犬のブリーダーとは | メリット・デメリットや優良・悪質の違い、迎えるまでの流れを解説

犬のブリーダーとは | メリット・デメリットや優良・悪質の違い、迎えるまでの流れを解説

【ブリーダーが解説】愛犬を迎える際、日本ではペットショップで購入されることが少なくないと思いますが、ペットショップに行ってもたくさんの犬種が陳列されていて、お目当ての犬種が1、2匹しかいなくて選択肢が少ないことがあります。日本と海外のブリーダーの違いや子犬を家族に迎えるまでの流れ、優良ブリーダー・悪質ブリーダーの違い、ブリーダーから迎えるメリットとデメリットなどをトイプードル専門ブリーダー「といぷーはうす」の上田が解説します。

あるいは、ガラスケースに展示されている子犬を見ていると、かわいそうで胸が痛くなるという方も少なくありません。ブリーダーでたくさんの子犬たちと会えたら好みの子を選ぶ楽しさも倍増するかもしれません。ではブリーダーとは何なのでしょうか?

犬のブリーダーとは

犬

ブリーダー(Breeder)の言葉の意味は、動物や植物を繁殖(栽培)する人を指します。犬を繁殖するブリーダーの場合、英語では「a dog breeder」となります。ブリーダーの仕事は、母犬や父犬を所有して交配により子犬を出生させます。出生した子犬を販売して収入を得るのですが、ブリーダーの考え方によって、それぞれに違いがあるようです。

ブリーダーは個人経営が多く、会社組織で経営しているケースは全体の10%以下となります。個人経営のブリーダーの中にも職業として専門的に運営している方と、ご自宅の一部を使って、副業や趣味で繁殖をしている方がいます。副業や趣味で繁殖をしている方を「バックヤードブリーダー」と言いますが、このタイプのブリーダーが約7割を締めます。ブリーダー全体の8割程度は、出生した子犬をペットショップやせり市へ卸し、販売を行っています。残りの2割程度がブリーダーから直接ご家庭に譲渡していることになります。

ブリーダーになるには

犬の繁殖には遺伝学、獣医学、動物行動学などさまざまな専門知識が必要です。これらの知識が無いと遺伝的リスクが高い子犬を生み出したり、健康不安や情緒の不安定な子犬を生み出したりしてしまうことがあります。専門知識に基づいて、遺伝的リスクを排除するための血統管理や健全な子犬を生育するための飼育体制を整える必要があります。一口にブリーダーといっても、その専門知識や管理体制は大きく異なりますので、子犬を迎える際、ブリーダーの質を判断することも大切になります。

日本にはブリーダーになるための専門資格は有りません。一定の飼育環境を整えて、開業する地域の動物愛護センターに申請することで比較的簡単に営業を始めることができます。申請要件に半年以上の勤務経験か動物関連学校の卒業などが必要となります。申請が受理されると「第一種動物取扱業」として登録が完了します。動物を売買する場合、この「動物取扱業」の登録が必要です。無届けで友人に犬を譲ると無届け営業で摘発されることがありますので注意が必要です。

血統証の発行団体

監督官庁へ営業の届出しを行う他、血統証(血統証明書)を発行するため発行団体に加入する必要があります。血統証の発行団体はジャパン・ケンネル・クラブ(JKC)、日本警察犬協会(PD)、日本コリー・クラブ(JCC)、日本ケンネル・クラブ(NKC)、日本愛犬協議会(JCA)、日本社会福祉愛犬協会(KC)などがあります。

最も多く利用されている血統証はJKCです。JKCの血統証は日本で唯一の国際公認血統証明書となり、最もスタンダードといえます。ほとんどのブリーダーはJKCに加入していますが、まれに他の団体の血統証が付いている子犬が流通しています。発行団体が違う犬の交配で子犬が産まれた場合、血統証が発行されないことがあります。愛犬の交配によって二世を見てみたいという方は、血統証の発行団体をチェックしておくといいでしょう。


