【トレーナー執筆】トイプードルってどんな性格?特徴・寿命・カット・しつけ方などを紹介

【トレーナー執筆】トイプードルってどんな性格?特徴・寿命・カット・しつけ方などを紹介

トイプードルといえば、毎年ランキング上位に入る人気の犬種。ぬいぐるみのような可愛らしい顔だちとふわふわの毛が特徴です。今回は、トイプードルの歴史や性格、毛色の種類、しつけ方などをトレーナーの長根が紹介します。

トイプードルの基礎知識

白いトイプードル
英語表記 Toy poodle
原産国 フランス
サイズ 小型犬
体高 約26~28センチメートル
体重 約3キログラム
寿命 約12~15年

最近はトイプードルが人気で「プードル」と言ったら「トイプードル」と思う方も多いかもしれません。しかし、実は「プードル」には4種類あり、それぞれにちゃんと血統書が与えられています。
サイズ(体高)が大きい順に以下のように分けられています。

  • 「スタンダード・プードル」:45~60センチメートル
  • ミディアム・プードル:35~45センチメートル
  • ミニチュア・プードル:28~35センチメートル
  • トイ・プードル:24~28センチメートル

ティーカッププードルの違いは?

ほとんどの血統書発行団体からは犬種として認められていませんが、実はトイプードルよりも小さいプードルもいます。よく知られているのは「ティーカッププードル」ですが、ティーカップよりも大きいのを「タイニープードル」ティーカップよりも小さいのを「マイクロティーカッププードル」と呼ぶそうです。プードルという犬種だけでこんなにも大きさに違いがあります。


トイプードルの歴史

芝生の上を走るトイプードル

プードルの原産はフランスと言われていて、鳥猟犬として人間が撃ち落としたカモなどの水鳥を回収するための犬として重宝されていました。プードルのカットは、猟犬として活躍していた時から、猟の際に毛が邪魔にならないように行われてきました。しかし、水に入った時冷えないように足首や胸まわりを、水に入っても見えるように尻尾の先の毛を残すといった形のカットになりました。そして次第に美しさを重要視するようになり、現在ではショードッグとしても人気です。

トイプードルの性格や特徴

昔から猟犬をしていたこともあり、利口で活発な性格で飼い主に従順です。

トイプードルの毛色

トイプードルの毛色は、ホワイト、ブラック、シルバー、ブラウン、ブルー、グレー、シルバー・ベージュ、クリーム、レッド、アプリコット、ベージュ、シャンパンと幅広く、同色内でも濃淡による違いがあります。

<ホワイト(白)>

プードルのスタンダードな毛色です。

ホワイトのトイプードル
Photo by natchy.smileさん Thanks!

<ブラック(黒)>

白とは対照的な黒もクールな印象で人気のある毛色です!

ブラックのトイプードル
Photo by oreo_722さん Thanks!

<レッド>

トイプードルの中ではこの毛色が最も多く、人気があります!

レッドのトイプードル
Photo by _nicomugi_さん Thanks!

<アプリコット>

レッドよりも少し色が薄く落ち着いた毛色です!

アプリコット

<シルバー>

シルバーは少しグレーがかった毛色です。

シルバーのトイプードル
Photo by natchy.smileさん Thanks!

トイプードルの育て方

トイプードルのしつけ

トイプードルの子犬

トイプードルは利口なので、子犬のうちから甘噛み吠えなどをやめさせることで、成犬になったときに癖がつかなくなります。また、遊んでほしくて吠えるなどの要求に応えてしまうとすぐに「吠えたら遊んでもらえる!」と覚えてしまうので気を付けましょう。

トイプードルのしつけ方について、ドッグトレーナーの西岡先生に解説していただきましたので、関連記事もぜひ参考にしてみてください。


トイプードルのケア・カット

バスタブに入ったトイプードル

トイプードルは巻き毛のシングルコートで毛は抜けにくく、抜け毛や犬特有の体臭もほとんどありません。一方で、毛が絡みやすいため、こまめにブラッシングやトリミングをしてあげることが大切です。

トリミングの頻度は、月に1回程度が目安です。カットをしないと毛が伸びて毛玉ができる原因になるためです。特に冬場は静電気が起きやすい時期なので毛玉になりやすく、洋服を着せると毛玉の原因にもなります。

トイプードルのカットスタイルは、定番のテディベアカットをはじめ、アフロカットやラムカットなどの種類があります。


トイプードルに服は必要?

