猫で大型はメインクーンだけじゃない! 人気の種類や飼い方、注意点を解説

猫で大型はメインクーンだけじゃない! 人気の種類や飼い方、注意点を解説

猫は犬に比べれば大きさの違いはそれほどありませんが、それでも3kg程度しかない小さな子もいれば、倍の6kg以上、大きい子では10kgを超える子もいます。日本で見かけることが多いのは3~4kg程度の中型の猫で、それ以上の大きさになると少し珍しいかもしれませんね。今回はメインクーンやラグドールなどの人気の種類や飼育する際の注意点などを解説します。

大型猫の体重は何kg?

猫

大きい猫として有名な種類が「メインクーン」ですね。メインクーンの標準的な体重はメスで4~6kg、オスで6~8kgとされています。日本でよく見かける雑種猫たちは、だいたい中型で3~4kgほどですから、その2倍以上の大きさがあることになります。

猫のサイズ

犬が「小型犬」「大型犬」と分類することができるように、猫もサイズの違いで以下のように分類することができます。

小型猫:体重が3kg程度

シンガプーラマンチカンミヌエットリコイなど。

小型〜中型猫:平均体重は3kg後半程度(※オスメスによって違いあり)

アメリカンカールアビシニアンジャパニーズボブテイルシャム猫コラットトンキニーズラパーマロシアンブルーなど。

中型猫:体重が4kg程度

エジプシャンマウスフィンクス猫バーミーズボンベイ猫など。

中型〜大型猫:平均体重は4kg後半程度(※オスメスによって違いあり)

アメリカンショートヘアエキゾチックショートヘアオシキャットクリリアンボブテイルシャルトリュースコティッシュフォールドセルカークレックスソマリバーマンヒマラヤンペルシャベンガル猫など。

大型猫:体重が5kg程度

サイベリアンサバンナキャットメインクーンラガマフィンラグドールノルウェージャンフォレストキャットブリティッシュショートヘアなど。

大型猫の特徴

ラグドール

大型の猫の中にもさまざまな種類があり、それぞれ特徴や傾向があります。大型の猫に共通して見られる特徴を紹介します。

がっしり体型

種類によってそれぞれ特徴がありますが、大型の猫種だからといって太っているというわけではなく、骨格もがっしりしていて筋肉質なしっかりとした体型であることが多いです。

長毛が多い

種類によって生まれた背景が異なりますが、交配によって生み出されたのではなく、古来から存在しているとされる大型の猫種は北欧やロシアなど、北の地方出身であることが多い傾向にあります。そのため寒さに強い毛の長い種類が多いです。

大型の猫として有名なメインクーンの起源ははっきりしていませんが、バイキングが公開に連れ出した猫がほかの猫と交配を繰り返し、厳しい環境を生き抜くために世界最大の猫種となったという説もあります。バイキングが連れていたのは、「ノルウェージャンフォレストキャット」ではないかと言われています。

ノルウェージャンフォレストキャットも体が大きな猫で長毛です。もともと砂漠地帯出身であったイエネコが人の手によって寒い地方に連れてこられ、その厳しい環境で生き抜くために大きな体と長い毛を持つようになったようです。

大型猫には長毛種が多い傾向にはありますが、サバンナキャットブリティッシュショートヘアなど短毛種もいます。

寿命

猫の平均寿命は生活する環境や飼われ方によってだいぶ差が出ます。放し飼い、完全室内飼育を含めたペットとして飼われている猫の平均寿命は、2016年時点では15歳程度とされています。完全室内飼育では約16歳程度まで平均寿命が伸びます。

犬は大型犬ほど寿命が短い傾向にありますが、猫の場合は大型の猫種であっても平均寿命が9~15年と、中型の猫種とほぼ変わりありません。猫の種類によって多少の違いはあるようですが、大型の猫だから特に短命であるという特徴が顕著であるわけではないようです。

純血種の大型の猫は完全室内飼育されている場合が多いと予想されますので、完全室内飼育の猫の平均寿命に比べると若干短めかもしれませんね。しかし、猫の寿命の長さは、猫の種類によるというよりもどんな飼い方をするか、どのような環境で暮らしているかの方が大きな影響を及ぼすようです。

子供時代が長い

一般的な猫はだいたい半年で性的に成熟し、ほぼ1年で体の大きさが大人の体になります。また精神的には2年程度で成熟することが多いです。それに比べると大型の猫は成長のスピードがゆっくりです。身体的に成猫となるためには2~3年程度の時間が必要とされており、体が成長しきるまでに他の一般的な猫よりも長い時間がかかるのです。

