スタンダードプードルのカットスタイル集 | 頻度や料金、自宅での方法も

スタンダードプードルのカットスタイル集 | 頻度や料金、自宅での方法も

フリートリマーの大森です。スタンプーの愛称で人気のスタンダードプードルのカットは、清潔を保つケアとしても大切ですし、いろいろなカットスタイルがあります。今回は、スタンダードプードルに合ったカットスタイルを紹介したいと思います♪ トイプードルとはまた違ったカットを楽しめるので、ぜひ参考にしてカットを楽しんでみてもらえると嬉しいです。

スタンダードプードルの毛の特徴

白いスタンダードプードル

プードルは基本的にはシングルコートです。アンダーコートを持たず、オーバーコートだけの被毛のことをシングルコートと言います。プードルはカーリーコート(巻毛)だったり、コーデッドコート(縄上毛)が密生して成り立っている毛質です。


カットの頻度

月1回が目安です。カットをしないと毛が伸びて毛玉ができる原因になります。特に冬場は静電気が原因で毛玉になりやすく、洋服を着せる方は注意が必要です。また静電気でホコリを吸着しやすく夏よりも毛が汚れやすなる時期もありますので、冬は月1回のカットの間にシャンプーもしてあげるようにしましょう。

スタンダードプードルのカット料金とかかる時間

茶色いスタンダードプードル

地域によってさまざまですが、料金は8000円~2万5000円、時間は3〜6時間が目安です。

パピー(子犬)のカットについて

ワクチンプログラムが終了してから2週間から1カ月後にシャンプー、カットのトリミングができます。免疫力や体力の点で安全にトリミングができる状態にするためです。ワクチンプログラムが終了するまでは、ブラッシングをしたり爪切りなど、簡単にできるお手入れをして清潔に保つことが大切です。

シニア犬(老犬)のカットについて

お手入れや汚れやすい箇所があれば、毛を短くして清潔に保つようにしましょう。シニア犬はトリミングをすることが負担になるため、こまめにはせず、普段からブラッシングをしたりグルーミングスプレーなどで拭いてあげたりしましょう。もしシャンプーをする場合は、ぬるま湯で洗ってあげてください。

スタンダードプードルのカットスタイル

パピーの柔らかい毛を生かしたふんわりカット

スタンダードプードルのパピー
Photo by dogsalon_rottiさん Thanks!

プードルと言うと小型犬をイメージしがちですが、スタンダードプードルは大型犬です。成犬になるとトイプードルとは違って毛質も少し硬く、しっかりとした毛質になります。子犬の頃は毛質も柔らかく、体は大きくてもまだまだ子犬です。柔らかい毛を生かしたふんわりカットがパピーに似合います。

大人になってもテディベアカット

テディベアカット

テディベアカット

テディベアカットをすると、やっぱり同じプードルなのでトイプードルのように、ぬいぐるみのような仕上がりに。ただ、やっぱり隣に居るトイプードルと比べるとやっぱり大きいですね! 存在感があるのもスタンダードプードルの良いところなんです。

ピーナッツカット

スタンダードプードルのピーナッツカット
Photo by karocyan1010さん Thanks!

スタンダードプードルのピーナッツカット

お顔を丸く作らず、ピーナッツのようにサイドを短くすることで定番カットとは違う仕上がりに。「ムスタッシュリング」と言って、サイドをバリカンで短くし、ピーナッツカットよりシャープな仕上がりにするカットスタイルもあります。

頭を大きくアフロカット

スタンダードプードルのアフロカット
Photo by tamanegi.qoo.rikuさん Thanks!

スタンダードプードルのアフロカット
Photo by a.a.l.pooさん Thanks!

その名の通り、頭ボンバーのアフロカット。頭を大きくすることによって「インパクト大!」なこと間違いなし。頭を大きくする分、体を短くしてあげるとより強調されるので、アフロカットにする時は体を短くすることをお勧めします。

サマーマイアミカット

サマーマイアミカット

プードルとはいえ大型犬です。毎日のブラッシングやお手入れは大変! でも、全身短くしないでおしゃれもしたい時にオススメです。全身をハサミもしくはバリカンで短くし、足先だけポンポンのブレスを作ってあげます。歩いた時の足先が目に留まり、エレガントな印象になります。ブラッシングも足先だけなので、これなら毎日お手入れできるかな?

