猫も秋になると食欲が増すの? 季節の変わり目は「秋バテ」など体調変化に要注意

猫も秋になると食欲が増すの? 季節の変わり目は「秋バテ」など体調変化に要注意

最近の日本の夏は酷暑といってもいいくらいですし、秋になると過ごしやすくなりほっとしますね。猫ちゃんにとっても秋は過ごしやすい季節といえるでしょう。しかし猫は寒さに弱い動物であるため、秋になって気温が下がるにつれて気をつけてあげるべきポイントがあります。猫にも秋バテがあるのをご存知でしょうか。また食欲の増加などの体調の変化もみられる季節です。冬を健康に乗り切るために秋の健康維持はとても大事です。

猫にとっての秋は過ごしやすい季節?

窓の外を見る猫

猫の祖先は砂漠地帯に住んでいました。そんな猫にとって秋とはどんな季節なのでしょうか。

ポカポカ陽気は過ごしやすい

夏を過ぎて徐々に気温が落ちてくると猫にとっても過ごしやすい季節となってきます。猫は多少の暑さには強い動物ですが、日本の夏は高温多湿なので猫にとっても負担が大きい季節です。秋は温度も湿度も過ごしやすくなり、猫も命の危険を感じることなくのんびりと暮らせる季節でしょう。

秋は天候によってかなり気温差が生じるので、気温が下がった日は猫にとっては過ごしやすいとは言い難いですが、ポカポカ陽気のときは絶好のひなたぼっこ日和であり、猫にとっては過ごしやすい気候です。

季節の変わり目は負担に

人間も季節の変わり目には体調を崩しやすいですが、猫も同じです。気温の変化に体がなかなか対応できないと不調の原因となります。また、猫は寒さに弱い動物なので、特に秋の半ばから晩秋にかけて気温がぐっと下がる頃には猫の体調管理に注意です。

猫の秋バテ

猫

猫の秋バテとはどのような症状をいうのでしょうか。

秋バテとは

夏バテという言葉はよく聞くのでご存知の方も多いでしょう。最近耳にするのが秋バテという言葉です。秋バテとは夏が終わり秋に入ってから体調不良になることに対していわれるようになりました。猫にもこのような秋バテと思われる体調不良が見受けられることがあります。

猫の秋バテ

猫にも人間と同じような秋バテの症状が見られることがあります。猫の秋バテには次のような症状が見られます。

  • 食欲減退
  • 元気がない
  • 下痢・嘔吐

秋バテの原因は夏バテの延長

暑さには強いといわれる猫ですが日本の湿度が高い夏はやはり猫にも負担です。そのため夏には食欲が落ちるなど不調が現れる子もいるのですが、それが秋になって回復しないということが秋バテの原因として考えられます。特に病気を抱えている子や高齢の子は夏の疲れが回復しにくいでしょう。

気温の変化による負担が原因の秋バテ

気温の急激な上がり下りは、人間でもかなり体に負担を感じますね。猫も同じです。特に季節の変わり目は、暑かったのに急に寒くなるなど体が温度変化についていけないこともあります。昼間は暑いくらいなのに夜になると冷え込むなど昼夜の温度差も負担になるでしょう。子猫や老猫など特に体力がなく抵抗力が弱い猫には体の不調をもたらす場合があります。

筆者は保護活動をしており、現在も生後約1カ月の子猫を保護しておりますが、先日冷え込んだ次の日には食欲が減退し自分でご飯を食べられない状態になりました。病院へ行き輸液やインターキャットなどをしていただき、翌日には回復しましたが、母猫も兄弟もいない子猫にとって温度変化が負担になった可能性があります。

湯たんぽを入れてあげて、夜の間は遠赤外線ヒーターで部屋全体がふわりと暖かくなるようにはしてあげましたが、母猫のように一定の温度で常に温めてあげるというのは難しいことなので子猫には負担になったかもしれません。このように体力がない子猫老猫にとっては気温の変化がかなりの負担になる可能性があります。

秋バテを予防するには

秋バテを予防するには次のようなことに気をつけましょう。

エアコンで温度湿度管理する

夏の間、エアコンで温度や湿度を管理してあげる事は猫の体の負担を軽くすることに役立ちます。

水分を摂取するようにする

猫は砂漠出身のため水をあまり飲まない傾向があるのですが、やはり水分の摂取は大切です。特に気温が下がって涼しくなってくると水を飲まなくなるので、冷たい水ではなくぬるま湯にしてあげる、水飲み場を数カ所設けるなどして愛猫が水を飲むように促しましょう。ウエットフードなど食事からも水分を取れるようにしてあげるといいでしょう。