日本と海外のブリーダーの違い

犬

日本のブリーダーと海外のブリーダーを比較する場合、それぞれの国の法令やペット福祉に対する考え方が大幅に異なるため、単純には比較できません。

イギリス、ドイツ、フランスの場合、ブリーダーは専門性の高い職業で、専門資格が必要です。開業のハードルにも違いがあり、イギリス、ドイツ、アメリカでは、届出しではなく認可制や許可制であるため、ブリーダーとして適切かどうかを行政が判断します。また、イギリス、ドイツ、フランス、アメリカでは、事業者の業法違反は禁固刑や拘束刑など重い罰則規制がありますが、日本の場合、資格制度もなく開業も届出しだけでできます。業法違反の場合も罰金程度の軽微な罰則しかありません。

ブリーダーの違いというよりは、ペット行政によってブリーダーの業界環境やペット産業にこのような違いが生じているのでしょう。業界環境の違いにより、ブリーダーの質も大きく違っています。これらのペット行政が進んでいる国に共通して言えることは、ブリーダーは犬の専門家として高い地位にあることです。ブリーダーは遺伝や出産、幼齢犬の生育について、獣医師は獣医学や健康管理についてそれぞれの専門分野を担当して、同等の立場で連携をとり健全な子犬を生み出す努力をします。

残念ながら、日本のブリーダーはペット好きの方が比較的簡単にブリーダーを始めてしまうケースもあり、業界全体としては専門知識やキャリアの点で海外のブリーダーに遠く及ばないのが実状です。ただ、少数ですが日本でも優秀なブリーダーは存在します。安心して子犬を迎えるためには、意識が高く専門知識がある優秀なブリーダーを選ぶことが重要となります。

ブリーダーから迎えるメリットとデメリット

犬

子犬を迎える際、ブリーダーとペットショップ、保護施設から迎える場合の違いを考えてみましょう。それぞれのショップや施設によって事情が異なるため、あくまで一般論として主な項目に分けて比較してみました。

ブリーダー ペットショップ 保護施設
同犬種の選択肢(犬の数) 多い 少ない 少ない
迎える月齢 子犬 子犬 成犬が多い
両親を見て将来像をイメージする できる できない できない
犬を見る方法 予約、見学 展示 予約、訪問
生体の保証 ある ある ない
専門的な説明、サポート 充実 ある程度 施設、団体による
利便性(用具などが1カ所でそろう) ない ある ない
社会貢献性(殺処分軽減への貢献) ない ない ある

この他、ブリーダーや保護団体は、所在を探したり訪問時間を調整したりするなどの手間が必要であることや、保護団体の場合は審査などの手続きがあること等の違いがあります。ご家庭の環境や考え方により適切なお迎え先を選定するとよいでしょう。



優良ブリーダー・悪質ブリーダーと呼ばれる理由

トイプードル

ブリーダーの評価に「優良」や「悪質」といった表現が使われることがありますが、一概に優良か悪質かの定義は、極めて難しいといえます。悪質ブリーダーに関するインターネットの書き込みを見ると、病気の子犬を買ったクレームやトラブルの際に対応が悪かったケースが最も多い傾向があります。 

ここでは、繁殖を行う上で必要な専門知識や飼育管理、接客対応の観点から、ブリーダーの質を見極めるポイントを整理してみました。

必要な専門知識

  • 遺伝学の知識(毛色の掛け合せ、遺伝性疾患の排除、成長時サイズ予想)
  • 予防医学(衛生管理、ワクチンや投薬、定期駆虫、消毒)
  • 健康管理(健康診断、食事量管理、体調チェックのしくみ)
  • 性格形成(母犬との接触時間、社会化生育環境、お迎えの月齢の管理)
  • グルーミング(適切なケアの実施)

これらの専門知識が不足していると遺伝的な欠点のある子犬を生み出してしまう可能性が高まり、子犬を迎えたご家庭で問題行動や疾病の可能性が高まることにつながります。専門知識を学んでいないブリーダーも数多く存在します。悪質ブリーダーとまでは言い過ぎでしょうが、望ましいブリーダーではないことは確かでしょう。

