ハチワレ猫の性格や特徴を解説 縁起の良い「福猫」と呼ばれる理由とは

ハチワレ猫の性格や特徴を解説 縁起の良い「福猫」と呼ばれる理由とは

皆さんは「ハチワレ」という猫をご存じでしょうか。ハチワレ猫は、猫の毛の模様を由来とする呼び名であって、アメリカンショートヘアやペルシャ猫のように猫の種類を指す名称ではありません。顔が文字通り「八の字」に割れた模様の猫です。猫は神秘的な動物であるという印象が強いせいか、サビ猫のように「幸運を運んでくる」と言われたり、黒猫のように「不吉」な印象を持たれたりすることがあります。今回は、縁起が良いと言われる「ハチワレ猫」がどんな猫なのか。解説します。

関連リンク

ハチワレ猫とは

ハチワレ猫とは毛色の模様からきている呼び名です。ハチワレ猫は世界中にいますがよく出現しやすい模様のようで、日本でも数多く存在しています。アイリスオーヤマが企画している「みんなで作る!猫の柄図鑑」の登録数でもキジトラに次いで2番目の多さです。

ハチワレ猫の特徴

ハチワレ猫
ハチワレは白の被毛と茶色や黒の2色、または3色の被毛を持つ猫で、額のあたりから鼻筋を境にして漢字の「八」の字のように割れている模様の猫のことをです。鼻筋からのどにかけては白い毛の子がほとんどです。白黒の被毛の猫がハチワレだとくっきりした模様になるので、ハチワレ猫というと白黒の猫ちゃんを思い出す方も多いのではないでしょうか。しかし、ハチワレの模様は白黒猫以外にも多くの被毛でなります。
純血種の猫種でもハチワレ模様になることもありますし、「キジシロ」、「サビシロ」、「茶シロ」など、白い毛がベースになっている猫にはよくあらわれる模様です。くっきり八の字のような模様になっていることもありますが、左右が非対称であったり、かつらをかぶっているようだったり、前髪のような模様になっていたりすることもり、猫をとても個性的に見せてくれます。
ハチワレ猫は白黒や茶白など白い毛との混合の被毛なので、肉球はピンク、またはピンクに茶色や黒などのぶち模様がある場合が多いです。鼻もピンクのことが多いですが、まれに鼻にもぶち模様が出る子がいます。基本的に2色の被毛なので瞳の色は、ゴールド、グリーン、ブルーなどさまざまです。

ハチワレ+靴下

ハチワレ猫
ハチワレは猫の顔に現れる模様ですが、ハチワレ模様とともに現れやすいのが「靴下」です。靴下とは足の先の部分だけが白く、まるで靴下をはいているような模様のことを言います。純血種の猫ではスノーシューが有名ですが、雑種の白とほかの毛色の子にもたまに見られる模様です。まるで白い靴下をはいているようで、ハチワレ+靴下の被毛の柄は猫をよりキュートに見せてくれます。背中側がほとんど黒い猫はタキシードを着ているように見えることから「タキシード・キャット」と呼ばれることもあります。

ハチワレ+ひげ

ハチワレの模様のほかに、白い毛の鼻(マズル)の部分に小さな模様があることがよく見られます。これを「おひげ」呼びます。額がハチワレでマズルの部分が真っ白だと上品に見えるのですが、鼻にひげ模様があるとユニークなお顔に見えてとてもかわいらしいです。

ハチワレ猫は縁起がいい? 悪い?

