犬が来客時に吠えてしまう理由とは 警戒している場合と喜んでいる場合で違う対処方法

問題行動の一つでもある愛犬の来客時の吠えは、来客者と飼い主さんだけでなく地域住民の人へも影響範囲が及んでしまう問題です。チャイムやインターホンに反応して吠えてしまう犬の気持ちを知って、飼い主さんもワンちゃんも気持ちよく生活できるようにしましょう。犬が来客時に吠えてしまう理由や警戒している場合と喜んでいる場合で違う対処方法を紹介します。

犬が来客に吠えてしまう理由とは

耳を伏せる犬
「チャイムの音や来客の足音などに反応し吠えてしまう」という犬は意外と多いです。お客さんがいる間ずっと吠え続けられてしまうと「話しができない」「お客さんに不快な思いをさせてしまう」「ご近所トラブル」など、その影響は飼い主さんが感じているより深刻なことがあります。

犬が来客に吠えてしまう理由は大きく分けて二つあります。

警戒吠え

来客時に吠える原因の一つが警戒吠えでしょう。知らない人が自分のテリトリー(縄張り)に入って来ようとしていることへの警戒から吠える行動になるのです。初めは、玄関先に来たら吠えていた子も学習し、チャイムがなったら、インターホンがなったら、飼い主さんが「はーい」と言ったら……。と吠えるタイミングはどんどん早くなっていくでしょう。

宅配便や回覧板など用が済んだら返ってしまう来客が多いと、犬は「吠えたらいなくなった」という成功の学習をしてしまいます。すると、吠えるという行動はどんどんエスカレートしていってしまうのです。

興奮吠え

来客時に吠える原因の二つ目が興奮吠えです。人が来ることがうれしくて、「早く遊んでほしい」「早くなでてほしい」という期待感から吠えてしまう犬もいます。

興奮吠えは、犬同士や飼い主さんと遊んでいる時にうれしくて興奮した気持ちから吠えという行動に出ることがあります。しかし反対に、怒りで興奮して吠えることもあるので、判断を間違えないようにしましょう。

ちなみに、犬がしっぽを振るのも「興奮しているとき」です。うれしいときだけではありませんので、気を付けましょう。

来客吠えの対処方法としつけ方

飛び付く犬
警戒吠え・興奮吠えはそれぞれ対策が異なります。理由別に方法を紹介します。

警戒吠え対策

  • クレートトレーニングを行い、犬の行動範囲を狭めましょう。
  • フリーにしていると、犬にとって守らなければいけないテリトリーの範囲が広がってしまうため、警戒吠えが出やすい環境になってしまいます。クレートなど犬が安心できる場所に入ってもらい、クレートの上から大き目のバスタオルなどで覆うことで、守るべき場所が限定されるので吠えにくくなります。

  • 吠えなくていい経験をさせてあげる。
  • 「吠えたらいなくなる」という犬にとって成功経験が、吠えを強化させてしまっているので、「吠えなくてもいなくなる」という経験を増やしてあげます。 できれば来客が来る前(チャイムやインターホンがなる前)から、おやつで気をそらしてあげます。おやつを食べている間は、吠えることができませんので、普段は食べないような特別なおやつ(ゆでたささみなど)を利用しておやつへの執着を高めてあげます。

    そして、来客者が帰った後もたくさん褒めてあげましょう。とにかく、「怖くないこと」「吠えなくても大丈夫」なことを根気強く教えてあげることが大切です。

興奮吠え対策

ここで言う興奮吠えを、お客さんが来てくれてうれしいものと過程した場合。犬にとっては「早く触ってほしい」「早く遊んでほしい」という期待で溢れています。そしてその犬が望んでいることをしてあげることは、おやつをあげるのに等しいご褒美となります。

吠えている最中に、構ってあげることは吠えるという行動を強化することになります。吠えをやめさせたいのであれば、お客さんにも協力してもらい吠えている間は無視をすることが有効的です。触らない、遊ばないはもちろんですが、目を合わさないということも重要です。犬が吠えやんだら、犬を興奮させないようにゆっくりとした動作で撫でたり、優しく話しかけてあげて下さい。

もし、構ってあげることでまた、興奮してしまい吠えてしまったら、再び無視をします。これを繰り返すことで、犬は自分でどうしたら構ってもらえるかを考え学習していきます。

警戒吠え同様に、落ち着くまではクレートに入れておくというのも方法の一つです。お客さんも用があって来ているはずなので、用事が済んだ後で遊んでもらうといいでしょう。

問題行動との向き合う

家の中にいる犬

「犬の吠え」は問題行動とされることが多く、飼い主さんだけでなく近所の人が頭を抱えるというケースもあります。一人で悩まないで、獣医師やトレーナーに相談することから始めてもいいでしょう。

吠えは影響範囲が広く、飼い主さんが問題意識を持っていなくてもご近所からクレームがくることもあります。犬をトレーニングするにしてもすぐに結果が出るわけではありません。「少し気になるな」と感じたら犬と向き合いトレーニングを始めていきましょう。

Share!