服を着たトイプードル

他の犬種に比べ抜け毛も少なく、「おしゃれ以外の用途の服って必要ないのでは?」と思う人も多いと思います。実はトイプードルは暑さ・寒さに弱い犬種なんです。そのため季節にあった服を着せることで、温度調節をしてあげることも大切です。

トイプードルのかかりやすい病気

トイプードルは、「皮膚病」や「流涙症」「進行性網膜萎縮」「レッグペルテス」「膝蓋骨脱臼」といった病気にかかりやすく注意が必要です。

トイプードルの子犬

皮膚病

皮膚病とは、皮膚に発疹などの症状が現れる病気です。膿皮症皮膚糸状菌症、アレルギー性皮膚炎などの病気があります。

流涙症

涙があふれて目のまわりの毛が黒や茶に変色してしまう病気です。涙に含まれるポルフィリンなどが光に反応して茶色くなります。涙があふれやすくなる原因としては、鼻涙管の閉塞などの異常やまぶたの形やまつ毛の生え方の異常など生まれつきのものもあります。

進行性網膜萎縮

光を感じる網膜が正常に働かなくなる病気です。

レッグペルテス

大腿骨頭への血行が阻害され、骨頭が壊死してしまう病気です。

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼は、後ろ脚の膝蓋骨が正常な位置から内外に外れてしまう疾患です。「パテラ」という名前でご存じの飼い主さんも多いと思います。小型犬に多いので遺伝が背景にあるのではないかと言われていますが、根本的な原因は不明です。


トイプードルのミックス

トイプードルの入った雑種もいますが、中には一世代ミックスと呼ばれる子たちがいるようです。

トイプー×チワワ「チワプー」

トイプードルとチワワの両親をもつ「チワプー」は、チワワの大きな耳とトイプードルのカールした毛並みが合わさって、トイプーともチワワともまた違った可愛さですね!

チワプー
Photo by ravu_1118さん Thanks!

トイプー×ポメラニアン「ポメプー」

トイプードルとポメラニアンの両親をもつ「ポメプー」は、ポメラニアンの小さく立った耳とボリュームのある毛にトイプーのくるくるとした毛が可愛いです!

ポメプー
Photo by sayan8882さん Thanks!

トイプー×マルチーズ「マルプー」

トイプードルとマルチーズの両親をもつ「マルプー」は、ふんわりくるくるの毛質に透き通ったような毛先がとっても綺麗です!

マルプー

トイプードルの迎え方

人に抱っこされたトイプードル

トイプードルの価格・値段

一般的な価格は10~60万円ほどで、毛質の種類やカラーによって値段が変わります。

保護犬から迎える

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。ペトことの姉妹サイトである保護犬・保護猫マッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)も、ぜひ覗いてみてください。

保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

OMUSUBIで保護犬猫を探す

ブリーダーから迎える

自分の好きな毛質や毛色の子犬を見つけやすく、子犬の親犬も見ることができるのがブリーダーならではです。

ペットショップから迎える

生後2~3カ月の子犬が多く、4カ月を過ぎると値段は下がっていくことがほとんどです。

迎える前にきちんと準備を!

走るトイプードル

このようにトイプードルは初心者の方にも比較的飼いやすい犬種とされています。ただし、きちんと理解して育ててあげることが大切です。迎えた初日はクッションを入れたケージで寝室を準備してあげると良いでしょう。ぜひ素敵なペットライフをお過ごしください!
Share!