犬の近親交配や遺伝の仕組みを専門家が解説 遺伝疾患や障害を引き起こす交配とは

犬の近親交配や遺伝の仕組みを専門家が解説 遺伝疾患や障害を引き起こす交配とは

犬の健康を考える上で遺伝学を理解しておくことはとても重要です。家族として時を過ごしてからしばらくして、あるいは大分たった後に突然難病が発生するかもしれません。遺伝の基礎とともに、避けては通ることができない近親交配について、個体群管理専門家の冨澤が解説します。

優性遺伝と劣性遺伝

犬

「優性遺伝」と「劣性遺伝」という言葉を耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。2017年、日本遺伝学会「優性」を「顕性」「劣性」を「潜性」とすると発表をしました。以下は、遺伝学用語改訂の際の発表文を抜粋したものです。

遺伝学用語改訂について

「優性、劣性」は遺伝学用語として長年使われていたが、優・劣という強い価値観を含んだ語感に縛られている人たちが圧倒的に多い。疾患を対象とした臨床遺伝の 分野では「劣性」遺伝のもつマイナスイメージは深刻でさえある。一般社会にもすでに定着している用語ではあるが、この機会に、歴史的考察もしなかがら、語感がより中立的な「顕性、潜性」に変更することになった。


しかし、まだ「顕性、潜性」という言葉が一般には浸透していないため、今回は従来通り、「優性、劣性」という語彙を使ってお話を進めていきます。

メンデルの法則:優性遺伝

「メンデルの法則」という言葉を聞いたことがあると思います。「つるつるのお豆としわしわのお豆がうんぬんかんぬん…」というものです。これが今日の遺伝学の基礎となっており、これからお話する近親交配にまつわることにも深く関わってくるものなので、少しだけメンデルの法則のお話をさせてください。

メンデルの法則には、三つの法則が含まれています。そのうち、今回は「優性の法則」と「分離の法則」を使います。「遺伝子には強いのと弱いのがいるよ!」ということだけ覚えていただければOK!

まず、以下の図をご覧ください。

メンデルの法則:優性遺伝

図には「A」と「a」の二つの遺伝子があります。Aの遺伝子は犬を短毛にし、aの遺伝子は犬を長毛にする特性を持っているとします(図でaaの遺伝子を持っているのは長毛の犬です)。

この二つのうち、Aのほうが強くて、Aが一つでもあるとaの遺伝子の持っている特性(長毛になる)は現れないと思ってください。つまりこの図では、「aaという遺伝子を持たないと長毛にならない」ということです。

AAの遺伝子を持つ短毛の犬と、aaの遺伝子を持つ長毛の犬に子どもが生まれた場合、子どもは全員Aaという遺伝子を持つことになります。全員短毛の子どもが生まれるということですね。これを「優性遺伝」といいます。

メンデルの法則:劣性遺伝

では次に、生まれてきた子どもたち同士を掛け合わせたらどうなるのかを見てみましょう。先ほどお話をした通り、Aという遺伝子が一つでもあれば短毛の犬になります。そしてaの遺伝子が二つになったときに初めて長毛の犬が生まれます。

メンデルの法則:劣勢遺伝

今回は母親も父親も短毛でしたが、子どもには長毛の犬が生まれました。これを「劣性遺伝」といいます。そしてこの場合のaの遺伝子のことを「劣性遺伝子」といいます。「劣性」と聞くと、「何か劣っているのか」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、先にお話したように、遺伝子には強いのと弱いのがいます。そして、その弱い遺伝子が劣性遺伝子なのです。決して劣っている遺伝子というわけではありません。

犬の近親交配とは

犬

現在犬種として確立されている犬において、どうしても避けられない問題に「近親交配」があります。近親交配は「インブリード」とも呼ばれ、遺伝学的に関係のある個体同士を掛け合わせることを意味します。

つまり、「父親と娘」「母親と息子」「祖父と孫娘」「祖母と孫息子」「兄弟同士」「従兄弟同士」などというように、遺伝学的に関係のある犬同士を掛け合わせることです。こうして生まれてきた子どもは「近親交配個体」と呼ばれます。近親交配個体には、奇形や感覚障害といった、先天的な問題が生じる場合があります。

先天的であるということは、「生まれたときに備わっている」、あるいは「生まれつきにそうである」ということを意味していますので、もしなんらかの奇形や機能障害をもって生まれてきた場合には、生まれてきた後にどんなことをしても根本的にそれを変えることはできません。つまり、近親交配がおこなわれるということは、なんらかの悪影響が及ぼされる可能性があるということなのです。

しかし、その悪影響は必ずしも100%及ぼされるわけではありません。以下の図をご覧ください。

犬の近親交配

この図では、「父親A」と「娘C」の間に「子どもD」ができています。この場合に、AがEと、eという対立遺伝子(※)を持っていたとします。対立遺伝子は、母親と父親から一つずつ子どもに受け継がれるものです。

