猫を拾ったらどこに相談する?警察や動物病院に行くべき理由とその後の対応

皆さんは「猫を拾う」という経験をしたことがありますか? 近年は道端で子猫を拾って飼うというよりも、動物愛護センターや動物保護団体、保護猫カフェなどから「一時保護された猫を引き取る」という形が増えてきました。もしも、猫を拾ったり、迷子の猫を保護した場合にはどうしたらいいのでしょうか? 警察への届けや病院など気になる点について、実際にこれまで100匹以上の猫を保護してきた経験から解説したいと思います。

猫を拾ったらどうする?

野良猫

子猫でも成猫でも、捨てられた、もしくは飼い主のいない状態で暮らしている猫に出くわすケースは少なくありません。捨てられた子猫を保護してあげたい」「野良猫として暮らしている猫を家族に迎えたい」といった場合はどうすればいいのでしょうか。

首輪付きの猫なら警察へ

猫に首輪が付いている場合は、迷い猫の可能性があります。猫は外に出しても家に帰ってくると思っている人が多いですが、迷ってしまい野良猫になってしまうことは珍しいことではありません。

首輪が付いている猫を保護したときは、最寄りの保健所と警察に届けましょう。筆者の経験では首輪をしていても外に出している時点で「帰ってこなくても仕方ない」と思っている飼い主が多いので、届け出ても飼い主が現れたケースはありませんが、法律上はペットは財産となるため届け出ておいたほうがいいでしょう。飼い猫であった可能性があるときは、遺失物と同じように3カ月経過すれば自分の猫とすることができます。

野良猫なら病院へ

猫を保護しようと拾ったなら、なるべく早く動物病院へ行って健康診断をしてもらいましょう。その際、野良猫は感染症のリスクが高いので、事前に動物病院に連れて行くことを電話連絡しておくようにしましょう。

病院では病気や寄生虫などの健康状態を診てもらうことも大事ですが、マイクロチップが入っていないかどうかということも確認してもらうことができます。マイクロチップが入っている猫であれば飼い主さんがいますので、連絡してあげましょう。

野良猫の中にはさくら猫もいる

さくら猫とは、耳の先が桜の花びらのようにカットされている猫のことで、野良猫がこれ以上子猫を産まないように避妊・去勢の処置をしたことを示すものです。さくら猫たちはボランティア団体がサポートしながら地域で見守る「地域猫」の場合もあります。

最近では地域猫にも首輪が付いているケースがあります。地域猫・さくら猫と呼ばれていて、定期的にご飯をあげている人がいることが多いですが、野良猫であることに変わりはありません。かわいがられているのだから猫を連れて行くなという人がいますが、飼い主さんになってくれる人がいれば、そのほうが猫のためにはいいでしょう。

自分がエサをやりたいために、猫を連れて行くなというのは身勝手な言い分でしょう。エサだけ与えている人はその猫の安全や健康に責任を持つわけではありません。さくら猫や地域猫とはいえ誰かの飼い猫ではなく、事故や虐待など常に危険と隣り合わせで暮らしているのですから。

そういう子を家族として迎え入れたいと思っていただけるのは保護活動者としてはとてもうれしいです。地域猫の可能性がある子を保護するときは、近隣の人に地域猫かどうかを聞いてみるといいでしょう。地域猫であった場合、面倒を見ている猫がいなくなると心配するので、できれば面倒を見ている地域の方やサポートしているボランティアスタッフに飼いたいという連絡をしてあげてほしいです。

猫を拾ったらなるべく早く動物病院へ

野良猫

猫を保護したらなるべく早く動物病院へ行って健康診断をしてもらいましょう。けがや病気をしているようであればもちろんのこと、一見健康そうに見えても捨てられた子は寄生虫がいる場合が多いですので、病院で調べてもらうことをおすすめします。その際は事前に野良猫を連れて行くことを連絡するようにしましょう。

病院で診てもらうことと費用について

拾った猫を病院に連れて行ったときに診てもらいたいことをあげてみます。「駆虫をお願いします」などと具体的に言わないとやってくれないこともあるので、して欲しいことをきちんと頼みましょう。または、何が必要かよくわからないときは、猫を保護したので必要なことをして欲しいと頼みましょう。

