猫は生姜を食べても大丈夫? マタタビの代わりに使われることも

猫は生姜を食べても大丈夫? マタタビの代わりに使われることも

生姜は香辛料としても人気で、和食の友としてよく使われています。猫に与える機会はあまりないと思いますが、実際に食べてしまっても問題はないのでしょうか? 生姜から作られるガリは成分上マタタビとは似ていませんが、同じような興奮作用をもたらすことがあるようです。栄養素や詳しい成分、効果、与える際の注意点を紹介しています。

猫は生姜を食べられない?

生姜 ジンジャー

生姜は体の血行を良くし、抗酸化作用も期待できる食材です。猫も少量であれば食べて大丈夫ですが、辛味成分が含まれているので胃腸の負担にならないように注意してあげることが大切です。

猫によっては胃腸の刺激になり下痢嘔吐を引き起こすきっかけになってしまうかもしれません。

生姜の成分

生姜の90%は水分でできています。その他の主な成分は炭水化物やタンパク質ですが、生姜には三種類の辛味成分も含まれています。

  • ジンゲロール
  • 生姜の辛み成分で最も多く含まれています。血流を促進する作用があり、冷えを改善する効果や、免疫力を向上させる効果が期待されています。ジンゲロールは加熱や乾燥によってショウガオールに変化する性質を持っています。

  • ショウガオール
  • ジンゲロールが加熱や乾燥によってショウガオールに変化します。血行を促進し体を温めてくれます。抗酸化作用も期待できます。

  • ジンゲロン
  • ジンゲロールが分解することで生成されます。ジンゲロンには発汗作用があり、老廃物や滞留している水分を排出する作用があります。他の辛味成分と同じく血行を良くし体を温めてくれます。


生姜がマタタビの代わりに?

猫にマタタビを与えると酔っ払ったような状態になることは有名ですが、ネット上でお寿司のガリにも同じような反応を示す猫の様子が見受けられます。

一方ではガリの匂いを嗅いですぐに避け始める子もいるので、猫によるところが大きいでしょう。ガリは人間用に味付けされているので、誤って猫に食べさせないようにしましょう。

3種類の生姜

日本には大生姜、中生姜、小生姜の三種類があります。一般的によくスーパーで売っているのは大生姜で、年間を通して生鮮用や漬物などに使用されています。

中生姜は大生姜よりも辛味が強く、漬物や加工品に使用されています。比較的収穫が多い小生姜は早掘りして、葉生姜やはじかみ生姜などにされることが多いです。

はじかみ生姜
はじかみ生姜

与える時の注意点

猫

生姜は少量であれば猫に与えても大丈夫ですが、中毒などを懸念し「与えない方がいい」という意見もあります。猫の体質や飼い主さんの判断によるところが大きいことですが、与えるとしても最低限の注意点はしっかりと把握しておくようにしましょう。

食物アレルギー

猫によってはアレルギー反応を起こしてしまう子がいます。初期症状として皮膚の疾患が現れる可能性が高いので、フケが出たりずっと肌をかゆがっていたりしていたら、早めに病院に相談してあげましょう。食物性のアレルギーの場合、原因となるものを取り除いてあげれば問題はありません。


アレルギーは摂取後すぐに症状が現れる訳ではなく、1カ月後という場合もあります。そのため何の食材が原因か分かりづらいことが多いので、アレルギー症状が疑われたら動物病院で検査をすることをお勧めします。

与える時は少量から

生姜は人間にとっても特有の香りと辛味の刺激がある食材です。血行を促進し体を温めてくれる効果が期待できるものですが、猫によっては少量でも下痢嘔吐の原因になってしまうかもしれません。もし手作りご飯などで混ぜたい場合はほんの少量からスタートさせましょう。

猫の反応をよく見てみましょう

ねこ

多くの猫は自分から生姜を食べたがることはありません。しかし目を離した隙に台所に登って口に入れてしまうこともあるかもしれません。猫にとってとても害のある食べ物ではないので、すぐに動物病院に駆け込む必要はありません。しばらく様子を見て、行動に異変がないかを注意しましょう。もし気になる点があったら動物病院に連絡を取り、獣医師にいつ、どのくらい食べたのかを伝えて指示を仰ぎましょう。

なお、本稿は以下の情報を参照して執筆しています。
※本記事は猫に生姜を積極的に食べさせることを推奨するものではありません。猫に健康的な食べ物は、栄養がバランス良く摂れるように配合された総合栄養食としてのキャットフードです。雑食動物の人と違って猫は肉食動物です。人の体に良いからといって猫にも良いとは限りません。逆に悪影響となったり、必要な栄養の吸収を阻害したりすることもあります。
ただ、食事は飼い主と愛猫の絆を強くする大切な時間でもあります。同じものを食べたいと思ったり、欲しそうにしている愛猫に少しわけてあげたいと思ったりすることもあるでしょう。そんなときは必ず与えても大丈夫なのかを調べ、適切な与え方や量(あくまでおやつとして)を守り、様子を見ながら与えるようにしてください。
Share!