猫がキックしてくる意味とは? おもちゃでストレス解消も

猫がキックしてくる意味とは? おもちゃでストレス解消も

猫が足をバタバタと蹴り上げる猫キック。ついつい動画に収めたくなるほど可愛い仕草ですが、本気でキックされると結構痛いこともあります。そんな時は「もしかして怒っているの?」と不安になるかもしれませんね。猫にとってキックは攻撃なのか、それとも純粋にじゃれているのでしょうか? 今回は猫のキックについてどんな意味があるのか解説していきます。

猫のキックとは


キックをする猫

猫のキックは本能的なしぐさの一つといわれています。狩りをして、獲物を捕らえた時の行動の名残としてキックすることがあるのです。

もともとは本能的な攻撃行動ですが、猫がキックするときは必ずしも「怒っている」「敵意をもっている」というわけではありません。

気持ちが高まったり、興奮したりするときに多くみられる行動でもあり、甘えたりじゃれたりしているときにも見られます。

猫がキックしながら構ってほしいアピールを始めたら、積極的にコミュニケーションをとっていきましょう。猫との愛情を深めるチャンスになりますよ!

猫のキックの意味

じゃれる猫

猫がキックをするときの気持ち、行動の意味を解説していきます。

甘えている・じゃれている

猫がゴロゴロと寝転がってリラックスしている状態でキックをしてくるときは、甘えている可能性が高いです。

もっと構ってほしい、遊んでほしいというサインでもあります。猫からのコミュニケーションやお誘いでもあるので、できるだけ応じてあげましょう。

猫同士のコミュニケーション

猫同士に見られる蹴り合い。これは猫同士のコミュニケーションの場合があります。特に仔猫は狩猟本能の名残で、遊びながら狩りの練習をしているとも考えられます。

ただ、あまりにエスカレートして喧嘩になってしまった場合はご注意を。猫同士がケガをしないように気をつけてあげましょう。

怒っている

猫のキックには本能的な攻撃性の意味がある場合もあります。不満や嫌な思いを表現する時のキックにはご注意ください。

じゃれている時とは違い、少し距離感をとりながらのキック、威嚇している様子があるときは猫が怒っている可能性が高いです。

そういうときは少し距離をとって、猫が何を嫌がっているのかしっかり観察してから接していきましょう。無理に近寄ったりコミュニケ―ションをとろうとしたりすると、猫のストレスになることがありますし、人間のほうも猫のキックで思わぬケガをしてしまうかもしれません。

ストレス・運動不足

猫がソファやクッションなどに向けてキックを繰り返している時は、ストレス解消や運動のために身体を動かしている場合があります。

室内飼いの若い猫に良く見られる行動です。あまりひどくなるとお家や家具が傷ついてしまう場合があるので、蹴りやすいおもちゃを与えるなどして対処してあげると良いでしょう。

手作りで専用のまくらを作ってあげてもよいですし、猫のキック専用のけりぐるみもあるようですよ。


猫キックで気をつけること

覗く猫

猫のキックは攻撃の意志がなくても結構な威力があります。猫はもともと狩猟動物ですし、脚力も強く、油断していると痛い思いをしてしまいますよね。

さらに爪が伸びていると飼い主さんはもちろん、猫自身もケガをしてしまう可能性もあります。猫のキックが頻繁な場合は、爪切りケアは必須です。

もし猫のキックでひっかかれてしまってケガをした場合、細菌感染の可能性もあるのでしっかり消毒して手当てをしましょう。

同時に猫の爪も折れたりしていないか、ケガをしていないか、チェックしてあげることが大切です。また、猫のキックを辞めさせたいときは猫の意識をそらしてあげると良いでしょう。

音を出したり、おもちゃを与えたりするなど他の刺激を与えてあげることが有効ですよ。

互いに気持ちの良い関係を

猫

猫の「構って!」の意志でもあるキック。威力が強すぎたり、頻繁すぎたりしても少し困りますよね。猫のキックは本能行動ですし、物理的にやめさせることは難しいので、飼い主さんが構いすぎず適度に距離をもつことで、改善されることもあります。

ちょっとかわいそうかもしれませんが、頻繁にキックするのであれば、必ず構ってもらえるわけではない、と覚えさせるのも対策の一つです。

愛猫の様子をみながら、気持ちの良い関係を保っていきましょう。

Share!