年齢・性別

年齢や性別が分からないときは獣医さんに診てもらいましょう。年齢はおおよそのものになります。

ノミ・ダニ

猫はグルーミングをするのでダニはあまりつかないのですが、ノミには寄生されやすいです。ノミは人間にも移ります。また猫に対してもかゆみだけでなく、貧血などのほかの病気を発症させることがあるのでノミ・ダニの駆除は行いましょう。首に垂らす薬が一般的で、料金は2000円程度です。

お腹の寄生虫

野良猫、捨てられた子の回虫などの寄生虫のり患率はかなり高いです。回虫だけでなく、マンソン裂頭条虫や瓜実条虫など複数の寄生虫がいる場合もあります。寄生虫は絶対に自然治癒しませんし、毒素を出したり下痢嘔吐の原因となったり、貧血を引き起こすなど猫の体に大変負担になるので、駆虫をお願いしましょう。

回虫はノミ・ダニと一緒に駆虫できる場合もあるのですが、他の寄生虫の場合はそれ専用の駆虫薬を使用しなければならないときもあります。ノミ・ダニと一緒に駆虫できる場合は2000円程度、それ以外の薬が必要であるときは3000円~50000円程度です。

ワクチン接種

猫にはワクチンでしか防げない感染力、致死率が高い、パルボウイルス感染症などの病気にかかる可能性があります。人間は感染しませんが猫が感染した場合の致死率は50%〜80%にも上ります。ワクチンは病原体を体に入れるため、猫の体調を見ながら接種させる必要がありますので、保護してすぐにはできないと思いますが、獣医さんと相談のうえ接種させましょう。3種の混合ワクチンであれば4000円~6000円程度です。

ウィルス検査

先住猫ちゃんがいるときは猫エイズ・白血病のウィルス検査をしたほうがいいでしょう。子猫のウィルス検査に関しては、母猫の抗体に反応してしまう、検査結果が覆ることがあるなどの理由で6カ月未満の子に行うのは意味がないという獣医さんもいます。

またウィルス感染していてもエイズは必ずしも発病するわけではありません。筆者は保護活動を行っているので、その子に必要な治療を受けさせるためにも全頭検査しますが、検査が必要かどうかは獣医さんと相談の上で決めるといいでしょう。エイズ・白血病は一度の採決で検査できます。4000円~5000円程度です。

避妊・去勢

保護して自分のペットとして飼うということであれば、避妊・去勢を考える必要があるでしょう。完全室内飼育にしても、発情期の鳴き声やスプレー行為を防ぐためには避妊・去勢をする必要があります。避妊手術は2万円~3万円、去勢手術1万3000円~1万8000円程度です。獣医さんと相談のうえ、発情前に行うようにしましょう。

病院にかかる際のポイント

動物病院は、診察代は人間のように決められているわけではないので言い値です。そのため、料金にはばらつきがあります。中にはびっくりするような料金設定のところがあり、動物病院によっては料金をはっきりわかるように掲示していない場合も少なくないので、遠慮せずに聞きましょう。また余裕があれば周囲の人に動物病院の口コミを聞いてみるといいでしょう。

子猫を保護したら

手の中で眠る子猫

小さい子猫は生後2カ月以上の子であれば十分キャットフードを食べられますが、それ以下の幼猫を保護したときは特別なケアが必要です。

子猫の月齢別の世話の仕方

子猫の成長は早いですが、生れてから2カ月までは特に小さくてか弱い存在です。

生まれて間もなく~生後5日程度

へその緒が付いていて眼が開いていません。3時間ごとのミルクを与えることと、生後3週間程度までは自分で排泄ができないので、お尻を刺激しておしっこやウンチを出してあげる必要があります。

生後1週間~10日程度

眼は開いてきているがまだよく見えておらず、自分で移動できますが上手く歩くことはできません。生後10日程度までの食事は3時間ごとにミルクをあげる必要があります。

生後14日程度

目がぱっちり開き、ヨタヨタしながら少し歩けるようになります。生後2週間くらいになれば、一度に飲めるミルクの量が増えるので4時間~5時間ごとの授乳でも大丈夫でしょう。

生後3週間程度

歯が生えてきて耳が立ってきます。体が段々としっかりしてきて、小走りしたり離乳食を食べられるようになります。生後3週間くらいになると歯が生えてきますので離乳食を始めることができますが、ミルクから離乳食に移行する際は少しずつゆっくりと進めるようにしてください。下痢を発症しやすく、一度下痢になってしまうと治りにくいです。