秋の寒さ対策

気温が低くなると猫は体の不調が現れることが多くなります。特に夜や朝方などは冷え込むことが多くなる季節ですので、湯たんぽを作ってあげる、短時間だけでもヒーターをつけてあげるなど寒さ対策をしてあげましょう。

体調の変化に気をつける

日ごろから猫の様子を観察し体調に変化がないか気をつけてあげましょう。

気をつけて観察したい体調の変化

  • ご飯を食べる量
  • 家がパサパサになっていないか
  • おしっこの量・色・臭い
  • うんちの状態
  • 目やにや鼻水が出ていないか

秋は換毛期

グルーミングする猫

秋は季節の変わり目なので毛が生え変わる時期です。

ブラッシングしてあげよう

秋には夏毛が抜け落ちて、寒さを守るために冬毛が生えてきます。そのためたくさん毛が抜けるので、短毛種の猫であってもブラッシングしてあげたほうがいいでしょう。猫は自分でグルーミングをして抜け毛なども取りますが、量が多いと消化器官に毛が溜まってしまい嘔吐することが多くなります。

毛球症に注意

グルーミングで飲み込んだ抜け毛を吐き出すことができれば良いですが、吐き出しきれずに消化器官に詰まってしまうことがあります。その症状を毛球症と言います。毛球症になると、食欲減退、嘔吐(嘔吐としても毛を吐き出せない)、便秘などの症状が見られ、お腹を触られるのを嫌がることもあります。毛球症の原因にはストレスなどもあるのですが、ブラッシング不足もあげられます。特に換毛期にはブラッシングしてあげることが予防になりますね。

秋は猫も食欲増進する?

太った猫

秋になったら猫がご飯をたくさん食べるようになったという話もときどき聞きますが、猫にとっても「食欲の秋」はあるのでしょうか。

秋は食欲が増す傾向

秋は気温の変化等で体調崩すこともあるのですが、過ごしやすい季節なので食欲が増進することもあります。また冬にかけて体力をつけるために体がたくさんの栄養を摂ろうとしているという面もあります。

筆者の愛猫も夏には少し痩せ気味だったのですが、秋になってから食欲が回復して元の状態に戻りました。今年の夏は少し食欲が落ちてしまいそれに伴って体重も少し減少してしまいました。完全室内飼育で、エアコンで室内の温度は27〜28℃になるように管理していましたが、体重が7㎏あり長毛で大きな子だったので、それでも少し夏バテ気味だったのかもしれません。獣医に診てもらったところ特に悪いところはなく、輸液とビタミン剤の投与で様子を見ることにしました。秋になって食欲も体重も戻ったところをみると、とやはり夏バテだったのでしょう。

秋になって夏バテから回復し調子が良くなったのか、ご飯をもりもり食べるようになり、おかわりまで要求するようになったので今度は肥満に気をつけなければなりません。完全室内飼育をしている子の場合、冬でも寒さのために体力が奪われるということはあまりなく、外で暮らす猫のように高カロリーが必要というわけではありません。秋になって体調が整うことは良いことですが。太らせすぎないように注意しましょう。

風邪に注意

猫

寒くなってきたときに、猫の体調管理で1番気をつけるべきことはやはり猫風邪です。猫風邪とは猫のウィルス感染症の通称であり、様々なウィルスに感染することによって目やにや鼻水が出るという人間の風邪に似た症状を発症するのでそう呼ばれています。

猫風邪は年中感染する可能性はあるのですが、猫は寒さに弱いため、やはり気温が低くなってくると抵抗力も弱まってウィルスに感染しやすくなります。完全室内飼育をしていても人間がウィルスを持ち込むなどにより猫風邪に感染するリスクは少なくありません。

またワクチン接種をしていても猫風邪の症状を発症させるウィルスは多種多様なものがあるため対応しきれない面もあります。猫の体が冷えてしまいないように室内の温度管理してあげる必要がありますし、体力を維持し抵抗力をつけさせるために栄養価のある品質の高いフードを与えてあげる必要もあるでしょう。



秋は猫も過ごしやすい、でも注意が必要

茶色い猫

猫にとっても秋は気温も湿度も過ごしやすい季節といえるでしょう。ただし秋は冬に向かってだんだん気温が下がっていく季節でもありますのでそれに対応した温度管理などをしてあげる必要はあります。秋を健康的に過ごして冬に備えることができるといいですね。
Share!