子猫の期間が長いというと、いつまでも子猫でいてくれるのは嬉しいと思う方もいるかもしれませんが、大人になる前の体は猫風邪などの感染症にかかりやすい傾向がありますし、大きくなる体をしっかりと維持させるために栄養をきちんと摂らせることも大切になってきます。つまり気をつけてあげなければならない期間が長いということでもあるのです。

性格

大型の猫種はその見た目とは裏腹に、フレンドリーで人懐こく、穏やかな性格であることが多いようです。世界最大の猫種とされているメインクーンの別名は「ジェントル・ジャイアント」。優しい巨人という意味です。

また声も高く可愛い声をしていることが多いようです。筆者宅にも、もしかしてメインクーンの血でも入っているのではと思わせる体重が7kgグラムの雑種のオス猫がおりますが、この子の性格はやはり優しく、穏やかで我慢強いです。筆者は保護活動をしているので毎年10匹以上の子猫を保護するのですが、この子はいつも子猫たちに大人気です。

ただし、猫の性格はそれぞれの個性や育った環境などに大きく左右されます。一般的に大型の猫は穏やかな性格とされていますが、あくまでもそれは「その傾向がある」とういうことであり、個性によって違いはあります。

大型猫の種類

代表的な大型猫の種類を紹介します。

メインクーン

メインクーン

メインクーンはアメリカのメイン州に古くから生息していた猫種です。起源について詳しいことは分かっておらず、「猫とアライグマのハーフである説」や「マリーアントワネットの飼い猫だった説」など、さまざまな仮説が立てられています。猫の中でも大型猫に分類されており、「世界で一番大きいイエネコ」としてギネスに認定された子もいます。


ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャット

近年、日本でも人気になりつつあるノルウェージャンフォレストキャットは豪華な毛並みが美しく、世界中にファンがいる猫種です。起源について詳しいことは分かっていませんが、北欧神話に登場したり結婚式で花嫁に贈る風習があったり、北欧で古くから愛されてきた猫種だということが推測できます。

雄の成猫の体重が5k~7kgほどです。成長にかかる時間は長く、5歳ほどでようやく大人の猫になるようです。


サイベリアン

サイベリアン

サイベリアンはロシア原産の猫です。ロシアのプーチン大統領から秋田県知事に贈られことが、日本で話題になりました。シベリアの寒さに耐えるために備えた豪華な被毛が特徴です。一般的な猫の被毛はシングルコートかダブルコートですが、初期のスタンダードのサイベリアンの中にはトリプルコートだといわれた子もいたようです。

オスの体重は4~9kgほどで、ときには10kgを超えることもあるかなり大型の猫種です。やはり我慢強く、温和な性格でふわふわの毛が魅力の猫です。


ラグドール

ラグドール

ラグドールは古くからいる猫ではなくアメリカにいたペルシャ猫のブリーダーが作出した猫で、オスで6~9kg程度になります。

ブルーの瞳とポイントカラー(顔の中心や尻尾などの末端部分の色が濃く、体の中央部は薄い色)が魅力的な猫種で、ぬいぐるみのように大人しいことから英語で「ぬいぐるみ」を意味する「ラグドール」という名前が付けられました。


ラガマフィン

ラガマフィン

ラガマフィンはラグドールを基に交配して作出された猫種です。ラグドールと見た目が非常に似ていることから、純血種として認めていない血統書登録団体もあります。


サバンナキャット

Photo by
Photo by simba.bengal_nala.savannahさん Thanks!

サバンナキャットはサーバルというアフリカに生息しているヤマネコとイエネコを交配させで生まれた猫種です。体重が9~18kgほどの中型の肉食獣であるサーバルの血を引いているために、サバンナキャットもかなり大柄な猫で、雄で6.5~12kgほどになります。

人工的に作出されたこともあり、大型の猫種としては珍しく短毛種です。交配に使われたサーバルの血の濃さでF1〜F7に分類することがあり、数字が小さいほどサーバルの血が濃いとされています。非常に野性味にあふれた外見をしていますがフレンドリーな性格の猫です。


ブリティッシュショートヘア

ブリティッシュショートヘア

ブリティッシュショートヘアは『不思議の国のアリス』に登場するチェシャ猫のモデルとしても知られています。ブリティッシュショートヘアは一般的な猫種に比べると、しっかりとした毛が高密度で生えていることが特徴です。
※ブリティッシュショートヘアーは「中〜大型猫」に分類されることもあります。

雑種の大型猫

最近は雑種の猫たちにも長毛で大柄の猫を見かけるようになりました。筆者の愛猫の体重7kgの雑種の猫も長毛です。もともとは保護猫で、いったん里親さんの元に行ったものの返されてしまったため、今は筆者の愛猫として暮らしています。