生後1カ月

耳が立ち猫らしい顔つきになり、動きもかなり活発になります。生後1カ月以上になると歯がかなり生えそろってくるので、カリカリなどのドライフードが食べられるようになりますが、これも急いで進めないほうがいいでしょう。


筆者は母猫も保護したことが何度かありますが、母猫が育てるときはかなり大きくなるまで母乳を与えますので、無理に急いで離乳させないほうがいいでしょう。また子猫の成長には個体差があります。先に書いた成長の過程はおおよそですので、子猫の成長具合によってお世話をしてあげてください。

子猫が弱っているとき

子猫

捨てられてから時間が経っており、子猫が弱っているときは早急に病院に連れて行ったほうがいいですが、病院までが遠いときや病院が開いていない時間のときは応急処置をします。子猫は弱いのであっという間に死んでしまいます。

砂糖水を与える

2、3時間ごとにミルクを飲まなければならない子がそれ以上の時間、空腹でいると血糖値が下がってしまうことがあります。子猫は血糖値が下がると命の危険があるため、子猫の動きが鈍く弱っているときは、ぶどう糖を与えます。ぶどう糖を置いてあるご家庭は少ないと思いますので、砂糖を溶かしたぬるま湯で代用できます。お湯にこれ以上砂糖が解けなくなる状態まで砂糖を溶かし、子猫に少量与えます。飲ませる際は少しずつ、ゆっくり飲ませてください。

保温する

幼い子猫は常に母猫に温められているので捨てられてしまうと体温が下がります。体温の低下は命に関わるので湯たんぽなどで温めてあげましょう。温かい飲み物用のペットボトルにお湯を入れ、タオルなどでくるんでも湯たんぽの代わりにできます。使い捨てカイロを使用してもいいですが、子猫が暑く感じたときは移動できるようにしてあげてください。子猫がいる場所の床全面にカイロを敷き詰めると暑くても調節できません。

食事を与える

子猫は空腹の時間が長いことは良くないので保護したらどの月齢の子であってもすぐに食事を与えてください。弱ってる子猫は1カ月以上になっていても離乳食かウエットフードのほうがいいでしょう。水分も摂ることができます。

まだミルクしか飲めない月齢で、子猫用のミルクが手に入らないときは、ペット用のミルクでもいいです。とりあえずそれを与えて、子猫用のミルクをなるべく早く手に入れて切り替えてください。動物病院に置いてあるときもあります。

ペット用のミルクが手に入らない場合は、牛乳でもかまいません。牛乳は乳糖を分解できない子は下痢をしてしまうのですが、何も与えないよりはずっとマシです。


自分で飼えないときはどうしたらいい?

子猫

野良の子猫や弱っている猫を見つけても自分で、飼うことができない場合は自己判断で保護するのではなく、一度保健所や保護団体へ相談してみましょう。中には、弱っている猫を拾って動物病院に連れて行っても「うちの子ではないから」と治療費を出したくないという人もいるようです。しかし、拾ってから「お金は出したくない」「飼えないので保護してくれ」と保護団体などへ連れて行くのは止めましょう。

残念ながら、命を助けるにはどうしてもお金がかかってしまうのです。自然界で生きる野良猫たちは、ペットとして飼われている猫たちよりも病気になりやすく寿命も短いです。しかし、それは生きる世界が違うからこそであり、生涯その猫を幸せにしてあげることができないのなら、手を出さないことも時として必要な決断です。

猫を拾うということ

一昔前であれば、猫を拾うことにルールやマナーなどはありませんでした。しかし、ペットが家族として扱われるようになり動物愛護管理法なども変わってきました。昔よりも捨て猫や野良猫が目立つ一方で、拾うことへの責任や飼い方の基準が上がり簡単に飼うことができなくなっているのが事実です。

筆者はこれまでにたくさんの子猫を保護していますが、その中には元の飼い主に山に捨てられてしまった子もいます。安易な気持ちで猫を拾うことは、捨てられてしまう命が増えることになってしまいます。

もし、猫を助けたいというのであればぜひ、ボランティアや、里親募集の猫を引き取るということをして欲しいと思います。一人でも多くの方が保護猫に関心を抱いていただき、1匹でも多くの子の命が救われることを願います。