ショークリップカット

スタンダードプードルのショークリップカット
Photo by a_seata21さん Thanks!

「コンチネンタルクリップ」と言って、ドッグショーでもカットされているカットのデザインです。ロゼットと言われるお尻の部分の毛のポンポンも愛らしいですね!

スタンダードプードルのショークリップカット
Photo by a_seata21さん Thanks!

ショークリップカットをして、頭頂の毛を結んで大きなリボンで結んであげるとおシャレ度アップですね!

プードルの定番! ラムクリップ

プードルの定番ラムクリップ

プードルのカットの定番がラムクリップなんです。足先と顔と尾の付け根のバリカンを入れて短く刈リます。写真のグレーのスタンダードプードルがラムクリップのカットをしています。

何でも目立っちゃう! デザインカット

デザインカットのスタンダードプードル
Photo by iroha0113さん Thanks!


体の一部をハートにカットするデザインカット。体が大きい分、デザインが目立って可愛らしいですね!

プードルのデザインカット
Photo by junchan1975さん Thanks!

トップノットですが、目の上はカットしていてスッキリとおしゃれな仕上がりに。小顔に見えるように耳の毛を多く残しています。毛量が多い子にオススメです!

プードルのデザインカット
Photo by peace_frereさん Thanks!

頭の毛を残してトップノットで結んであげるカットもおしゃれな仕上がりに! 体もウエストにラインを入れるカットもあるんです。

とにかくスッキリサマーカット

とにかくスッキリサマーカット

お顔はラムクリップのようにバリカンで短くプードルカット。体はバリカン仕上げ。足はハサミで仕上げているので細々とした感じにもならないけど、サマーカットのように短くカット。体も短く足も細めにしてあげるとさっぱりとお手入れも楽に。 サマーカットの中でも耳も短くすることでよりお手入れも楽チンに! これこそサマーカットですね!

※短すぎると、夏は紫外線で皮膚が刺激されてしまい炎症を起こすこともあります。また熱中症にもなりやすいので注意してください。夏は通気性のいい洋服を着せてあげるなどで体温調節や熱中症対策をしてください。

自宅でできるスタンダードプードルのカットのコツ・方法

白黒写真のスタンダードプードル

自宅でのトリミングは怪我をさせやすかったり、綺麗にカットができなくて失敗してしまうケースもあるため、基本はトリミングサロンでカットをすることをお勧めします。その上で、最低限の家での簡単なお手入れを紹介します。

<用意するもの>
  • コーム
  • スキバサミ
  • バリカン

もしワンちゃんが動いてしまう時は、落ち着いてからハサミを小さく開いてカットをするようにしてください。

足裏(パット)

足裏のカットは、バリカンを使うようにしましょう。ハサミは足が動きやすく危ないため、バリカンを使うことをオススメします。バリカンの刃の短いミリ数で足裏に対して平行に小さい肉球から大きい肉球に向かって、ゆっくりと足裏から出ている毛を刈っていきます。

バリカンを常にONにしたままだと怪我をさせてしまう可能性があるため、バリカンを使う時のみスイッチをONにしてあげましょう。また、ONにしたまま使用するとバリカンの刃が熱くなりやすく、ヤケドしてしまうことがあるので注意しましょう。


失敗しないカットの仕方

お家で少しだけ気になるところをカットしたい時の失敗しない方法は、できるだけスキバサミを使用するといいでしょう。毛並みの方向にハサミを向けてカットすることによって、カットした時にハサミの跡がつきづらいです。

注意すること

必ず皮膚を確認することです。ハサミは刃物です。少し刃先が皮膚に当たっただけで怪我をしてしまうので、注意しましょう。被毛をかき分け皮膚を確認してから気になるところをカットして下さい。基本的にはカットはトリミングサロンでお願いすることをおすすめします。

まとめ

白いスタンダードプードル

スタンダードプードルは毛玉ができやすいので月1カットがオススメ
毎日のブラッシングも欠かさずに
スタンダードプードルは毛の量が多いため、カットのバリエーションはいっぱいあります。いろんなカットを参考に愛犬に合うカットを見つけてみてくださいね!

Share!