいの? 栄養素、レシピ、食べ過ぎによる結石の注意点も

レタスが好きな猫もいると思いますが、猫はレタスを食べても大丈夫なのでしょうか? 季節によって産地が変わり一年中食べることができる野菜なので、食卓に上る機会も多いと思います。今回はレタスに含まれている栄養素や効果、注意点を紹介します。

食べ過ぎには注意 結石の恐れも

猫

一般的にレタスはアレルギーになりにくい野菜といわれています。

しかし、レタスアレルギーを持っている子もいるので最初は少量を食べさせることからスタートさせてあげましょう。

レタスの中でも、サニーレタスにはカリウムやカルシウム等のミネラルが豊富に含まれています。カルシウムをはじめ各種ミネラル、シュウ酸が多い食品などを多く食べ過ぎると、それが結晶化して腎臓、尿管、膀胱、尿道の中で結石となってしまいます。腎臓に問題がある猫にはあげないようにしましょう。

サニーレタスの栄養素

レタス

レタスには、私たちが普段食べている玉レタスや、グリーンリーフ等たくさんの種類があります。今回は、レタスの中でも栄養が豊富なサニーレタスについて紹介します。

ビタミンC

ビタミンCは、アスコルビン酸とも呼ばれ、生体内の異物解毒や免疫機能を促進します。

ビタミンE

トコフェロールとも呼ばれ、抗酸化作用を持ちます。毛艶を保ったり、アンチエイジングに効果があるとされています。

ビタミンA(β−カロテン)

皮膚や目の健康を保ち、免疫力を正常に働かせる効果があります。

調理方法や部位で変わる栄養素

レタス

生のレタス

生のレタスは加熱等により栄養価が失われていないため、とても健康的です。ただ生野菜は消化されにくいので、細かく切ってあげるとよいでしょう。

茹でたレタス

加熱してしまうとサニーレタスに含まれているビタミンのほとんどを失っていまいます。サニーレタスを加熱する場合は短時間で行うことをおすすめします。

レタスの芯

芯は根の一部なので、土から吸い上げた農薬が凝縮されやすい場所です。加熱しても完全に農薬が除去できるわけではないので、猫にキャベツの芯はあげないようにしましょう。

レタスとキャベツの違いは?

レタスとキャベツはとても見た目が似ていますが、キャベツも猫に与えていいのでしょうか? レタスはキク科の野菜なのに対して、キャベツはアブラナ科と全く違う野菜です。キャベツは結石だけでなく、甲状腺腫にも注意が必要です。詳細は以下の記事をご確認ください。


猫も安心な食生活を

猫

猫はレタスを食べても大丈夫ですが、アレルギーに注意して、与える部位や与え方に気をつけてあげましょう。

サラダに入っているレタスはドレッシングがかかっていることが多いと思います。ドレッシングにはたまねぎアボカド等の、猫が絶対に食べてはいけない食材が入っている可能性がありますので、サラダに入れる前のレタスをあげるようにしましょう。

Share!