飼育管理

  • 飼育スペースが不潔、臭い(飼育管理に手が行き届いていない)
  • 感染症の治療や予防が不備(衛生管理、健康管理が行き届いていない)
  • 先天性の欠点がある親犬に繁殖している(血統管理を行っていない)
  • 飼育スペースが狭い(適切運動量、ストレスが無い環境に問題)
  • 両親犬が汚れている、あるいは十分なケアがされていない。(親犬を見せない)

飼育環境の良し悪しは、ブリーダーの犬に対する考え方や飼育の姿勢を知る上で、分かりやすい判断基準です。飼育スペースが明らかに汚れていたり動物臭があったりする場合は、不衛生である可能性が高いでしょう。不衛生な飼育環境は、寄生虫やケンネルコフなど感染症のリスクが高まることから衛生管理の意識が希薄な事を表しています。

見方を変えると不衛生な環境は、お世話をする人手が足りていないと判断することができます。そもそも犬の繁殖は、動物のお世話そのものが仕事ですから人出が足りていないと行き届いた飼育管理ができません。同様の理由で親犬を見せたがらない場合や親犬のトリミングができていない場合も管理が行き届いていない体制の表れです。これらの飼育環境や親犬のコンディションがそのブリーダーの飼育に対する考え方を物語っているといってもいいでしょう。

人手が足りていないと日常的な世話に追われ、血統管理や子犬の社会性を身に付けるためのしつけなど、健全な子犬の生育に必要な条件を満たす事ができません。望ましくない親犬に繁殖を行い、先天性疾患がある子犬を生み出す可能性が高まることや社会性が育まれていない子犬になってしまうこともあり得ます。


接客対応

  • お客さまの立場を尊重した対応
  • 複数の子犬と十分な時間過ごして選ぶことができる対応
  • 子犬の特徴や飼育の質問に対する根拠が明確な応答
  • 飼育に必要な事柄や保証、契約内容の丁寧な説明
  • 誠実なクレーム対応やカスタマーサポートの対応

これらの接客対応はブリーダーに限ったことではなくサービス業全般に言える常識的なことですが、ブリーダーの中には、繁殖にはプロ意識があっても接客が苦手なタイプがいるようです。悪意はないのかもしれませんが、譲渡に必要な説明が不十分であったり、質問やクレームの対応が悪かったりすることもあります。ファーストコンタクトの対応に違和感がある場合は、注意が必要かもしれません。

ただ、お客さま側の事情によるトラブルも少なくありません。ブリーダー側が嫌がるお客さまの行動としてよくあるケースを挙げてみましょう。

他のブリーダーやペットショップに寄って来るお客さま

衛生状態が不明な他の動物施設から感染源となるウィルスや細菌を持ち込まれることを嫌います。

見学予約の当日キャンセルや変更

ブリーダーの多くは、ペットショップの様に子犬を展示しているわけではないため、予約時間に合わせて子犬のシャンプーなどの準備を行います。準備には手間や時間が掛かるため、突然のキャンセルは、無駄な手間を掛けることになってしまいます。連絡もなくすっぽかすような人は、論外ですが時折いるようです。

無理難題を言うお客さま

サイズ保証、しつけの完成、問題行動が無いなど環境や成長過程に伴う変化の保証を求めたり、大柄な態度や過度に権利主張するお客さまは嫌われます。物を売っているのではなく、愛情を傾けて育てた子犬を譲るのですから、信頼できる人柄の方に譲りたいと思うブリーダー側の心理を理解しておくのも大切です。

ブリーダーの事情による優良か悪質かの違いもありますがブリーダーとの良い関係を作り、トラブルを起こすことなく、その後の手厚いサポートが受けられるようにするのも賢い選択といえそうです。

