アフガンハウンドの飼い方|性格や特徴、美しい毛並みは手入れが大変?

アフガンハウンドは美しい毛並みをなびかせる姿が魅力的な犬種です。高貴で、優美で品があり、その上走るのも速い犬種は他にはいないといわれているほどです。古くから存在していたといわれ、ノアの箱舟に乗ったという逸話もあります。そんなアフガンハウンドの性格や毛色、手入れについて紹介します。

基礎知識

アフガンハウンドは英語で「AFGHAN HOUND」と表記します。名前の由来は原産国であるアフガニスタンだといわれています。アフガンハウンドは「サイトハウンド」のグループに属していて、視覚を使って遠くにいる獲物を追跡します。ハウンドには「サイトハウンド」の他に、嗅覚を使って追跡する「セントハウンド」の二つがあります。

歴史

アフガニスタンが原産のアフガンハウンドは、古代エジプトの時代から存在している古い犬種で、ノアの箱舟に乗ったという逸話もあります。アフガンハウンドが初めてイギリスに到着したのは1990年初旬だといわれています。本来、家畜番や狩猟犬として活躍していましたが、美しく華々しいスタイルを持っていることからショードッグとして最高な犬種だといわれ、現在ではショードッグとして活躍しています。原産地であるアフガニスタンでは今なお、山岳地帯で狩猟犬として活躍しているそうです。

大きさや寿命

体重は23~27キログラムほどで、体高は64~69センチメートルほどです。寿命は12~14年前後といわれています。

性格や特徴

アフガンハウンドは独立心が強く、物事にこだわらず平然といています。表情は力強さと威厳が感じられ、体は絹のように美しく、分厚く長い被毛で覆われています。

毛色

スタンダードとされる毛色はなく、どんな毛色でも血統として認められています。主な毛色はブラック、クリーム、レッドです。

ブラック(黒)

クリーム

レッド

sawadaさん(@sawada008)がシェアした投稿

ボルゾイとの違いは?

ロシアが原産の「ボルゾイ」もアフガンハウンドと同じ、サイトハウンドです。ボルゾイはアフガンハウンドに比べてやや大きく、アフガンハウンドように足までは毛が長くないです。特に、耳の毛が長いのと短いので雰囲気がずいぶん変わりますね。

ボルゾイ

アフガンハウンドの飼い方

アフガンハウンドはスタミナがあり、パワフルな犬種です。そのため毎日、朝夕60分程度の散歩が必要です。

しつけのやり方

独立心のあるアフガンハウンドは根気強くしつけていく必要があります。子犬の頃からさまざまな刺激に慣れさせ、家でのルールを教えてあげましょう。

手入れ

アフガンハウンドは長毛(ロングコート)の、シングルコートです。長く美しい被毛を保つためには毎日のブラッシングが必要です。また、トリミングが必要な犬種なので定期的にトリミングサロンなどでカットしてもらうのがいいでしょう。耳の毛が汚れないようなアイテムを使うのもいいですね!

アフガンハウンドがかかりやすい病気

アフガンハウンドは、大型犬に多く見られる「股関節形成不全」や「白内障」、垂れ耳で蒸れやすく炎症を起こしやすいので「外耳炎」などに注意しましょう。また、「咽頭麻痺」や「胸水」も気を付けたい病気です。

アフガンハウンドをもっと知る

「アフガンハウンドについてもっと詳しく知りたい」「これから飼おうと思っている」という人のためにオススメの動画やブログを紹介します!

可愛い動画


大型犬のアフガンハウンドの遊び方はとっても迫力があります。

子犬の頃から性格も出来てきて、マイペースな子や、やんちゃな子など同じ犬種でも細かい性格は変わってきます。

人気のブログ

アフガンハウンド バロちゃん日記

ahugannhando_20170713_na_001

大型犬のアフガンハウンドがどんな風に生活しているのか、ブログから生活の様子がわかります!

毎日がHappy Day!

ahugannhaunndo_20170713_na_002

テーマごとに日々の様子や、お出かけの情報など分かれているので読みやすいですよ!

アフガンハウンドを飼うということ

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。白髪だって生えるし、病気もするかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないということをもう一度よく考えましょう。

価格/値段

一般的な価格の相場は15~40万円と幅広いですがどこから迎えるか、血統や毛色によっても値段が変わってきます。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。しかしその多くは成犬であり、子犬が欲しい場合は見つけるのが難しいです。保護犬を引き取る場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。

ブリーダーやペットショップからの購入を考える前に一度覗いてみてはいかがでしょうか。保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)も、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

ブリーダーから迎えることがほとんどです。毛色や性別など好みの子が見つけやすいですが、どんなブリーダーかどうか飼育環境や、親犬の様子などを見ることも重要です。

ペットショップから迎える

大型犬のアフガンハウンドはペットショップいることはほとんどありません。ペットショップで探す場合は、あらかじめ調べる必要があります。

週末はドッグランへ!

アフガンハウンドはもともと狩猟犬として活躍していたので、何かを追いかけたり走ったりするのが大好きです。毎日の散歩も大切ですが、たまには思いっきり走れるドッグランに連れて行ってあげると、ストレス発散にもなりますし、のびのびと走る姿が見られるでしょう。

@ra.ka.hiがシェアした投稿

【飼い主さんの声を募集中】
「アフガンハウンドってこんな犬種って言われてるけどうちの子は違う!」「こんなところに困った!」「ここがアフガンハウンドの魅力です!」など、アフガンハウンドを飼っていた、飼っている飼い主さんの声を募集しています! ツイッターやインスタグラムで「#ペトことアフガンハウンド部 」でシェアいただくか、ペトことの問い合わせ窓口からご連絡ください! 皆さまの声を掲載し発信していく予定です!

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10