日本には洋猫だけで和猫はいない!? おとなしい性格や長毛など洋猫の種類を紹介

日本には洋猫だけで和猫はいない!? おとなしい性格や長毛など洋猫の種類を紹介

現在日本で飼われている純血種の猫はほとんどが洋猫です。残念ながら純血種の日本猫(和猫)はほぼいないといわれています。なぜ日本には洋猫しかいないのでしょうか? その理由や長毛種のノルウェージャンフォレストキャットや短毛種のマンチカンなど、洋猫の種類を紹介します。

洋猫とは

シャムネコ

洋猫の「洋」とは西洋を指す言葉ですね。「洋猫」とはつまり、海外から日本に入ってきた猫全般のことです。一般的に洋猫とは、海外原産のいわゆる血統書が付いた猫たちのことを指していう場合が多いでしょう。それに対して「日本猫」とは、奈良時代にネズミ対策として中国より輸入されて日本に住み着いた「日本古来の猫」(※)と「洋猫との混血種を含む日本に生息している全ての猫」という二つの意味を持っています。

1950年代ごろからペルシャ猫シャム猫など洋猫の人気が沸騰すると、異種交配が盛んに行われるようになりました。犬の場合は「日本犬保存会」のように日本犬(柴犬紀州犬・四国犬・北海道犬甲斐犬秋田犬)の血統を守ろうとする動きがありましたが、猫は交雑が進み雑種化してしまったため、現在では「日本特有の猫」を確認することは難しくなってしまいました。

※猫がどのように日本に定着したかは諸説あります。
参照:「史料解説~猫、大八車に牽かれる」(東京都公文書館)


純血種の日本猫はいない!?

三毛猫

血統書付きの日本猫は存在しないと書きましたが、海外でも日本の猫として知られる「ジャパニーズボブテイル」はどうでしょうか? ジャパニーズボブテイルは名前こそ日本の猫を意味していますが、海外で繁殖させ改良を加えられた種類であるため、古くから日本にいる日本猫とは言えないのです。

ただし現在は戦後持ち込まれた洋猫との交雑が進み、純粋な日本猫と呼べる猫はほとんどいなくなってしまったことを考えるとジャパニーズボブテイルが一番、日本猫の姿を残した猫といえるかもしれません。


洋猫の血を受け継いだ猫が増えている

一般的に「洋猫」とは前述した通り、海外から入ってきた血統書付きの猫たちのことを指す場合が多いですが、現在日本で生息している猫の多くには洋猫の血が入っているといわれています。筆者は保護活動をしておりますが、アメリカンショートヘア柄の猫を保護することは少なくありません。以前、アメリカンショートヘアが日本で人気になった際、放し飼いにしたり避妊去勢をしなかったりした結果だと考えています。


日本には弥生時代から猫がいた!?

古来の日本猫とは奈良時代頃に中国から持ち込まれた猫であると考えられていますが、近年になって弥生時代の遺跡から猫の骨が出土したという報告もあります。いずれにしても古くから猫は珍しい動物であり、ネズミを捕るためという使役動物だけでなく、愛玩動物として放し飼いにせずにつないで飼うほど大切にされることもあったようです。


洋猫との交雑化

海外では原産の猫種を守るという活動により、ターキッシュバンなどの珍しい猫も現在まで存続することができています。しかし日本では日本猫を守ろうという気運が生まれず、日本にいる多くの猫が洋猫との雑種となっているのが現状です。

筆者たちボランティアはさまざまな猫を保護します。猫は交雑化が進んでいるので系統を判別するのは難しいのですが、日本猫の血が濃そうな子と洋猫の血が入っているなと考えられる子は、ある程度区別して見ることができます。子猫の親たち、またその親がどのような血統だったのか突き止めることはできませんが、アメリカンショートヘア柄のようにはっきりとわかる場合もあります。また「被毛が長い」「体格が大きい」「顔が丸みを帯びている」など、洋猫の血が入っていそうな要素が多い猫は、「この子は洋猫の遺伝子が強く出ている」というふうに考えることもあります。


ツシマヤマネコやイリオモテヤマネコは日本猫?

日本古来の猫を確認することは難しいと書きましたが、ツシマヤマネコやイリオモテヤマネコはどうでしょうか? 日本に生息するヤマネコは対馬のツシマヤマネコと西表島のイリオモテヤマネコだけです。ツシマヤマネコもイリオモテヤマネコもベンガルヤマネコから分岐したのは10〜20万年前と考えられています。

どちらもネコ科動物ではありますがベンガルヤマネコの亜種で、ペットとして飼われているイエネコはヨーロッパヤマネコが家畜化されたものです。広義の猫としては、ツシマヤマネコとイリオモテヤマネコが確実に確認できる日本猫と呼ぶことができるかもしれません。ただ、私たちが「猫」と呼ぶ場合は基本的にイエネコのことを指しますので、本稿でも「日本猫」はイエネコを前提としてお話ししています。



