愛犬の血液型を知っていますか? 検査方法や調べるメリットなどを解説

愛犬の血液型を知っていますか? 検査方法や調べるメリットなどを解説

犬にも血液型があることをご存知ですか? 人間の血液型はABO式で表現されますが、犬の血液型は人間よりも種類が多く、DEA(Dog Erythrocyte Antigen:犬赤血球抗原)式で表現されます。今回は、犬の血液型についての基礎知識や検査方法、検査の必要性についてなどを解説します。

犬の血液型の種類は人間よりも多い

犬

犬の血液型は、人間とは異なります。人間は、A型やB型など、ABO式と呼ばれるもので表現しますが、犬はDEA式という、DEA1.1やDEA1.2など、DEAから始まる数字で血液型を表現します。ちなみにDEAは、犬赤血球抗原という意味の「Dog Erythrocyte Antigen」から取っています。

血液型の種類は10種類以上

血液型の種類がどのくらいの数存在するのかは現在も研究が進められていますが、現時点でも10種類以上あるといわれていて、国際的に認知されているのは8種類です。日本では以下の血液型に加え、DEA1.3を含む9種類とする場合もあります。

  • DEA1.1
  • DEA1.2
  • DEA3
  • DEA4
  • DEA5
  • DEA6
  • DEA7
  • DEA8

犬は一匹で複数の血液型を保有している

犬の血液型は、人間とは比べ物にならないほど複雑です。まず種類の多さも特徴の1つですが、1匹あたり1種類の血液型ではなく、「DEA1.1とDEA6と…」というように、2〜3種類の血液型が体の中で並存しているのです。

個体差はありますが、DEA1.1、DEA4、DEA6、DEA7の保有率は、他の型よりも比較的高いといわれています。

血液検査をするメリット

見つめる犬

日本で犬の血液検査をおこなうことは、それほど一般的ではありません。しかし、急に輸血が必要になった場合に備え、検査をしておくことで、抗原抗体反応(異なる抗原という物質が体内に入ることによって拒絶反応が起こること)を避けることができます。

また、血液型をあらかじめ知っておくことで、献血ボランティアとして協力することができます。現在、日本には大規模な献血バンクなどはまだ存在していません。そのため、それぞれの動物病院が病院同士で協力したり、患者さんにボランティアとして協力しもらったりして、輸血準備をおこなっています。献血バンクを作ろうという働きもあるようですが、現状は献血可能なわんちゃんが協力してくれることが助けになります。

犬の血液検査をする方法

犬

犬の血液型を把握している飼い主さんは少数派です。しかし、万が一事故やケガを負った時に輸血が必要になる場合もあるので、適合する血液型を調べておいて損になることはありません。血液型を調査するには主に2つの方法があります。

検査キットを使用する

犬の血液型を調べるためには、動物病院にて専用の検査キットを使用します。共立製薬株式会社が販売しているラピッドベット-H 犬血液型判定キットⅡを用いると、約2分程の所要時間と少量の血で検査が可能です。

検査キットでは、DEA1.1の陰性、陽性を調べることができます。DEA1.1は最も抗原抗体反応を引き起こす可能性が高い血液型なので、緊急時はDEA1.1の判定結果が輸血の判断材料になります。

交差試験(クロスマッチテスト)

検査キットを使用する以外にも、交差試験という検査方法があります。血液型を判明させるというよりは、輸血をしても大丈夫な相性かどうかを確認するものです。

輸血する側と輸血される側の血を混ぜ、固まってしまうかどうかを確認します。血が固まってしまうのは、簡単に言うと「血同士の相性が悪く、輸血することができない」という意味になります。

犬の輸血治療

犬

犬に輸血が必要な場合、まずはDEA1.1が陰性か陽性かを検査し、抗体を保有しているかどうかを調べます。DEA1.1陰性(抗体を保有していない)の場合、血液を輸血用に提供することは可能ですが、DEA1.1陽性(抗体を保有している)の犬から輸血を受けることができません。

安全性を担保するために、多くの動物病院では輸血前に検査キットと交差試験をどちらも用いて、DEA1.1の保有の有無と、輸血する血液との相性を確かめます。DEA4は比較的、どの血液型に対しても抗原抗体反応を起こしにくい血液型のため、人間でいうO型のように「万能血液」と呼ばれています。

初めて輸血をする時は何の血液型でもいい?

ほとんどの犬は、自然抗体(生まれながらの抗体)を持っていません。そのため、初めて輸血をするときは拒絶反応が出にくいとされています。しかし、一度でも輸血をしたことがあると抗体ができてしまいます。

抗体ができると、次に輸血をする機会があった際に、前回と同じ血液型を選んだとしても拒絶反応が起きてしまう可能性があります。不適合な血液が体に入ってしまうと、重篤な状態になり、最悪の場合命を落とすことになりかねません。

供血犬や献血ドナー

日本にはまだ、ペット専用の血液バンクは存在しません。そのため、輸血用の血液を得るためにボランティアとして献血ドナーを募ったり、輸血を助ける供血犬を病院で飼っていたり、病院同士で助け合ったりしているのが現状です。

ボランティアをするためには「持病もなく健康」「輸血されたことがない」「7歳以下」などの条件があり、病院によってはワクチンや健康診断の割引などをしてくれるところもあるそうです。

犬用人工血液

中央大学理工学部と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究グループは、2016年に犬用の人工血液の合成と構造解析に成功したことを、SCIENTIFIC REPORTSにて全世界に向け発表しました。動物医療の需要が増していく現状に、輸血療法の環境整備が追いついていないことが問題視され、研究が進められていたのです。

人工血液は長期保存が可能で、しかも血液型がありません。そのため、血液適合検査をおこなう必要も献血ドナーを確保する必要もなくなります。この人工血液が実用化されると、大量出血や貧血に対しての輸血療法に大きく貢献することになります。現在は、製薬会社と実用化に向けた協力体制をとっているようです。

万が一に備えて確認しておきましょう!

犬

犬の血液型は、DEAから始まる数字で表現される
国際的に認知されている血液型は8種類
2〜3種類の血液型が体の中で並存している
怪我や病気で万が一輸血が必要になったときのために、血液型を調べておくと安心

人間よりも圧倒的に血液型の種類が多かったり、自然抗体を持たないために初めての輸血はどの血液型でも拒絶反応を起こしにくかったり、犬の血液はこんなにも人間と異なるのですね。血液型の検査は動物病院で頼めば簡単にできます。万が一に備え、機会があれば検査してみてください。

なお、本稿は以下の情報を参照して執筆しています。
Share!