猫の下部尿路疾患(FLUTD) | 症状や原因、治療・予防法など【専門獣医が解説】

猫の下部尿路疾患(FLUTD) | 症状や原因、治療・予防法など【専門獣医が解説】

猫の下部尿路疾患(FLUTD)は、特発性膀胱炎や尿石症などの泌尿器症状を示す病気の総称です。今回は、猫の下部尿路疾患について、日本獣医生命科学大学 臨床獣医学部門 治療学分野I・講師で獣医師の宮川が解説します。

猫下部尿路疾患:FLUTDの基礎知識

猫では、頻尿や血尿といった泌尿器症状を引き起こす様々な病気にかかることが多く、このような症状を示す病気の総称です。

猫下部尿路疾患に含まれる疾患

  • 特発性膀胱炎
  • 尿石症
  • 尿路感染症(細菌性膀胱炎、腎盂腎炎)
  • 尿道栓

症状

  • 頻尿
  • 血尿
  • 尿が臭いといった泌尿器症状

検査・診断


  • 腹部X線検査、腹部超音波検査:原因を調べる
  • 尿検査:炎症や細菌の有無を調べ、結石の成分を調べる(正確な評価はできない)

治療

  • 原因となる病気によって異なります

Share!