猫は膝の上が好き? 乗る・乗らない理由などを紹介

猫は膝の上が好き? 乗る・乗らない理由などを紹介

膝の上で猫がゴロゴロとお昼寝をするというようなイラストを見かけることがありますが、実際に猫は膝に乗るのが好きなのでしょうか? 猫が膝の上に乗ってくる理由や乗らない理由、猫に膝の上に乗ってもらう方法などを紹介します。

猫が膝の上が好き?

猫

愛猫が膝の上に来てくれて、まったりしてくれるというのは飼い主さんにとっては理想の姿ですね。しかし実は猫がみんな膝の上が好きかといえば、そういうわけではないのが現実です。

膝の上に乗るのが嫌いな子もいる

筆者は保護活動をしているのでたくさんの猫と一緒に暮らしていますが、全員が膝の上に乗ってきてくれるわけではありません。

筆者の実感としては、いつも膝の上に乗ってくる子、たまに膝の上に乗ってくる子を含めて、5~6割くらいの子が膝に乗るのが好きであり、その他の子は特に膝の上に乗ることは好きではないようです。

そもそも膝の上に乗るということは、猫にとっては自然な行動ではありません。膝の上に乗ってみたところ、心地良かったので膝の上が好きなったのであり、その経験がなければ膝の上が好きにはならないでしょう。

膝の上は飼い主さんと密着できるという利点がありますが、居場所としては不安定ですね。膝の上で熟睡してしまう子もいますが、冷静に考えてみれば膝の上は居心地があまり良さそうではありません。

また猫の中には、飼い主さんのことが好きであっても、そんなにベタベタしたくない子もいます。そのような子は飼い主さんと同じ空間にいたいとは思っても、膝に乗りたいとは思わないかもしれませんね。

筆者は毎年たくさんの子猫を育てますが、その中にも膝の上が好きになる子もいれば、そうでもない子もいます。

膝の上が好きになるきっかけとしては、偶然、筆者の膝の上に来たときや抱っこしてもらったときに居心地が良い思いをすると好きになってくれるようです。しかし猫の性格によっては、同じように扱ったとしても必ずしも膝の上が好きになってくれるとは限りません。

膝に乗って寝ない子もいる

猫は膝の上に乗ったらお昼寝をしたり、気持ちよさそうに目を閉じたり、という光景が思い浮かびますが、膝の上では寝ない子もいます。筆者の愛猫の1匹はとても甘えっ子で膝の上が好きですが、膝の上では眠ることがない子です。

ソファーの上に座った筆者の膝の上は、猫としては高い場所にあるため、そこから下を見下ろしたり、お部屋の中を見回したりするのが好きなようなのです。

膝の上は暖かいので眠くなってしまう猫ちゃんは多いようですが、猫は自分が好きなように思い思いに過ごすので、寝ない子もいるのです。

猫が膝の上に乗る理由

猫

猫ちゃんが膝の上に乗ってきてくれるときには、どのような気持ちからなのでしょうか。

暖かいから

猫の祖先は砂漠地帯に現在も住んでいるリビアヤマネコです。リビアヤマネコは外見や大きさがキジトラ猫にそっくりです。つまり人と一緒に暮らすようになったイエネコも先祖のDNAは強く受け継いでいます。

暖かく乾燥した地方に適応した体の猫は寒いのが嫌いです。膝の上は暖かいので猫ちゃんはそこに乗りたくなるのです。夏には膝に乗ってきてくれなかった愛猫が、寒くなってきた途端に膝の上で丸まるようになったということも珍しくありませんね。

信頼しているから

猫ちゃんが膝の上に乗ってきてくれるということは、信頼の証でもあります。いくら暖かい場所であっても、膝の上という密着した場所では、信頼がなければ体を預けることはできませんね。猫ちゃんは飼い主さんを信頼しているからこそ、膝の上でくつろいでくれるのです。

愛猫が膝の上に来てくれないからといって、「愛猫に信頼されていないのでは」と不安になる必要はありません。前述したとおり、膝の上が好きではない猫ちゃんは珍しくなく、飼い主さんのことを信頼しているとしても膝の上に来てくれないこともあるのです。

