猫がカニを食べてしまっても大丈夫? 生の状態や殻、甲羅に注意

猫がカニを食べてしまっても大丈夫? 生の状態や殻、甲羅に注意

猫は海産物が好きなイメージがありますが、カニを食べても大丈夫なのでしょうか? 積極的に与えようとしなくても、「目を離した隙に机に乗って食べてしまっていた!」ということはあるかもしれません。猫が食べてしまった時、カニが生の状態だったり、味付けをされた状態だったりすると危険です。与える時の注意点や対処法などを解説します。

猫はカニを食べても大丈夫?

カニ料理

加熱してあれば猫もカニを食べることはできます。

ただし、カニを含むイカエビなどの海産物は、生のまま食べさせるとビタミンB1欠乏症になってしまいますので注意してください。

カニの成分

カニは日本だけでも1000種類以上確認されています。たとえばズワイガニを例に成分の特徴をみてみましょう。ズワイガニはビタミンB12やカリウムを豊富に含んでいて、抗酸化作用も期待することができます。

  • タンパク質
  • 良質なタンパク質を摂ることは代謝と免疫力を保つためにとても大切なことです。カニ身の部分は筋肉のため、高タンパクかつ脂肪がほぼないことが特徴です。

  • ビタミンB12
  • 赤血球中のヘモグロビンの生成を助けたり、神経機能の正常化や睡眠リズムの正常化、そして鉄分と共に貧血を予防する働きがあります。

  • カリウム
  • カリウムは塩分を排出する働きがあるので、血圧を維持してくれます。利尿作用が体内の水分量を調整してくれるので代謝が良くなります。

  • アスタキサンチン
  • ビタミンCやビタミンEと同じような働きをし、ビタミンEの1000倍の抗酸化力があります。目や皮膚、細胞の健康を維持するのに欠かせない成分の一つです。アスタキサンチンはサプリメントで摂取することにも人気があります。

アスタキサンチンPlus
Amazonで見る

カニカマは?

カニカマとは色や食感をカニに似せたかまぼこで、主にスケトウダラを原料としています。カニは入っていません。成分的には特別猫にとって悪いものはありませんが、人間用に加工されているため猫にとっては塩分過多になりやすいです。与える場合は猫用のものをあげるようにしてください。

猫用おやつ オーラルケア カニ風味かま
Amazonで見る

カニを食べる時の注意点


カニは加熱をすれば猫に食べさせても大丈夫ですが、与える際はいくつか注意点があります。もし「愛猫にもカニをおすそ分けしたいな」と思ったら、注意点をしっかりと理解した上で与えるようにしましょう。

生では与えない! ビタミンB1欠乏症

生のカニに含まれているチアミナーゼという酵素は、ビタミンB1を分解してしまいます。ビタミンB1が不足してしまうと、後ろ足のふらつきなど神経症状を起こしてしまいます。

この症状は人間でいう脚気(かっけ)と同じで、江戸時代には多くの死者を出しました。猫は犬よりもビタミンB1要求量が多いため、欠乏症になりやすいです。生のカニは与えないようにしましょう。

甲羅や脚に注意

カニの甲羅や脚、腱を猫が食べてしまうと口内を傷つけてしまったり、胃腸内で消化不良を起こし嘔吐を引き起こしたりしてしまう可能性があります。基本的に硬いところは最初に取り除いてから与えるようにしましょう。

甲殻類アレルギー

人間と同じように猫によっては甲殻類にアレルギーを持つ場合もあります。アレルギー症状の中には下痢なども含まれていますが、必ずしもアレルギーが原因ではない場合もあります。


また、アレルギーは摂取後すぐに症状が現れる訳ではなく、1カ月後という場合もあります。そのため何の食材が原因か分かりづらいことが多いので、アレルギー症状が疑われたら動物病院で検査をすることをお勧めします。

生のカニを食べてしまった時の対処法

カニ

生のカニやイカエビなどを食べてしまった時は、食べた時間、量などをしっかりと把握して動物病院で相談しましょう。

ビタミンB1欠乏症を発症した場合早めの措置が必要になります。まずは電話などで獣医師の指示聞いて従うようにしましょう。決して自己流で吐かせようとしたり、楽観視したりしてはいけません。

愛猫にとって安全なものをあげましょう

ねこ

おいしいものを食べている時、愛猫にもおすそ分けしたくなる時もあるとは思います。しかし猫と人間の体は異なるので、与える前に食べていいもの、食べてはいけないものはしっかりと把握しておくようにしましょう。

※本記事は猫にカニを積極的に食べさせることを推奨するものではありません。猫に健康的な食べ物は、栄養がバランス良く摂れるように配合された総合栄養食としてのキャットフードです。雑食動物の人と違って猫は肉食動物です。人の体に良いからといって猫にも良いとは限りません。逆に悪影響となったり、必要な栄養の吸収を阻害したりすることもあります。

ただ、食事は飼い主と愛猫の絆を強くする大切な時間でもあります。同じものを食べたいと思ったり、欲しそうにしている愛猫に少しわけてあげたいと思ったりすることもあるでしょう。そんなときは必ず与えても大丈夫なのかを調べ、適切な与え方や量(あくまでおやつとして)を守り、様子を見ながら与えるようにしてください。
Share!