先日の保護猫の譲渡会にはノルウェージャンフォレストキャットの血が入っているのではないかと思わせるような長毛種の大柄の子も参加していました。日本にも大型の猫が輸入され、それらの猫が完全室内飼育ではなく、避妊去勢をされずに放し飼いにされた場合には大型の雑種の猫が生まれる可能性があります。

保護活動をしている身からすればこれは決して喜ばしいことではありません。里親募集をすると長毛の子は人気が高いのですが、これは正しく猫を飼育しなかった結果、捨てられた子たちですので、このような子たちが増えることがないように願いたいです。




大型の猫を飼うときに注意したいこと

猫

体が大きいと注意した方がいいことがあります。

食事

体が大きく筋肉質であるために、その体を維持してあげるためには高タンパク・低カロリーの品質の良い食事を用意してあげる必要があります。大型の猫種は成長に時間がかかる場合が多いので、特に子猫のときは十分に栄養が摂れるようにしてあげたいですね。

広いスペース

中には10kg以上になることも珍しくない大型の猫を飼育する際には、広いスペースの確保が必要でしょう。猫の安全を守り、寿命伸ばすためには完全室内飼育をすることが大切です。穏やかな性格であっても遊んだり走ったりするスペースは必要なので、猫ちゃんがストレスを感じない広いスペースで飼育してあげたいですね。


しっかりしたキャットタワー

室内飼育で猫のストレスを減らすためにはキャットタワーは必需品です。高い所に登ることによって猫はストレスを感じず生活することができるからです。体重が重い猫用のキャットタワーは、やはりしっかりしたものを選びたいですね。


トイレ

大型の猫を飼う際にはトイレも大きなものを用意してあげましょう。筆者の家にも大きな子がいるのでその子が入っても充分余裕があるトイレを用意しています。通常のシステムトイレは大型の猫にとっては小さすぎるのでトイレ失敗の原因になる可能性があります。

筆者の愛猫はカバー付きのシステムトイレは窮屈であるようで使用しません。カバーなしのシステムトイレを愛用しています。大型の猫を飼う際にはトイレも大きなものを用意してあげましょう。最近では大型の猫様のシステムトイレも発売されているのでそれらを利用してもいいですね。


大型の猫を飼いやすい?

猫

大型の猫は飼いやすいのでしょうか。

運ぶのに力が要る

猫は完全室内飼育が推奨されますし、散歩に連れ出したり遊びに連れ出したりするのはかえってストレスです。そのためあまり猫を連れて歩く機会はないかもしれませんが、ワクチンの摂取など年に何回か動物病院に行く必要はありますね。

その際に飼い主さんが猫をキャリーケースなどに入れて運ばなければならないのですが、大型の猫を運ぶことができる頑丈なキャリーケースはやはりそれ自体の重さもかなりあります。「猫の体重+キャリーケース」の重さを飼い主さんは持ち上げて運ばなければなりません。大型の猫を飼う際は、猫を連れて病院に行くことができるかどうかも十分に考慮したほうがいいですね。


多頭飼育しやすい

一般的に大型の猫は穏やかな性格で他の猫やペットと仲良くなれることが多いです。多頭飼育や他のペットと一緒に飼うことも可能な場合が多いです。ただし一般的に穏やかな性格といっても猫それぞれの個性がありますので、その子の個性を見極めたうえで、多頭飼育をするかどうか決めてあげてくださいね。


なんでも大きいものが必要

猫が大型であればトイレや猫ベッドやケージなど、全て大きなものが必要になってきます。やはり通常よりも大きな物は値段が高価になる場合が多いので、それらの費用を負担することについても考えた上で、大型の猫を飼育することを決めた方がいいですね。


ブラッシングが必要

中には短毛の大型の猫もいますが、大型の猫の多くは長毛種です。そのため他の猫よりも頻繁にブラッシングをしてあげる必要があります。猫の世話に時間をかけてあげられるかどうか、ご自身のライフスタイルも考えてみる必要があるでしょう。


飼えるかどうか十分検討を

これまでご紹介してきた通り、大型の猫は一般的に性格が温和でフレンドリーな子が多いです。そういう面からは飼いやすいといえるでしょう。ただし、飼育する面では体が大きい分、生活スペースや食事の面で気を付けてあげなければならないことも多いですね。

病院に連れていく際にも、自動車を使うことができなければ、その子をキャリーバックなどに入れて飼い主さんが持って歩けるかどうかなども重要な点ですね。飼い主さんの生活環境をかえりみて、大型の猫でも飼えるかどうか検討してから家族に迎えると安心して猫ちゃんとの生活を楽しめるでしょう。

Share!