犬の目が白い場合に考えられる原因や病気を獣医師が解説

犬の目が白い場合に考えられる原因や病気を獣医師が解説

犬の目が白く濁った場合、さまざまな原因が考えられます。目の病気は早期発見・早期治療で進行を遅らせることができたり、完治することができる場合がありますので、早めに動物病院へ連れて行きましょう。今回は、犬の目が白い場合に考えられる原因・病気や応急処置を目黒アニマルメディカルセンター/MAMeCの顧問獣医師で獣医循環器認定医の佐藤が解説します。

犬の目が白い場合に考えられる原因

見上げる犬

角膜炎

角膜が炎症を起こした状態をいいます。異物が目に入ったり、目を強くこすったりして、角膜が刺激を受けることで引き起こします。

角膜炎で犬の目が白く濁っている場合は、角膜炎が進行していることを指します。重度になる前に、涙や目ヤニが増えて目の周りが汚れていたら動物病院に連れて行きましょう。

緑内障

眼球内にある眼房水という液体が増え、眼圧が上がることによって視神経に障害をもたらす恐れのある病気です。

目が白濁するだけでなく、目が大きく見えたり、充血したり、目をしょぼしょぼさせたりする症状が出ます。

ぶどう膜炎

ぶどう膜炎の場合、充血が強く見られ、痛みのためにしょぼつきや涙の量も増加します。ぶどう膜炎から前述の緑内障を引き起こす可能性があります。

白内障

白内障とは、水晶体が何らかの原因で白濁した状態です。老犬の病気のイメージがあるかもしれませんが、老犬だけの病気ではありません。

進行状況により「初発期」「未熟期」「成熟期」「過熟期」に分けることができ、外から見て白く濁ってるように感じるのは未熟期の後期くらいからになります。

成熟期になると光を感じることはできますが、視力は失っています。白内障は痛みはありませんが、進行するとぶどう膜炎を起こすことがあり、そうなると痛みを伴います。

核硬化症

水晶体の中心の「核」と言われる部分の透明度が落ちて光のあたり方によって白く濁って見える状態です。

これは老化現象の一つで、進行しても視力を失うことも痛みが出ることもありません。老犬期になってきた場合は目のチェックを定期的に動物病院ですることをオススメします。

応急処置

診察を受ける犬

エリザベスカラーを装着する

角膜炎やぶどう膜炎の場合では、痛みを伴うことが多いため、犬は目をこすりがちになります。そうすることで、目を傷つける恐れがあります。

エリザベスカラーを装着することでさらに悪化させることを防ぎましょう。

白内障の疑いがある場合

白内障は手術以外で快復することはありませんので早めに動物病院へ連れて行きましょう。サプリメントや薬で進行を遅らせることはできるので、かかりつけ獣医師と相談してみてください。

目の周りを清潔にする

涙や目やにが多いと、最近の繁殖が活発になり、感染症を併発する恐れがあります。涙や目やにが目立つ場合は、濡らしたコットンなどの柔らかいもので優しく拭いてあげてください。

まとめ

見上げる二匹の犬

愛犬の目が白く濁っているように見える場合、病気である可能性が高いので早めに動物病院に連れて行きましょう。

目の病気の場合は、早期発見・早期治療で進行を遅らせることができたり、完治することができる場合があります。反対に放置してしまうと、失明を招く恐れがあるので様子を見ることなく、受診することをおすすめします。


『犬の急病対応マニュアル』
Amazonで見る

更新日:2020年6月17日
公開日:2016年7月1日



Share!