甘えているから

飼い主さんと猫ちゃんの関係は、保護者と子どものような関係であるといわれています。猫ちゃんにとって、飼い主さんは自分を守り、愛してくれる母親のような存在です。

飼い主さんの膝の上は暖かく、飼い主さんの匂いに包まれて安心することができますね。大好きな飼い主さんの膝の上でお昼寝をしたり、なでてもらったりしたいという、甘えたい気持ちからお膝に乗ってくるのです。

かまって欲しいから

猫は1人で過ごしたいときもありますが、猛烈に飼い主さんにかまって欲しいときもあります。飼い主さんにかまって欲しいとき、自分に集中してほしいときに猫が膝に乗ってくることがあります。

筆者が一緒に暮らしている猫たちの中でも甘えっ子で自己主張が強い傾向にある子は、筆者の注意がよそに向いていると、無理矢理膝の上に乗ってきて、膝の上でくねくねしたり、前足で顔を触ってきたりして、かまって欲しいアピールをします。

夏の暑いときでも乗ってくるのはなぜ?

子猫

猫は砂漠出身なので暑さには比較的強く、暖かい場所に居たがります。猫が気持ちよいと感じる気温は、人間や犬に比べると高めで25~28℃程度とされています。

日本の高温多湿の夏には猫がいる部屋にもクーラーが必須ですが、クーラーの冷たい風邪が苦手である猫ちゃんは少なくないでしょう。

猫はかなり日差しが強い日にも、ひなたぼっこが大好きです。夏に膝に乗って来られると、人間としては「暑い」と思いますが、猫にとっては快適な温度なのでしょう。


膝で爪を立ててしまう理由

猫がひざの上に乗ってきたときに、爪を立てられたり、爪とぎをされたりして痛い思いをしたことがある飼い主さんもいるでしょう。

猫は悪意を持って爪を立てているのではありません。猫は人間の素肌には極力爪を立てないように気をつける偉い生き物です。ちゃんと飼い主さんの肌に爪を当てると痛い思いをすると分かっているのです。

しかし、服の上からは爪を立ててしまうことがあり、これは猫が触れているのが素肌ではないため、その服のすぐ下に飼い主さんの肌があると分かっていないからだと考えられます。

猫には「服を着る」という概念はなく、服は猫が日常的に接している他の布地と変わりありません。爪を立ててはいけないものだと認識しにくいのです。

子猫は足の指などを強く噛んできたりすることがあるのですが、足の先は飼い主さんの顔から遠いため、飼い主さんの足だと分かっていないことがあります。

顔を近づけて、「痛い」というとびっくりしたように離します。このように気をつけていても、爪を立てたら痛いのだと猫には気がつきにくいので、爪を立ててしまうと考えられます。

猫に膝に乗ってもらうには

猫

猫にひざの上に乗ってもらう方法をご紹介します。

おいしいおやつをあげる

猫にひざの上に来てほしいときは、膝の上でおいしいおやつをあげるようにすると乗ってくれます。はじめは飼い主さんの膝の上に前足を乗せるところからはじめましょう。

膝の上に乗るのが苦手な猫ちゃんは、いきなり体全部を乗せるのはハードルが高いです。膝の上に来たらいいことがあると覚えてもらいましょう。

フワフワのひざ掛けを利用する

フワフワしたものが好きな子は多いです。フワフワの膝掛を膝の上にかけて膝の上を居心地がいい場所にしてあげると、膝の上に来てくれることがあります。あぐらをかくようにして、膝の間に丸いくぼみを作ってあげると猫ちゃんが入りたくなりますよ。

猫の気の向くままが一番

椅子の上の猫

猫に膝の上に乗ってもらえたら嬉しいですが、案外、膝の上が苦手な猫ちゃんは多いものです。膝の上に乗ってもらう方法を紹介しましたが、これら方法でも膝に乗るのが嫌な子もいますし、無理強いは良くありません。猫には気の向くまま、のんびりと好きなように暮らしてもらうのが一番です。

Share!