犬の胸(血胸/膿胸/乳び胸)| 症状・原因・治療・予防法など循環器認定医獣医師が解説

胸水とは、心臓と肺以外の胸腔空間に液体が溜まることです。今回は犬の胸水の原因や症状、検査・診断、治療法などについて、白金高輪動物病院・中央アニマルクリニック顧問獣医師で獣医循環器認定医の佐藤が解説します。

犬の胸水(血胸/膿胸/乳び胸含む)の基礎知識

胸水とは、心臓と肺以外の胸腔空間に液体が溜まることです。その形状には、漏出液のような透明なものから、血液、膿、乳びなど様々なものが存在します。その形状は原因により様々です。

胸水にかかりやすい犬種


胸水にかかりやすい年代

  • 漏出液:シニア期
  • 血胸:シニア期
  • 膿胸:全て
  • 乳び胸:全て

症状

  • 呼吸促迫
  • 呼吸困難

犬の胸水の原因

  • 漏出液:心臓病
  • 血胸:腫瘍、外傷、肺葉捻転など
  • 膿胸:感染
  • 乳び胸:心臓病、奇形、腫瘍、フィラリア症など

犬の胸水の検査・診断

  • レントゲン検査
  • 超音波検査
  • 胸腔穿刺により形状確定

犬の胸水の治療

  • 漏出液:基本的には心臓病の治療を優先
  • 血胸:外科的処置がほとんど
  • 膿胸:内科治療と胸腔洗浄を行う
  • 乳び胸:利尿薬、血管拡張薬、ステロイド、ベンゾピロン薬などの内科治療、その他外科治療

犬の胸水の予後

  • 血胸、膿胸に限っては原因を除去すれば完治できる
  • その他は、対症療法が必要

犬の胸水の予防

  • 外傷は喧嘩、草むらで胸部に枝が刺さることで起こるため、そのようなことは避ける
  • その他は、早期発見早期治療が必要

犬の胸水の対処法・応急処置

  • 症状が出ている場合は特になし