猫はクーラーが苦手? 夏の設定温度や快適グッズを活用しよう!

猫のために「クーラーをつけておくべきか分からない!」という方に、夏の暑さ対策や熱中症対策をご紹介します。昔から「暖かいところ・涼しいところは猫に聞け」と言われます。そんな自立的な猫と相性のよいグッズや、環境づくりの方法もまとめました。警戒心が強いので、早めに冷却グッズなどを使った環境づくりを始めて慣らしてあげましょう。

猫の夏! 暑さ対策にクーラーは必要?

のびている猫

猫の祖先は温帯地方に生息していたリビヤヤマネコと言われていて、そのため暑さには比較的強いです。しかしいくら暑さに強くても、都会の密閉された空間にこもる熱気や、ムシムシとした湿度は熱中症を引き起こす原因になり得ます。また、寒冷地域出身の長毛種の猫は暑さに弱いので注意が必要です。

真夏の猛暑日ではない限りは、室内の環境を整えてあげることで、猫にとっての快適な環境を整えてあげることができます。猫種によっては暑さに弱かったり、クーラーの冷気が極端に苦手・嫌いな場合もあるので、愛猫に合った室温や環境づくりをしてあげましょう。


クーラーの設定温度や使用時期

寝返る猫

クーラーの適切な温度は?

短毛か長毛で少し差はありますが、猫が夏の間快適に過ごせる気温は24〜26℃といわれています。

  • クーラーの設定温度は24〜26℃前後
  • 冷却グッズを置いておく
  • 部屋のドアを開けておく
  • 除湿を強化する(湿度が収まるとさらに過ごしやすくなります)

あまり低い温度に設定してしまうと、猫も人もクーラー病(気温変化により自律神経が乱れ、体調を崩してしまう状態)になってしまう可能性があります。

快適と感じる気温は猫種によって異なるので、猫と一緒にいる時に「このくらいの気温はどうかな?」と試し、様子を見てあげるとよいでしょう。猫が部屋の外に出たがったり、鼻を埋めて丸くなったりせず、体を伸ばしてスヤスヤとお昼寝していれば快適だというサインです。

使い始める時期はいつから?

猫は比較的暑さには強いため、真夏でない限りは快適な環境を作ってあげることで十分な暑さ対策になります。クーラーの使用を開始する時期の目安は、7月下旬〜9月上旬がよいでしょう。

しかし、最近は5月であっても真夏のような気温の時もあります。天気予報はしっかりと確認し、お留守番させる時間が長い場合はドライモードにしておいたり、タイマーなどをセットしておきましょう。

クーラーで室温を下げなくても、湿度を下げるだけで快適さは増します。猫は自分で涼しい場所を探し当てるのが上手です。なので猫が自由に家の中を移動できるよう、部屋の扉などは開けておくといいかもしれません。

冷房にかかる料金の節約方法

外を見る猫

最近はクーラーの性能が上がり、「オンオフをこまめにするより、つけっぱなしにした方が料金は安くなる」という考え方が一般的になってきています。初めは電気代の請求が気になってしまうかもしれませんが、思い切って試してみるのもいいかもしれません。

そして電力自由化の動きによって、ペットのために電気代に悩む飼い主さん向けに、ペットがいるご家庭には割引が適用させるプランなどを発表している会社もあります。


株式会社かねだい「ペット&アクアでんき」
ペットを飼育する家庭の電気料金に関するニーズに答えるサービス

クーラーと一緒に使いたい! 熱中症対策グッズ

猫は新しいものに対して警戒心を持ちやすいので「せっかく熱中症対策に冷却グッズを買っても見向きもされない……」という状況になりやすいと思います。しかしグッズ自体に慣れて、それを使うことで涼しくなれることを覚えてくれたら警戒心はなくなります。

なるべく涼しい季節のうちに部屋に置いておき、その存在に慣れさせてあげましょう!