Aからは、CにもDにも対立遺伝子が受け継がれます。そして、CからもDに対立遺伝子が受け継がれます。この場合に、AからもCからも同じ対立遺伝子が受け継がれる確率(つまり、EとE、あるいはeとeになる確率)は、「EE」と「ee」で12.5%ずつです。逆にいえば、75%の確率で異なる遺伝子がくるということになります。同じ対立遺伝子が受け継がれた場合に、子どもに悪影響が及ぼされることになります。つまり、先ほど申し上げた先天的な問題が生じることになるのです。

これはあくまでも確率の問題ですので、ある一腹の子どもたちにおいて、全員が健康で全く害を及ぼしていない場合もあるでしょう。あるいは逆に、全員に何らかの悪影響が及ぼされるということも考えられます。

※対立遺伝子についてはWikipediaのページが参考になると思います。

近親交配と致死遺伝子

犬

遺伝子の中には、「致死遺伝子」(※)というものがあります。この遺伝子を一つだけ持っている場合は、致死性が発現しません。つまり健康に暮らしていくことができます。しかし二つ持っている場合、死産や流産を招いたり、生まれても早くに亡くなってしまう可能性があります。

致死遺伝子は、何か毒性をもっているものというわけではありません。突然変異を起こして、その作用が異常になることで、犬の発生や生存が困難になり、その結果その犬は亡くなってしまうというものです。「致死遺伝子を持っていない犬を探せばいいことじゃないか」と思われるかもしれませんが、それは簡単なことではありません。

なぜならば、致死遺伝子を一つだけ持っていれば、健康に暮らしているからです。外見上は、致死遺伝子を全く持っていない個体と差がありません。繁殖をすることによって初めて発覚することも少なくないのです。と言うと、「致死遺伝子は劣性なの?」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、実は致死遺伝子の多くは優性の遺伝子です。

致死遺伝子を一つだけ持っている状態において、ある部分に異常が現れ、致死作用が劣性として作用するようになります。そして致死遺伝子を二つ持った個体において、初めて死に至らせることになるのです。

20180202_kinshinkohai_ky_004

※致死遺伝子についてもWikipediaのページが参考になると思います。

犬の近親交配を防ぐには

犬

近親交配を防ぐためには、従来とは全く別の血統と掛け合わせることが必要になります。とはいえ、近親交配の鎖を断ち切ることは容易なことではないように思われる方もいらっしゃるでしょう。では、どうやったら近親交配の鎖を断ち切ることができるのか、以下に一例をお見せしましょう。

20180202_kinshinkohai_ky_005

この図は、FとGという両親から生まれた子どもたちを「兄弟掛け」したものです。兄弟の横に「F1」と書いてあります。このFは「Filial」という単語の頭文字です。Filialには、「親から何世代目の、子どもの、子孫の」という意味があります。ちなみに、私は遺伝学関係以外でこの単語が使われているところを見たことがありません。

最初の子どもの世代がF1です。F1で兄弟掛けをしてできたF2の個体は、近親交配個体です。しかしご安心ください。この青の血統とは全く別のピンクの血統の個体を掛け合わせることにより、F3の個体は非近親交配個体となります。

このように近親交配というのは、手のひらの表と裏のようなものです。一世代を経ることですぐにひっくり返すことができるのです。動物園で飼育されている野生動物の中には、こうして近親交配をやむを得ずおこなうことで時間を稼ぎ、次の世代へとつなげていく努力がなされています。

近親交配は悪いものかもしれません。もし回避できるなら、ぜひそうしたほうが良いでしょう。しかし中には、どうしても、どう頑張っても近親交配を避けられない場合があります。そんなとき、このピンクの個体のことを思い出してください。そして、F2の個体を健康な個体として立派に育成し、ピンクの個体をきちんと見つけ出して交配をさせ、近親交配ではない個体を次世代へとつないでいってもらえたらと思います。

遺伝の知識を身に付けて犬の健康管理を

犬

犬の近親交配を防ぐことができるのは、繁殖を管理する私たち人間です。日本では、犬の繁殖を規制する法律がありません。海外では、ブリーダーさんが免許制になっているのに対し、日本では登録制となっており、遺伝学的管理や繁殖個体の取り扱いはブリーダーさんに委ねられている状況です。

そのため、おひとりおひとりのオーナーさんが、きちんと知識を身に付ける必要があります。大切な家族の一員が、将来困難な病気を発症しないためにも、きちんとした遺伝学的管理をおこなっているブリーダーさんを選定し、近親交配をできる限り避けた交配のもとに生まれた犬をお迎えするよう心掛けましょう。

まとめ


遺伝学会は2017年、「優性」→「顕性」、「劣性」→「潜性」と表現を変更した
遺伝学的に関係のある個体同士を交配すると、子犬は先天性障害をもって生まれてくる可能性がある
繁殖をおこなう際は遺伝に関する知識を身につけ、近親交配はなるべく避ける

どんな遺伝子を持って生まれてきたとしても、「命」に変わりはありません。優れているわけでも劣っているわけでもないということを、どうか忘れないでください。

Share!