洋猫の性格

メインクーン

洋猫といってもさまざまな猫種が存在しているので、「洋猫の性格」というより、猫種ごとに性格の傾向があります。おとなしいといわれる洋猫は、ラグドールペルシャ猫マンチカンなどで、人懐っこい猫として挙げられるのは、アメリカンショートヘアメインクーンノルウェージャンフォレストキャットなどです。

猫の種類によって活発であったり、おとなしかったりという傾向はありますが、あくまでもこれは傾向であり、雄と雌の性別の違いやその子の個性によりその猫種の傾向に当てはまらない場合もありますので、あくまでも参考程度にとどめておくほうがいいでしょう。

洋猫の大きさ

大きさも種類ごとに違うので、洋猫は大きいとか小さいとかは一概に断定できません。ただし、日本猫に比べるとかなり大柄な猫が洋猫の種類の中にはいるので、大柄な子を保護したときには、もしかして洋猫の血が濃いのかもしれないなというふうに考える場合もあります。

大きい猫として知られる洋猫として、メインクーン、ラグドール、サイベリアン、ノルウェージャンフォレストキャットなどが挙げられます。メインクーンは大きい子で10kg以上になる子もいるので、日本猫と呼ばれる子たちに比べるとかなり大柄です。

大柄な猫は意外にも性格が穏やかという傾向があります。筆者が終生保護している体重が7kgある長毛の猫は、顔つきからもメインクーンの血が入っているかもしれないと思わせるような子ですが、性格はとても穏やかなので保護した子猫たちに大変人気です。

一方で、洋猫の中には小柄な猫も存在します。小さい猫として、マンチカン、ミヌエットシンガプーラなどが挙げられます。これらの猫は成猫になっても体重が2~3kgくらいにしかならない子たちですが、やはり個体差はあるのでそれ以上大きくなる子もいます。

洋猫の寿命

ベンガル

寿命も洋猫か日本猫かという区別というよりも猫の種類によって変わってきます。純血種である洋猫の中には遺伝性疾患を持つものもいます。例えば耳折れがかわいいと人気のスコティッシュフォールドは耳折れ自体が「骨軟骨異形成症」という疾患で、スコットランド動物虐待防止協会(SSPCA)はスコティッシュフォールドの繁殖を止めさせるようにスコットランド政府に呼び掛けをしています。

純血種と雑種を比べると雑種のほうが長生きする傾向があるのは犬も猫も同様ですが、純血種の猫であっても古代から生息しており、その習性や様態をほとんど変えずに大切に保存されてきた猫たちは丈夫であることが多いようです。いずれにしても寿命は先天的なものだけでなく、その後の飼育環境にも大きく左右されます。純血種であれ雑種であれ、飼い主さんがきちんとした環境で育てることが長生きにつながるのは言うまでもないことでしょう。


洋猫は長毛?

チンチラ

日本にもともといた猫たちは、短毛種であるとされています。現在は交雑化が進んでいるので、筆者も何度も長毛の猫を保護したことがありますが、やはりそれは洋猫の血が混じった結果なのではないでしょうか。

現在、血統書がついている長毛の洋猫を放し飼いにされている方はあまりいないかもしれませんが、日本では一昔前は猫は放し飼いにするのが一般的で、避妊・去勢もされていないことは少なくありませんでした。その結果、日本猫たちと交配し、血統書付きの洋猫でなくても長毛の猫達も多く生まれるようになったと考えられます。

洋猫の里親になるには

ペットショップやブリーダーで販売されている猫はすべて洋猫ですね。洋猫を家族に迎えるには猫を販売しているところに行けば手に入れることはできますが、洋猫の里親になるという方法もあります。残念ながら日本では猫の遺棄の数は多く、飼ってみたものの面倒を見切れなくなった、生活環境の変化などにより飼うことができなくなったなどの理由により簡単に猫は捨てられています。

雑種の猫たちだけではなく本来は血統書がついていた猫であろう子たちもたくさん里親募集されています。もしそのような洋猫たちの里親になりたい場合は、「OMUSUBI」(お結び)などのサービスを利用してみるといいでしょう。里親に応募する場合、条件などが決められていることがほとんどですので、よくその条件を読み、納得した上で応募するようにしてくださいね。

洋猫と日本猫の区別は難しい

現在、日本には純血種の猫は洋猫しかいないと考えられています。皆さんの周りにいる多くの雑種猫たちは少なからず洋猫のDNAを受け継いでいると考えられます。現在では、売られている猫以外は洋猫、日本猫といった区別は難しくなってきています。筆者は純血種にこだわる考えを持っていませんが、純血種の猫ちゃんを迎えた方には、完全室内飼育をして望まない繁殖はしないようにしてほしいなと思います。アメリカンショートヘア柄の捨てられた子猫を保護するたびに、この先、足が短いマンチカンの血を引くであろう子や耳が折れたスコティッシュフォールドの血を引くであろう子猫を保護をすることにならなければいいなと願っています。

Share!