スコティッシュテリアのおすすめカットを紹介 プラッキングしない場合はバリカンで

スコティッシュテリアのカットの仕方はたくさんあります。被毛はバリバリとした硬いワイヤーコートなので、トリミングの方法によって雰囲気が変わります。耳カットや顔カットなど、愛犬の生活スタイルに合わせてカットが楽しめます。

スコティッシュテリアの毛の特徴とカットの頻度


テリア犬の中では短い足が特徴的なスコティッシュテリア。伸ばしっぱなしは毛玉の原因となるため、月1カットがオススメです。

スコティッシュテリアの被毛

スコティッシュテリアの被毛はダブルコートと言って2層の毛(上毛と下毛)で覆われています。アンダーコートとオーバーコート(トップコート)とも言います。上毛は、太く硬い毛で一年中生えている被毛で、上毛には換毛期(被毛が生え変わる時期)というものはなく、自然に抜け落ちる毛です。また、スコティッシュテリアの被毛は、バリバリとした硬いワイヤーコートが特徴です。

カットの頻度

スコティッシュテリアは、本来ナイフで毛を抜き、毛を固くしてカットするプラッキング犬種ですが、最近では毛を抜かずバリカンで仕上げるカットが主流になっています。カットをしないと毛が伸びて毛玉ができる原因になるため、月に1回程度のカットが目安です。

特に冬場は静電気が起きやすい時期なので毛玉になりやすく、洋服を着せると毛玉の原因にもなります。また静電気でホコリを吸着しやすく、夏よりも毛が汚れやすいため、月1回のカットの間にシャンプーをしてあげるようにしましょう。ブラッシングは毎日してあげましょう!

スコティッシュテリアのカット料金とかかる時間

スコティッシュテリアのカット料金

地域によってさまざまですが、スコティッシュテリアのカットはバリカンを使用するトリミング料金で、5000〜1万3000円が目安です。時間は、2〜3時間くらいが目安です。

パピー(子犬)のカットについて

ワクチンプログラムが終了してから2週間から1カ月後にシャンプー、カットのトリミングができます。免疫力や体力の点で安全にトリミングができる状態にするためです。ワクチンプログラムが終了するまでは、ブラッシングをしたり爪切りなど、簡単にできるお手入れをして清潔に保つことが大切です。

シニア犬(老犬)のカットについて

基本的にカットする犬種でないため、シニア犬に負担のかからないようカットはしなくても良いです。汚れやすい箇所があれば毛を短くして清潔を保つようにしましょう。シャンプーも同様、こまめなシャンプーはせず、普段のブラッシングやグルーミングスプレーなどで体を拭いてあげたりしましょう。もし、シャンプーをする場合は、ぬるま湯で洗ってあげてください。

スコティッシュテリアのカットスタイル

基本のスタンダードカット

スコティッシュテリア
Photo by windy0621さん Thanks!

スコティッシュテリア
Photo by bebe_105さん Thanks!

基本のスコティッシュテリアのカットは、犬種の良さを引き出してくれます。ヒゲや眉毛の長さで雰囲気も変わります。口周りが汚れやすい場合は、ヒゲを短くするのがオススメです。

耳からつなげてお顔を丸く

スコティッシュテリア
Photo by mahalo_ekさん Thanks!

耳のウエーブを生かした丸いカットです。スコティッシュテリアはワイヤーコートなので、少しウェーブな毛になります。それを生かして丸く可愛くカットするのもいいですね。

耳の飾り毛を生かして

スコティッシュテリア
Photo by saki_rococoさん Thanks!

耳の飾り毛を伸ばして女の子らしくおしゃれなカットに。

スコティッシュテリア
Photo by guts340さん Thanks!

耳を丸くカットすることで柔らかい仕上がりになります。

元気いっぱい遊ぶ子は短くスッキリ

スコティッシュテリア
Photo by rrrooooooooo39さん Thanks!

スコティッシュテリア
Photo by bellstagram127さん Thanks!

体もスッキリ短く、飾り毛も短くすることによってお手入れもしやすくなります。元気いっぱいでよくドッグランなど行く子は短いほうがいいかもしれませんね。

自宅でできるスコティッシュテリアのカットのコツ・方法

自宅でできるスコティッシュテリアのカット

自宅でのトリミングは怪我をさせやすかったり、綺麗にカットができなくて失敗してしまうケースもあるため、基本はトリミングサロンでカットをすることをお勧めします。その上で、最低限の家での簡単なお手入れを紹介します。

<用意するもの>
  • コーム
  • スキバサミ
  • バリカン

もしワンちゃんが動いてしまう時は、落ち着いてからハサミを小さく開いてカットをするようにしてください。

スコティッシュテリアはダブルコートで構成されている被毛なので毛量が多く、アンダーコートと呼ばれる下毛がよく抜けるので、毛をかき分けて皮膚から毛先に向かってブラッシングしてあげて下さい。表面だけだと毛のもつれが取れず溜まってしまいます。

足裏(パット)

足裏のカットは、バリカンを使うようにしましょう。ハサミは足が動きやすく危ないため、バリカンを使うことをオススメします。バリカンの刃の短いミリ数で足裏に対して平行に小さい肉球から大きい肉球に向かって、ゆっくりと足裏から出ている毛を刈っていきます。

バリカンを常にONにしたままだと怪我をさせてしまう可能性があるため、バリカンを使う時のみスイッチをONにしてあげましょう。また、ONにしたまま使用するとバリカンの刃が熱くなりやすく、ヤケドしてしまうことがあるので注意しましょう。


失敗しないカットの仕方

お家で少しだけ気になるところをカットしたい時の失敗しない方法は、できるだけスキバサミを使用するといいでしょう。毛並みの方向にハサミを向けてカットすることによって、カットした時にハサミの跡がつきづらいです。

注意すること

必ず皮膚を確認することです。ハサミは刃物です。少し刃先が皮膚に当たっただけで怪我をしてしまうので、注意しましょう。被毛をかき分け皮膚を確認してから気になるところをカットして下さい。基本的にはカットはトリミングサロンでお願いすることをおすすめします。

まとめ

自宅でできるスコティッシュテリアのカットスタイル

スコティッシュテリアの被毛は、バリバリとした硬いワイヤーコート
毛玉防止のためにもカットは月1回を目安に
日々のブラッシングも欠かさずに
カットのバリエーションはそんなに多くはないですが、バリカンを使ったデザインカットも。愛犬に似合うカットを見つけてあげてくださいね。



Share!