体温調整のための冷却グッズ

猫は警戒心が強いですが、冷却グッズがあれば暑さをしのげます。最初は慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、あまり無理強いはせず放置しておきましょう。慣れたり、必要になれば自然に使うようになります。

SMART・PETHOUSE・COZY

PayPayモールで見る
楽天で見る


ひんやりクール猫鍋


Yahoo!ショッピングで見る
Amazonで見る
楽天で見る


大理石のペットマット

1枚【B級品】イタリアの大理石 40cm×40cm×1.2cm ひんやり気持ちいいペットマット(クールペットベッド)!小さなスリキズ等があります ビアンコカララ 表面磨き仕上げ 角部R加工仕上げ
Yahoo!ショッピングで見る
楽天で見る
Amazonで見る


冷たいおやつ

暑さに強い猫こそ、熱中症や脱水症状には気をつけてあげないといけません。水分補給として、ウェットタイプのフードやミルクなど嗜好性のあるものを与えると食欲もカバーすることができます。

ちゅ~る


Amazonで見る


暑さ対策で注意すべき点

クーラーを使用する際の注意点

夏の間、クーラーによって室温をコントロールするのは、猫にとっても熱中症や暑さ対策にとても有効な方法です。しかしクーラーを使用する際にも、注意すべき点があるので確認しておきましょう。

設定温度

5月〜6月は気温の変化が激しく、なかなか温度調整が難しいですね。猫は涼しすぎる環境を嫌う傾向にあるので、クーラの設定温度は24〜26℃くらいが適当といわれています。短毛の猫か、長毛の猫かで快適と感じる気温も若干異なりますが、あまり寒い気温にしてしまうとクーラー病になってしまう可能性もあります。

クーラーの設定温度は猫が鼻を埋めて丸くなっているか、部屋を出たがっていないか、ぐっすり寝ているかなどの様子を見て判断するとよいでしょう。

人感センサーに注意

最近のエアコンは人感センサーが搭載されているものがあります。このセンサーはとても便利ですが、犬や猫などは感知しない場合があります。そうなるとお留守番の時にクーラーが停止し、いつの間にか蒸し風呂状態になっていた! ということが起こり得ます。

室温を管理できる人がいないお留守番の際は、人感知機能は停止させ、単純に温度を設定し運転させるのがよいでしょう。


クーラー病とは?

猫アップ

クーラー病(冷房病)は、外気と室温の温度差によって自律神経が乱れ体調を崩してしまうことを指します。暑い夏に体調を崩すきっかけになるので、人間にとっても悩ましいものです。夏の間に屋外と室内で気温の差をつけないのは難しいことですが、原因を知り予防対策を行うことはできます。

クーラー病の原因

外気温が上がってくると、猫の体も夏をむかえる準備を始めます。しかし、その時に室内だけとても涼しいような状況だと、猫の体も混乱してしまい、クーラー病を引き起こしてしまうのです。「寒がっているのかな?」と感じた時点で対策をしてあげるようにしましょう。

  • 外気温と室内気温の差
  • 体が冷えやすい環境
  • クーラーによる極度な乾燥

猫は寒い環境を好まないので、丸くなっていたり、毛を逆立てて体を膨らませている場合はクーラーの使用を控えましょう。人間がどうしても使いたい場合は部屋の扉を開放し、猫が他の部屋などに移動できるようにしてあげるとよいでしょう。

クーラー病の症状

まず、外気温との差で自律神経が乱れることで体調を崩してしまいます。その後クーラーの冷気などによって体の冷えが進行し、お腹の不調などにつながります。クーラー病に気がつくのは嘔吐下痢をきっかけにするところが多いでしょう。

