犬の皮膚がんの症状や治療・予防法は? 最も多い犬のがん【認定医が解説】

犬の皮膚がんの症状や治療・予防法は? 最も多い犬のがん【認定医が解説】

犬のがんの中では「皮膚がん」が一番多く、猫も「血液細胞がん」に次いで2番目に多いがんが「皮膚がん」です。今回は、犬の皮膚がんのかかりやすい時期や年代、犬種、症状、治療法、薬まで、中央アニマルクリニック獣医師で日本獣医がん学会 獣医腫瘍科認定医1種 獣医師の井上が解説します。

Share!