犬のアイコンタクトはしつけの基本!教え方をドッグトレーナーが解説

Share!

犬と楽しく生活する上でも、トレーニングとしても、アイコンタクトはしつけの基本です。家にいる時でも散歩中でも、どんな時でもできるようにしましょう。飼い主さんが愛犬を呼ぶことに反応し、目を合わせるということは、信頼関係ができている証拠です。今回は、トレーニングの基本でもあるアイコンタクトについて、ドッグトレーナーの西岡が解説します。

犬とのアイコンタクトの必要性

アイコンタクトする犬

「アイコンタクト」とは、目と目を合わせることですが、犬とのアイコンタクトは「目を合わせる」ということが目的ではありません。

アイコンタクトの目的は飼い主さんに「注目する」「集中する」「意識を向ける」ことです。

アイコンタクトができると、どんな時でも飼い主に注目し、その後のトレーニングもとてもスムーズになります。

アイコンタクトが役に立つ状況

例えば以下のような状況のとき、アイコンタクトが役に立ちます。

  • 外出先で興奮してしまう
  • 他の犬や人に吠えてしまう
  • 車や人通りの多いところなどを怖がってしまう
  • 他の犬とトラブルになりそうになる

このような状況でも、アイコンタクトがちゃんとできるだけで、愛犬を落ち着かせることができ、危険から守ることにもつながります

犬とアイコンタクトをする際の注意点

犬が飼い主さんに注目することでコミュケーションを取りやすくするアイコンタクトですが、親しくない犬の目を見つめることには注意が必要です。

基本的に犬にとって「目を見る」行為は敵意を表す行為です。

犬によっては攻撃的になったり、恐怖心を抱いてしまったりすることもあります。

かわいいからとつい見つめてしまいがちですが、人と同じように犬にもいろいろな性格の子がいます。散歩中やドッグランで出会った犬の目を見つめ続けるのは止めましょう。

犬にアイコンタクトを教え始める時期

飼い主を見る犬

子犬からでも成犬からでも、迎えて1〜2週間後頃が目安です。

家の環境に慣れてきて、自分の名前を覚えたくらいです。早いうちから教えていくことにより、家に慣れるのも名前を覚えるのも早くなる場合もあります。

犬にアイコンタクトの教える方法

振り向く犬

Step.1 落ち着いた室内で始める

  1. 犬が近くで落ち着いてる状況で、名前を呼びアイコンタクトができたら褒める
  2. 少し離れてる状況で同じようにしてみる
  3. 少し興奮してる状況(オモチャで遊ぶなど)で同じようにしてみる

1、2、3と上記のように徐々に難易度を上げていきます。

Step.2 屋外でもできるようにする

  1. まずは、家の前や比較的静かなところから始める
  2. 車が多い大通りや人通りのある商店街でやってみる
  3. 駅前や公園など、人や犬が多い環境でやってみる

上記と並行し、アイコンタクトの持続時間(目があってる時間)も伸ばし、最終的には、どんな場所やどんな環境でもちゃんとアイコンタクトができるように、少しずつステップアップしていきましょう。

\One Point!/
基本となるポイントは、犬にとって「飼い主とアイコンタクトをすることはとても嬉しく楽しいことがある」と理解してもらうことです。

1回の練習時間は5〜10分程度を目安に練習しましょう。

褒めるときの注意点

アイコンタクトが上手にできたときに関わらず、犬とのトレーニングでは「大袈裟に褒めるのが大切」といわれることがありますが、実はそうとも限りません。

例えば、犬の性格によっては大袈裟に褒めると興奮し過ぎたり、逆に萎縮して不安にさせたりする可能性があります。

その子の性格や状況など(室内か屋外か)によっては、穏やかな声で落ち着かせてあげるような褒め方がいい場合もあり、声や動きで褒めるよりも、おやつやおもちゃを使ったほうが効果的な子もいます。

「この子は何をしたら喜ぶか?」をしっかり見極めて、トレーニングに臨みましょう。

まとめ

飼い主を見て笑顔の犬

「アイコンタクト」の目的は、飼い主に「注目させる」「集中させる」「意識を向ける」ことです
アイコンタクトができると、危険を回避することにつながります
目が合うとは愛犬にとって「嬉しいことがある」という教え方をしましょう

愛犬がアイコンタクトの楽しさを理解すると、普段はもちろん散歩中でも嬉しそうに見てくれるようになり、日常がもっと楽しく、ただでさえ可愛い愛犬がもっともっと愛おしくなります。

毎日の生活の中で、今まで以上に楽しい気持ちや嬉しい気持ちをぜひ共有していってください!