  • 食欲がない
  • 嘔吐
  • 下痢や軟便
  • 元気がない
  • 神経痛
  • 腹痛

短毛の猫や子猫、老猫はクーラーの冷えの影響を受けやすい傾向にあります。

クーラー病の予防策

クーラー病は猫の体の過剰な冷えを予防することによって避けることができます。飼い主さんにとって快適な気温でも、「猫にとっても快適かどうか?」を意識するようにしましょう。

  • 室温設定
  • 猫は暑さに強いので、あまりにも暑い日でなければ風通しをよくし、冷却グッズを置いておくことで事足ります。クーラーを使用する場合は、猫の様子を見ながら24〜26℃前後に設定しておくとよいでしょう。

  • 暖かいタオルや猫用ベッド
  • お留守番の際は室温を管理できる人がいないため、クーラーをつけていくと思います。その場合は冷却グッズだけではなく、ベッドなどを置いておくとよいでしょう。そうすると寒くなれば猫は自分で温まることができます。

  • 扇風機を使う
  • 扇風機を使って空気を循環させると、必要以上に室温を下げる必要がなくなります。ただ、事故を防ぐため、お留守番の際は扇風機に触れないような環境を作りましょう。


お留守番中にクーラーが止まる⁉︎ 停電のリスクも考えよう

寝る猫

これまで猫は比較的暑さに強いとお伝えしてきましたが、都会の蒸し暑さは猫にとっても辛い時期であることは変わりありません。そんな時にクーラーがあれば熱中症や脱水症状を防ぐことができます。

しかし、停電などの原因によりクーラーなどが停まってしまうことまで想定しているでしょうか? 真夏にクーラーが止まってしまうと、室温が40℃近くなってしまうことも珍しくありません。

水分補給

猫の熱中症や脱水症状を防ぐため、水分補給は欠かせません。しかし猫は「脱水症状にならないように水分多めに摂ろう!」とは思ってくれませんよね。家を移動する猫の生活習慣のため、数カ所に新鮮な飲み水を点在させてあげると、こまめな水分補給につながります。

また、氷を1、2個浮かべると氷につられてお水をたくさん飲んでくれます。ただ冷やしすぎはお腹の不調につながるので気をつけましょう。

扉の開放

猫は自分で過ごしやすい環境を探します。たとえクーラーが停止してしまっても、部屋の扉などが開いていたら自分で涼しい場所を探すことができます。そして扉を開けておくことで暑い空気が流れるので、室温の急激な上昇を抑えることができます。

ドアストッパー ねこ
Amazonで見る

冷却グッズ

冷却グッズなどは猛暑が始まる前に慣れさせてあげるとよいでしょう。大理石やひんやりシートなどのグッズも効果的ですが、凍らせたペットボトルにタオルを巻いて置いておくだけでも十分対策になります。

遮熱カーテン

室温を下げるのに有効なのが日光を遮ることです。これだけでも室温は2〜3℃変わってくるので、クーラーをつけるほどではない日にもちょうどよいでしょう。遮熱に特化したタイプや、デザインまで考えられたものまでいろいろな種類があります。

遮熱カーテン
Amazonで見る

扇風機

空気を循環させると室温の上昇を抑えることができます。猫に直接当たる場所ではなく、部屋の空気を循環させることを意識して配置するとよいでしょう。

見守りカメラ

お留守番が長い場合などは急に体調など崩していないか心配になりますよね。特に夏場は熱中症や脱水症状が心配です。猫は動き回るので全ての行動をカメラで把握することは難しいかもしれませんが、おやつなどが飛び出すタイプのものや、広範囲を見ることができるカメラなどもあります。

Furbo ドッグカメラ
Amazonで見る

Petcube

室内の暑さ対策を万全にし、快適な夏にしよう!

猫は犬や人間よりは暑さに強いかもしれませんが、個体によって度合いは異なります。愛猫に合った室温や冷却グッズなどを把握できるのは飼い主の方だけなので、これを機会に対策を万全にしてあげましょう!

第2稿:2019年5月31日 公開
初稿:2017年5月29日 公開
Share!