猫はチーズを食べても大丈夫? 与える際の注意点やおやつなどを紹介

猫にとってチーズは嗜好性の高い食べ物ですが、栄養面など心配ないのでしょうか? 乳製品なので下痢や嘔吐を引き起こしてしまったり、塩分過多による腎臓への悪影響を及ぼしてしまったりするのではないかと心配される方も多いと思います。今回の記事ではチーズの正しい与え方やおすすめのおやつなどを紹介します。注意点を知った上でチーズを有効活用してみてください!

猫はチーズを食べられる?

チーズとパン

猫はチーズを食べることが可能ですが、いくつかの注意点を守ることが大切です。チーズの香りは猫にとって魅力的なもののようで、「チーズを出すと猫が近づいてくる」という飼い主さんも多いですね。

猫の栄養に必要不可欠なものではありませんが、季節の変わり目など食欲が落ちてしまいそうな時にあげると元気を出すきっかけになってくれるかもしれません。

チーズの一般的な成分

チーズは牛乳を発酵させて作った食品で、牛乳とは異なり下痢嘔吐の原因になる乳糖をあまり含有していません。

それはチーズやヨーグルトは発酵する段階で、すでに乳糖を分解しているからです。

そのため牛乳を飲むと乳糖不耐症になり体調を崩してしまう猫も、チーズやヨーグルトは大丈夫な子が多いのです。

チーズの種類によって成分の差はありますが、チーズは抗酸化作用のあるβカロテンやビタミン類も豊富に含んでいます。人間用のチーズは塩分が多すぎたり、固すぎたりするので誤飲には注意が必要です。

猫に食べさせても大丈夫なチーズ

猫にチーズをあげたい時は、猫用のチーズを選ぶのが一番心配のない方法です。しかし人間が食べているようなチーズの中には、塩分が少なくて猫でも食べられるような種類もあります。

塩分の少ないチーズは、猫用のご飯やおやつを作る時に使用することもできそうですね。

塩分が少なめなチーズ

  • モッツァレラチーズ
  • カッテージチーズ
  • クリームチーズ

チーズをあげる時に気をつけたいこと

猫二匹

乳製品アレルギー

猫によっては食物アレルギーで乳製品に反応してしまう子がいます。初期の症状として皮膚の疾患が現れる可能性が高いので、フケが出たりずっと肌をかゆがっていたりしていたら、早めに病院に相談してあげましょう。

食物性のアレルギーの場合、原因となるものを取り除いてあげれば問題はありません。

下痢をしないかチェック

チーズを食べた後に下痢嘔吐につながらないか確認しましょう。体質によってはチーズでもお腹を壊してしまう子もいます。

そのため初めてチーズをあげた時はその後少し様子を見て、下痢嘔吐をしていないか確かめましょう。

もし下痢をしてしまうようでしたら無理に与える方法を考える必要はないので与えるのはやめましょう。チーズはおやつやご飯の嗜好性を増す役割でしかありません。

塩分過多による腎臓への負担

塩分(ナトリウム)は必要なものですが、たくさん摂取すると血圧は上昇し、塩分の排出を行う腎臓に負担がかかります。

猫は人間のように汗腺を持っていないので、汗をかいて塩分を排出することができません。塩分の少ないチーズか、猫用のチーズのみ与えるようにしましょう。

猫は腎臓病になりやすい?

猫は腎臓病になりやすいといわれていて、腎不全が原因で死んでしまう猫はガンに次いで多いのが現状です。しかしなぜ腎臓病になりやすいのかは、いまだにはっきりとした理由は分かっていません。

現在ペットとして飼われている猫のルーツは砂漠で暮らしていたリビアヤマネコという猫だったと考えられていて、水分量の少ない地域では体から失われる水分を最小限にするため、尿を濃く、少なくすることで調整していたと思われます。

また、猫は年齢とともに毒素を尿として排出させる役割のあるネフロン(腎小体とそれに続く1本の尿細管のこと)の数が減少し、毒素を排出できないため血液中に老廃物がたまったり、水分を捨てすぎて脱水症状になってしまったりします。そのため猫は高齢になるほど腎臓への負担が大きくなっていくのではないかと考えられます。


誤飲に注意

チーズには銀紙など包装紙がついていたり、猫が食べるには固すぎる種類があったりします。銀紙はもちろんのこと、固すぎるのも消化の際に負担がかかりすぎてしまう恐れがあります。

チーズは猫に与えても大丈夫ですが、「食べてもいいものだ」と認識すると思わぬ誤飲を招く恐れがあります。猫の負担になるものにはしっかりと注意しましょう。

おすすめのチーズおやつ

チーズ系のおやつを好きな猫は多いと思います。そんな子に、軽めのおやつはいかがでしょうか?

たらチーズ
Amazonで見る

塩分過多に注意してあげましょう

猫

猫は腎臓を悪くしやすい傾向にあるので、チーズを与える際は特に塩分に気をつけてあげましょう。

チーズをあげていると、人間が食べているチーズを猫が「自分も食べていいやつだ!」と思ってしまい、飼い主さんが目を離した隙に食べてしまう恐れがあります。

命に関わるようなことはありませんが、塩分過多の状態が続くと危険です。食品の管理はしっかりと行いましょう。

なお、本稿は以下の情報を参照して執筆しています。


Share!