犬の歴史はオオカミから始まった? 歴史から学ぶ犬と人の関係性

犬の歴史はオオカミから始まった? 歴史から学ぶ犬と人の関係性

犬は古くから人間のパートナーとして、共に暮らしてきた歴史があります。狩猟犬や牧羊犬、最近では盲導犬や警察犬など、人の生活には無くてはならない存在です。飼育の形も、一昔前までは外に犬小屋を置いて飼うのが一般的でしたが、現在では室内飼いが一般的になりました。家族の一員として共に暮らすようになった犬ですが、人と暮らすようになったのはいつ頃で、どのように関係を変化させてきたのでしょうか? 今回の記事では、犬の歴史をたどりながら、人と犬の関わりを紹介します。