ブリーダーから子犬を家族に迎えるまでの流れ

トイプードル

ブリーダーから子犬を迎えるときの流れは、以下のような手順が一般的です。

  1. 希望の犬種を決めインターネットで検索する
  2. 通常ブリーダーは、1~3犬種程度の繁殖を行っています。質的には1犬種だけを専門で繁殖している方が望ましいかもしれません。検索は、「犬種名 ブリーダー」でヒットします。ホームページに掲載されている子犬を見て、イメージに合う子犬がいて、価格などの条件が見合えば見学の予約を取ります。

  3. 問い合わせをして訪問の予約を取る
  4. 見たい子犬の指定や希望のタイプを伝え、日時を調整して見学の予約を取ります。その際、性別や毛色などできるだけ具体的な希望を伝えて、複数の子犬を見せてもらうと良いでしょう。

  5. 訪問して子犬を見る
  6. 訪問した際は、飼育環境や専門知識があるかを確認することが大切です。お目当ての子犬が元気に飛び回っているか痩せすぎていないか、あるいは、性格が大人しいかなどを良く観察します。

  7. 譲渡契約、支払い
  8. 気に入った子犬が見つかれば、保証内容など契約条件や付帯費用などを良く確認して契約します。トラブルを防ぐ意味からも契約書類には、よく目を通しておきましょう。

  9. 子犬の受渡し
  10. 月齢によっては、契約当日に連れて帰れる場合と適齢になってから改めて迎えに行くケースがあります。

よくある質問

よく頂く質問をいくつか挙げてお答えします。

  • ブリーダーさんや子犬によって値段が違うのはなぜ?
  • 子犬の価格査定は、成長時の予想サイズが一番大きく影響します。小型犬の場合は小さい方が高額になります。その他の要素としては、顔立ちが良い、毛量が豊かなど容姿の違いで価格に差が出ます。

    また、そのブリーダーの飼育コストの掛け方や主観によって価格の基準そのものに大幅な違いがあります。一概には言えませんが、質の高い子犬を生み出すためには、ある程度のコストが掛かります。低価格に設定している場合は、何らかの理由で低価格でなければ買い手がつかない子犬である可能性が高いので、十分な確認が必要です。

  • 子犬を引き取り後のアフターフォローはどこまでしてもらえるの?
  • 優良なブリーダーは、生涯にわたりアフターフォローをしてくれるケースもありますが売りっぱなしのブリーダーもいます。購入前に良く確認しておく必要があります。レビューなどを確認してみるのもいいでしょう。

  • 悪質ブリーダーが無くならないのはなぜ?
  • 明らかに悪質であるブリーダーとは、パピーミルといわれる過度な繁殖をしているブリーダーや悪辣な環境で飼育しているブリーダーでしょう。これらの悪質ブリーダーが無くならない背景には、動物の物流システムが大きく影響しているといえます。日本ではペットショップへの卸売りで生計を立てているブリーダーが圧倒的多数で、その卸価格が非常に安いことにより十分な飼育コストが掛けられません。

できるだけ直販で高く販売するため、ブリーダーのポータルサイトなどへ掲載しますが、商談が成立する割合はわずかです。諸外国の様に犬はブリーダーか保護施設から迎えることが普通となってくると悪質なブリーダーは少なくなってくるのではないでしょうか。ペットにまつわる法規制やペット産業のモラルの向上のため、われわれ消費者の厳しい目が必要でしょう。

優良なブリーダーから迎える選択肢を

犬

犬を迎えることは、家族が増えるようなものでしょう。日がたつにつれ愛情が深まりかけがえのない存在となってきます。癒やしをくれる愛犬が病気になったり問題行動になったりすると思わぬ苦労が生じます。健康で情緒が安定した愛らしい家族を迎えるために選択肢を広げ、どんな生い立ちかを知った上でブリーダーから子犬を迎えるのも賢い選択ではないでしょうか。専門家である優良なブリーダーを見つけて、アドバイスを聞いてみるとドッグライフがより楽しみになるかもしれませんね。

Share!