猫が牛乳を飲んではいけない理由とは 下痢や嘔吐、アレルギー症状に注意

ミルクは子猫にとって大切な食事ですが、同じミルクでも牛乳と猫の母乳の成分は異なります。猫の母乳の代わりに牛乳を猫に飲ませてしまうとお腹を壊す可能性があります。今回は牛乳の成分や猫にあげることの懸念点、代わりに与えられるオススメ商品などを紹介します。

猫が牛乳を飲むのはNG

猫

猫に牛乳を与えてはいけません。牛乳を含む乳製品には乳糖が含まれており、猫は乳糖を分解できる酵素を十分に持っていません。そのため胃腸の不調を引き起こしやすく、下痢嘔吐などの症状が見受けられる場合があります。また、乳製品アレルギーを持っている猫も珍しくないため注意が必要です。

猫は乳糖を分解するのが苦手

猫の母乳と牛乳の乳組成は異なります。牛乳は猫の乳に比べてタンパク質や脂肪の量が少なく、乳糖が多い特徴があります。人間でも牛乳などの乳製品を摂るとお腹の調子が悪くなる人もいると思いますが、猫にも同じ理由で同じような症状が起こります。

多くの乳製品には乳糖が含まれており、体の中で乳糖を分解するためにはラクターゼという消化酵素が必要です。しかし猫は乳糖を分解できない体質の子が多いため、人間用の牛乳などを飲むと胃腸が不調になり、下痢嘔吐を引き起こしてしまう可能性があるのです。

牛乳を与えてお腹を壊さなかったとしても、猫にとって必要な栄養は摂取できません。猫は総合栄養食のキャットフードを食べていれば必要な栄養をバランスよく摂ることができますので、わざわざ牛乳を与える理由はないのです。

猫の便秘を解消するために牛乳を飲ませる方法があるといわれていますが、便がゆるくなるのはこの乳糖不耐症が原因です。便秘がひどい時は動物病院で受診をし、獣医師の指示に従いましょう。

牛乳の成分

牛乳はカルシウムやビタミン、タンパク質などが豊富に含まれており栄養価の高い飲み物です。普段私たちが購入している牛乳は搾乳した生乳を殺菌処理などを通し飲用にしたもので、さらに加工して脂肪分を減らした商品などもあります。

乳組成
   ネコ乳 イヌ乳 牛乳
乾物(%) 21.0 22.7 12.3
粗タンパク質(%) 7.5 7.5 3.3
粗脂肪(%) 9.5 8.5 3.6
乳糖(%) 3.3 4.0 4.7
総エネルギー(kcal/100g) 14.5 19.0 38.2
乾物中乳糖(%) 14.5 19.0 38.2

タンパク質

牛乳は動物性タンパク質です。被毛も内臓も全てタンパク質で構成され、代謝と免疫力を保つためにとても大切な成分です。

カルシウム

別名「天然の精神安定剤」とも呼ばれているカルシウムは骨や歯を丈夫にするだけではなく、神経や筋肉の活動を円滑に進むようにサポートする役割を持ちます。

ビタミンA(レチノール)

ビタミンAには主にレチノールとβカロテンの2種類あるのですが、動物性食品に含まれるビタミンAはレチノールという効力の早い種類です。「目のビタミン」とも言われ、白内障の予防や角膜の健康維持に重要です。また、皮膚や被毛の健康状態を保つ効果もあります。

ビタミンB2

主に皮膚や粘膜の健康維持をサポートする成分です。タンパク質などを体内でエネルギーに変換する時にサポートをする働きもあります。

参照:日本ペット栄養学会(2014)『ペット栄養管理学テキストブック』

乳製品アレルギー

猫によっては食物アレルギーで乳製品に反応してしまう子がいます。初期の症状として皮膚の疾患が現れる可能性が高いので、フケが出たりずっと肌をかゆがっていたりしていたら、早めに病院に相談してあげましょう。食物性のアレルギーの場合、原因となるものを取り除いてあげれば問題はありません。

牛乳の代わりに与えられるもの

机の上に置かれた牛乳(ミルク)

牛乳の代わりになるものはたくさんあります。猫用のミルクもその一つですが、実はヤギのミルクは牛のミルクに比べて猫の母乳成分に近く、猫に飲ませてもお腹を壊しにくいといわれています。人間用の牛乳は飲ませず、猫に適したものを与えてあげるようにしましょう。牛乳の代替品として紹介するものは乳製品アレルギーがないことを前提としています。気になる際は病院でアレルギー検査をしてから試してあげてください。

ヨーグルト

ヨーグルトは乳糖不耐症の原因となる乳糖がすでに分解されています。無糖やカロリーオフのもので、キシリトールなどの人工甘味料が使われていない商品であれば与えても大丈夫です。ヨーグルトをなめることで乳酸菌が口内にとどまると、細菌の増殖も抑えられて口内トラブルの抑制にもつながります。また、腸内環境を整える働きもあります。

猫用のミルク

アレルギーがない限りは猫用に作られたミルクを与えるのが安心です。水分補給をして欲しい時や、食欲がなくてご飯を食べてくれない時などに猫用のミルクを足してあげると喜んで食べてくれるでしょう。飲ませ方としては、冷蔵庫で冷えたものよりも少し温めたものや常温のミルクを与えるとよいでしょう。

青瀛堂(せいえいどう) 犬 猫 ペット用ヤギミルク(100g) ラクトフェリン 乳酸菌配合 保存料着色料不使用 計量スプーン付
ペット用ヤギミルク
Amazonで見る

チーズ

与える際にはチーズの選別などの注意が必要ですが、猫は発酵食品が大好きです。塩分やカロリーに気を付けて与えるようにしましょう。猫用のチーズも発売されているので、アレルギーなどが大丈夫であればおやつに試してみてもいいかもしれません。

ドリーミーズ チーズ味
Amazonで見る

牛乳ではなく猫用のミルクを

牛乳

猫に与えるのは牛乳ではなく、猫用のミルクなどの方が適していることをご理解いただけたでしょうか? 食欲がない猫や水分補給をして欲しい猫のために、普段のご飯に猫用のミルクを足してあげると猫にとっても嬉しい働きをしてくれます。乳製品アレルギーには注意をして、愛猫に適したものを与えてあげてください。

参考文献



※本記事は猫に牛乳を積極的に食べさせることを推奨するものではありません。猫に健康的な食べ物は、栄養がバランス良く摂れるように配合された総合栄養食としてのキャットフードです。雑食動物の人と違って猫は肉食動物です。人の体に良いからといって猫にも良いとは限りません。逆に悪影響となったり、必要な栄養の吸収を阻害したりすることもあります。ただ、食事は飼い主と愛猫の絆を強くする大切な時間でもあります。同じものを食べたいと思ったり、欲しそうにしている愛猫に少しわけてあげたいと思ったりすることもあるでしょう。そんなときは必ず与えても大丈夫なのかを調べ、適切な与え方や量(あくまでおやつとして)を守り、様子を見ながら与えるようにしてください。
Share!