ハチワレ猫
ハチワレ猫は漢字で書くと「八割れ」、もしくは「鉢割れ」となります。日本人にとって漢数字の「八」は末広がりで縁起のいい数字とされていますね。そのため、顔に「八」の字があるハチワレ猫も縁起の良い「福猫」であると言われます。その逆に、かつては縁起が悪いとみなされていた地域もあったようです。
もう一つの漢字表記「鉢割れ」は、頭や兜が割れるという意味です。確かに真ん中が割れている兜に見えなくもありませんが、そのために「縁起が良くない」とされていました。しかし、ハチワレ猫は日本でも2番に数が多いと推測される猫の模様。出会う機会は多かったはずですし、ハチワレ猫を見るたびに縁起が悪いと思っていたのでは、日常生活のかなりの部分でアンラッキーなことがあると思わなくてはならなくなりますので、全く現実的ではありませんね。
ゲン担ぎや迷信が好きな人がいますが、猫にとっては、持って生まれた模様で縁起が悪いなどと言われるのははた迷惑な話でしょう。現在ではハチワレ猫を見て、「兜が割れた姿」とか「割れた頭蓋骨」を思い浮かべる人はまずいないでしょう。昔、それもかなり時代がかった頃のイメージですから、現在は「末広がりの八の字を持つ福猫」ということでよろしいのではないでしょうか。


ハチワレ猫の英語名

日本名のハチワレとは額から鼻筋にかけての模様からつけれた名前ですが、英語圏では「八」の字も「鉢」もイメージしないので、単に「Black and White(ブラック・アンド・ホワイト)」「Bicolor Cat(バイカラー・キャット:2色の猫)」と呼ばれることが多いです。その他に、マスクを着けているように見えることから「Mask and Mantle(マスク・アンド・マント)」や、タキシードを着ているような印象から「「Black Tuxedo(ブラック・タキシード)」というオシャレな名前で呼ばれることもあるようです。

ハチワレ猫の性格

ハチワレ猫

日本で2番目に多いとされるハチワレ猫はどんな性格なのでしょうか。猫が被毛によって性格に違いがあるかどうかは、はっきりとわかっていません。筆者は保護活動の中でたくさんの毛色の猫に接してきました。一般的に言われる、茶トラはやんちゃで人懐こい、サビ猫はおとなしく賢いなどの傾向は確かにあるように感じますが、それは毛色の違いというより茶トラはオスが多く、サビ猫はほぼメスしかいないという、オスとメスの性質の違いが毛色による性格の違いと認識されている面が大きいと感じます。
また、どんな毛色かよりも、その子の個性やどんな環境で育ったのかということが性格形成には大きく影響すると思います。ましてや、ハチワレ猫は毛色でさえなく模様です。黒白の印象が強いかもしれませんが、茶白でも三毛猫でもサビ白でもハチワレは珍しくありません。「ハチワレ猫だからこう」という違いはないと考えられますから、出会ったその子の個性を尊重し、楽しみましょう。

ハチワレ猫を家族にするには

猫 縁起がいいとされるハチワレ猫ちゃんを家族に迎えるためにはどうすればいいのでしょうか。

ブリーダーから購入する

ハチワレは猫の顔に現れる模様ですから、純血種の猫でもハチワレ猫はいます。ハチワレ猫が欲しいときは、欲しい猫種のブリーダーに聞いてみるといいですね。ブリーダーの中には悪質なブリーダーも存在しており、猫ブームの日本では増加傾向にあります。ブリーダーを選ぶときには、猫に愛情をもって適正飼育している人を選びましょう。できれば自分の目で確かめて、親猫たちがストレスなく健康に生活できているかどうかを確認するといいですね。

里親になる

雑種の猫ちゃんであればハチワレ猫は多くいます。雑種の猫を家族に迎えるためには、保護猫の里親になるのが一般的でしょう。日本はまだまだ猫が捨てられることが多く、たくさんの保護猫が家族を待っています。純血種と違ってさまざまな毛色のハチワレ猫が存在しているので、個性的な子が好みの場合は特に保護猫はオススメです。
保護猫の譲渡には条件が設定されていることも多くあります。収入や家庭環境など個人的なことを聞かれることもあると思いますが、保護猫のほとんどが一度人間に捨てられた子たちであり、二度とそのような目に遭わせないために行っていることなので、ご理解いただければ幸いです。
関連リンク

ハチワレ猫の個性を楽しもう

ハチワレ猫
ハチワレ猫は日本にはたくさんいるとされますが、色も形もそれぞれが個性的です。三毛猫ちゃんだと、八の字に割れた左右の色が違うハチワレもあります。その子のユニークな個性を楽しみましょう。
Share!